気を付けて、つわり中の奥さんへのNGキーワードとは?

口を押える男性
奥さんが妊娠!喜ばしいことですが同時に襲われるつわり。
つわりは病気ではなく、薬を飲めば良いというものではありません。
それゆえに、妊婦さん以外には理解しにくいのも事実です。
ついつい、旦那さんがつわり中の奥さんにやってしまいがちなNGについて知っておきましょう。

病気じゃないんだから

体調が悪い女性
確かにつわりは病気ではないのですが、吐き気が続いたり体がむくんでつらかったりします。
それに、お腹の赤ちゃんのことを考えると、むやみに薬を飲むわけにもいかないのです。
必要以上に心配しないために「つわりは病気ではない」とは言うものの、つわりの経験ない旦那さんから言われると、つわりの辛さを理解してもらえていないと、孤独感がつのります。
気分が優れないときには休みやすいように声をかけたりしましょう。

食べないからって料理もしないの?

料理をする男性
つわりの時にはご飯が炊ける臭いで気分が悪くなるという妊娠さんはたくさんいます。
他にも急に苦手になる臭いや味があって、食事の支度にも支障が出ることもあらります。
それでもそれは妊娠期のしばらくの間ですから、旦那さんが代わるとかお弁当を利用するなどしてのりきりたいものです。
家事をさぼっているというような非難は、つわりの時期の奥さんにはつらいものだということを理解してあげてほしいものです。

食べられないことがある

体調が悪い女性
つわり中には吐き気が伴ってほとんど食事を取れない場合もあります。
お腹は空いていても食べ物や飲み物さえものどを通らないという妊娠さんもいるほどです。
また、なんとか食事をしても吐き戻してしまうこともあるのです。
このようなときには、無理をせず口にできるものを少しずつでもというようにしますが、旦那さんが「赤ちゃんに栄養が行かなくなる」などと、食べられないことを責めないようにしましょう。
何も口にできずに体重が減り、体力体にもきついようなら、掛かり付けの産婦人科へ行くようにしましょう。

体重や体形の変化を強く指摘しない

妊婦さん
つわりで食べられずに、妊娠したのに痩せてしまう妊娠さんもいれば、食べつわりと言って食欲が増して、食べていないと気持ちが悪いなどで、体重がみるみる増えることもあります。
あまりに深刻なら病院に相談しますが、少しのことを旦那さんが指摘しないようにしましょう。
お腹の赤ちゃんと妊娠中の奥さんを労る声を掛けてあげてほしいものです。

このように、つわり期には妊娠さんにいろんな変化が表れます。
本人も戸惑ったり、赤ちゃんへの影響を心配したりと過敏になりがちです。
無神経な言葉を掛けたりすることがないように、労る気持ちを持って奥さんに接してあげてほしいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします