妊娠中、あなたがやるべき3つのこと

いざ妊娠すると、つわりに始まり、体調不良、便秘など、様々な体のトラブルに見舞われて妊娠期間を楽しめない、という方も少なくないのではないでしょうか。しかし、妊娠期間と言うのは、一生のうちに数回しか経験出来ない貴重な時間です。それなら、産後「やっと妊娠から抜け出せた」ではなく、「妊娠期間があってよかった」「また妊娠したいな」と思える方が素敵だと思いませんか。そのために今、出来ることをお伝えします。

1.自分が楽しいと思うことを思いきりする

1265_1
妊娠中だから、と、遊びに行くことを躊躇ったり、なるべく風邪をひいたり危険が及ばないように、と、出かけること自体を避けている方はいませんか?
もちろん、体のこと、赤ちゃんのことを考え、そうするのは素敵な母性であり、大切なことなのですが、それでは妊娠期間を有意義に過ごせません。

後から思い出した時に、「我慢我慢の連続だった」と苦痛だった記憶がよみがえることになってしまうのではないでしょうか。そんなの、つまらないですよね。
赤ちゃんだって、「あなたのために我慢している」と苦しむママより、多少ハードでも「楽しい」と感じているママの方が嬉しいに決まっています。

体調を考えながら、が第一ですが、赤ちゃんが生まれるとそれこそ簡単には出かけられなくなるものです。ですから、今のうちに、友達と遊んだり、ショッピングしたり、散歩したり、色んなものを見て体験して、楽しんじゃいましょう。その経験値が、あなたを通して赤ちゃんに伝わります。音楽をたくさん聴けば音感に強くなったり、きれいなものをたくさん見れば、色彩感覚が身についたり、いいことづくめですよ。

2.部屋の片づけをする

1152_2
これも、体調を考えながら無理しないという事が大前提ですが、子供が生まれるととにかく大忙しになります。
掃除なんて二の次です。何も出来ない赤ちゃんを育てることで精いっぱいですから。
しかし、ベビー用品など、モノはどんどん増えていくものです。知らず知らずのうちに散らかっていき、収納したくてもクローゼットが満杯、ということにもなりかねません。
ですから、出産前に押し入れの中の不要なものは処分しておきましょう。今流行りの断捨離です。
今後どんどん増えていく荷物を収納するスペースを確保しておくのです。すると、産後もスムーズに子育てを行っていけるでしょう。

3.写真の整理

1152_3
日々成長していく子供の成長は親にとって大きな喜び。赤ちゃんが生まれると、とにかく写真を撮りたくなるものです。

けれど、その時に、元々あった写真が乱雑にアルバムに挟まっていたり、デジカメのメモリがいっぱいだったり、ということではスムーズな撮影も出来ないし、写真を作ってもその整理が上手く出来なくなってしまいますよね。

ですから、出産前にそれまでの写真をアルバムに整理し、メモリをクリアにしておき、すぐにたくさんの写真を撮影出来るようにしておくと便利です。
基本的には、身の回りを整理整頓し、赤ちゃんを受け入れる準備をしたうえで、自分が楽しむこと。それだけで十分です。

今だから出来ることを全てやらなきゃと焦ってしまうと、気持ちばかりが先走って空回りになってしまいます。

10か月もあるのですから、焦らず、ゆっくり、体調を見ながら、「楽しい」という気持ちを大切にして、素敵な妊娠期間を過ごしてくださいね。

▼こちらもおすすめ!▼
わかってほしい!よくあるマタニティマイナートラブル|子ある日和
赤ちゃんに会える日まで、心も体も健康な妊婦を目指そう!|子ある日和

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします