ママから赤ちゃんへの健康のプレゼント、腸内細菌の数は赤ちゃんに引き継がれる!?

赤ちゃん

腸内細菌という言葉を聞いたことはありますか?

腸内細菌とは、腸の中にいる細菌のことで、代表的なものにビフィズス菌や乳酸菌などがあります。

この腸内細菌の数がママから赤ちゃんに引き継がれるという事実をご存知ですか?

腸内環境は遺伝する

妊婦さん

食物繊維不足の生活をして、腸内細菌が少ないママから生まれた赤ちゃんは、同じように腸内細菌は少ないことが分かっています。では、後から補えば良いと思われるかもしれませんが、腸内細菌は後から補って増やすことができないのです。

さらに、ママと同じように食物繊維不足の生活を続けていると、少ない腸内細菌もどんどん減っていってしまいます。仮に、腸内細菌が少ない人が、エサとなる食物繊維をしっかり摂取するようにしても、腸内細菌の数は変わらないので、育てて増やすことはできません。

腸内環境が良いと、どんなメリットがある?

子供

腸内環境が良いと、免疫力の向上に役立ったり、ストレスに耐えられる力に影響したり、集中力に差が出たりします。

中でも、優秀なアスリートは、腸内環境が良い人が多いと言われています。

なぜ、優秀なアスリートは腸内環境が良いのかというと、遠征先でお腹を壊すことが無いからだそうです。お腹の調子が悪くなれば、体調不良の原因になります。そうなると、良いプレーができないことにつながりますよね。

ウソみたいな話ですが、実際、日本のJリーグでも選手を強くするために、腸内細菌の種類を増やそうとするプロジェクトがあるくらいです。

赤ちゃんが生まれる前にママができること

笑顔の女性

腸内環境が生まれた後の人生を変えるかもしれないのなら、赤ちゃんのためにも、まずはママの腸内環境を良くすることを考えてみましょう。

腸内細菌のエサになって、腸内環境を整えてくれる食事を心掛けることが大切です。

中でも、おすすめなのが、大豆や昆布です。大豆も昆布も食物繊維が含まれているので、色々な料理に使うことで、手軽に腸内環境を整ええることができます。

特に昆布には3種類の水溶性食物繊維が含まれているのですが、これを利用できる腸内細菌を持っているのは日本人だけなのです。

お出汁をとるだけでなく、とろろ昆布を活用する方法もあります。出汁をとった後の昆布を細く切って、ごま油、醤油、酢を1:1:1の割合で混ぜたもので和えると、ちょっとした1品にもなりますよ。昆布は刻んだり、酢に漬けたりすることで、食物繊維が働きやすくなるので、効率的に摂取することができます。

是非、自分に合った方法で腸内環境を整える食事を工夫してみて下さいね。

蒸し豆プロジェクトvol.3| 食物繊維が不足すると腸内細菌が減ってしまう

▼こちらの記事もおすすめ
お腹の中の赤ちゃん、今なにしてる?実はこんなこともしてるんです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします