胎盤が下がり気味ですね・・・初期段階で意外に多い!?「前置胎盤」「低置胎盤」って何?

妊婦
妊娠してからお腹が大きくなるにつれて、妊婦さんには抱えるリスクも出てきます。
その中には胎盤の位置によるものがあります。

その中で「前置胎盤」「低置胎盤」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?
場合によっては、帝王切開が必要になることもあります。
ママにはどうすることもできないので、「安静が必要」と医師から診断されることが多いとされています。

今まで順調だと思っていたのに、突然「前置胎盤です」なんて診断されたら本当にショックですよね。
けれども、「前置胎盤」「低置胎盤」は赤ちゃんの成長には問題なく、とにかく安静にしていれば大丈夫なようですよ。

今回は、「前置胎盤」「低置胎盤」についてくわしくご紹介したいと思います。

前置胎盤とは?

クエスチョンマーク
前置胎盤とは、どのようなものでしょうか。
概要をご紹介いたしますので、ご参照ください。

前置胎盤の子宮の状況は?

妊娠した状態の子宮は風船のように膨らんでいます。
その膨らんだ子宮の天井部分にあたるところに貼り付いて胎児を包んでいるのが胎盤です。
その本来の位置からずれたものが前置胎盤と呼ばれます。
胎盤の位置がずれることにより、子宮口を塞ぐことにもなります。

全前置胎盤

胎盤が子宮口のほぼ全部を塞いでしまう状態です。

部分前置胎盤

胎盤が子宮口の多くの部分を塞いでしまう状態です。

辺縁前置胎盤

胎盤が子宮口の一部を塞ぐように掛かってしまう状態です。

低置胎盤とは?

クエスチョンマーク
低置胎盤とは、前置胎盤と似ている状態ですが、胎盤が子宮口に付着はしておらず、子宮口寄りに胎盤が下がっている状態のことです。

考えられるリスクは?

エクスクラメーションマーク
前置胎盤・低置胎盤共に、妊娠を継続し、出産をする上でのリスクがあります。
どのようなリスクがあるかご紹介いたしますので、ご参照ください。

産道を塞ぐ

子宮口は赤ちゃんが通る産道につながっているため、その子宮口に胎盤が掛かっていると、産道を塞いでしまうことになり、正常な分娩が行われないリスクがあります。

出血の恐れがある

胎盤が子宮口と癒着していたりすると、出産に伴う子宮収縮と関連して出血を起こす場合があります。
胎盤はいわば血の塊です。少量の出血で済むこともあれば、大量出血により即入院という事もありますので、
お腹がはるような行動は極力避けましょう。

性行為は絶対NG!
自主的なウォーキング、自転車の運転などは避けた方が良いでしょう。

前置胎盤・低置胎盤の原因と予防は?

疑問に思う女性
なぜ胎盤の位置が正常な状態ではなくなるのかは、詳しくは解明されていません。
子宮内膜に傷が付くことから起こる可能性も考えられますが、はっきりとした原因や予防法などは研究段階です。
前置胎盤・低置胎盤が判った時点からは、安静にして、経過観察する必要があります。

出産に向けて、どのような準備をすればいいの?

病院のベッド
前置胎盤・低置胎盤になった場合、「食事・トイレ・入浴以外は横になっているように」と指示されることが多いかと思いますが、実際には、出産に向けてどのような準備をすれば良いのでしょうか。

経過観察

前置胎盤・低置胎盤共に予防や改善の策が講じにくく、自然治癒を期待して経過を注意深く観察することになります。
出産時期が近づいても改善されない場合は、出血や出産が長引いて赤ちゃんに与える影響を考えなければなりません。

分娩方法や設備

帝王切開によって計画的に出産したり、自然分娩を選択した場合も、出血に備えて輸血ができる設備を備えた病院や、事前に妊婦自身の血液を輸血用にストックしておくなどが考えられます。
赤ちゃんについても、産道が狭まることで出産に時間が掛かると、吸引などの処置を必要とする場合や、産後すぐに保育器か必要な場合もあります。

以上のことから、総合病院や大学病院などでの分娩を選択することも考える必要があります。

まとめ

以上のように、前置胎盤や低置胎盤は予防や治療が難しい状態です。
よって、自然治癒を待ちながら、そのまま出産に至る場合に備えることが重要になります。
万一に対応できる病院などと相談しておくことが必要です。

前置胎盤や低置胎盤は安静にしている事がとにかく重要です。
もし、前置胎盤・低置胎盤と診断された場合は、是非無理をされずに、ゆっくりとマタニティライフを過ごしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします