家事と育児と仕事。ちょっとした工夫で時短&効率アップ!

働くママ
出産してから家事と育児で1年があっという間に過ぎてしまいます。
家事と慣れない育児の両立だけでも大変なのに子供が1歳になると仕事復帰をするママもたくさんいると思います。
私自身も1歳2か月の息子がいてワーキングマザーでフルタイム勤務です。
そこで、私なりの仕事と家事と育児を両立されるための工夫を紹介します。

冷凍庫をフル活用する

細かく切った食材
仕事復帰をすると、勤務中は家のことが全くできなくなります。
17時に仕事が終わり、保育所にお迎えに行ってからの夕飯作りは大変です。
夕飯作りが間に合わず子供がお腹を空かせてぐずりだしてしまうこともあったりします。
そこで、「いろんなものを冷凍しちゃおう」作戦です。
・子供のおやつのホットケーキもミニサイズで焼いて、1つ1つラップに包んで、チャック付の食品保存用袋へ入れて冷凍します。
・野菜も人参やインゲン、キノコ類や肉類などは、1口サイズにカットして冷凍してしまいます。

これをするだけで夕飯作りの時間がかなり短縮されます。

洗濯機は夜のうちに回して、夜のうちに干す

洗濯物
私は仕事が終わり帰宅すると、まず洗濯機を回します。
洗濯機が回っている間の1時間は結構長いので、その間に夕飯を作ります。
すると、夕飯作りが終わるころ丁度よく洗濯が終わります。
座る前に、洗濯物を外へ干してしまいます。
私自身、朝の早起きが苦手なので、これは子供ができる前からやっています。

お弁当・朝ごはんは、夜のうちに用意

朝食
子供を寝かしつけてから、朝ごはんとお弁当を作ります。
朝は何かとバタバタしてしまいますので、夜のうちにできることはすべて済ませて、朝はできるだけゆっくり過ごすようにしています。
子供と触れ合う時間もあまりありませんので、朝の仕事へ行く前の少しの間は、子供と2人でゆっくり朝ごはんを食べてから出かけるようにしています。

旦那さんをできる男に変身させる

パパと子ども
旦那さんって、何をやらせても中途半端だったりしますよね・・・。
でも、我慢してやらせて褒め続ければ少しずつですが、成長してくれます。
そして、たまに仮病を使って、「ママが居ないとこんなに大変なんだ」アピールをしてください。
そして、ママがいなくなっても最低限の生活は旦那だけでできるように、育て上げておくと良いでしょう。

仕事復帰してみるとなかなか子供にかまってあげられなくなってしまったり、家事が疎かになりがちになります。
私自身も毎日時間が足りません。
やはり、完璧にすべてをすることは難しいです。
ママの体はひとつしかありません。
周りに惑わされずに自分のペースで生活するのが一番です。
無理をすると体調を崩してしまいますので、諦めることも大切です。
旦那さんにも協力してもらいながら、最低限の出来ることだけをして、生活していくしかありません。
私の情報が、少しでも誰かのお役に立てば嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします