仕事と育児と家事を上手くこなしていくためのノウハウとは?

出産してから数カ月もしくは1年といった育休が済んだ後、すぐに働きに出るママ達も多い事だと思います。
働きに出たものはいいものの、子供が風邪をひいたり怪我をしたりして急に仕事を休まざるを得なくなったり、保育園の行事の関係といった風に何かと手を取られる事も増えてくるでしょう。
今回はそんな悩めるママ達へ、仕事と家事と育児を両立させるコツをご紹介します。

●住まう場所は実家や職場もしくは保育園の近くがベスト

よく結婚してすぐに、もしくは出産してすぐに家を新築したり、マンションを購入する方がいますが、子供の将来が見えてくるまではそんなに急いで住まいを定めない方が良いようです。
その訳は、子供がもし私立や中高一貫校に進学したいとなると、それが購入した住まいから遠い場合には通学が不便になるからです。
最近は子供が狙われる事件も多いので、あまり一人で遠くまで通学させる事は避けた方が良いでしょう。
登下校の送迎をする際にも毎日の事になるので、それが何年間も続くとなるとかなりの負担になったり車での送迎のガソリン代もばかにならないと思います。
子供も1人だけとは限りません。
後でもう一人、二人欲しくなる場合もあるので、そういった将来設計が確実に定まっていない子供がまだ小さい時期は、あわてて何十年も住宅ローンを組んで住まいを決めない方が良いのです。
そしてとりあえず賃貸に住んでおいて、子供をたまに預かってくれる実家や職場もしくは子供を預けている保育園の近くに住まうのが良いようです。

●便利なサービスを活用して育児や家事の負担を軽減する

最近では私達が育ってきた時代にはなかった、素晴らしいサービスが充実しています。
例えば食品や日用品の宅配サービスを上手に活用していくと、買いものの負担がかなり軽減されます。
特に重たい食用油や米、トイレットペーパー、洗剤類、飲料類を宅配サービスで運んでもらうようにするとかなり買い物が楽になります。
小さな子供を抱えての買い物自体大変な事だと思いますし、子供を抱えていて同時に重い荷物を持っていて怪我をすると悪いので、無理せずに上手に便利なサービスを活用する事です。
子供を休日でも預けたい場合でも、ベビーシッターやチャイルドシッターサービスを活用すると、安心して買い物に行ったり、エステや美容室に通う事も出来ます。
小さな子供がいるから外出できないとなると、ママにも多大なストレスがかかってしまい、ついつい子供や夫に八つ当たりしてしまう例もありますので、無理せずにシッターサービスを活用していきましょう。

いかがですか?このように働きながらでも負担なく子育てをする事は可能です。
大切なのは何事にも柔軟な考え方です。
様々なサービスも日々増えていっているので、上手に情報収集しながら活用していって、家事や育児の負担を減らして子育てと仕事を上手く両立させていきましょう。

↓↓↓ 日用品のネット通販ならロハコがお得♪ ↓↓↓ 

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします