おすすめのマザーズバッグブランド6選!デザイン・機能どちらも◎

ママの必需品と言えばマザーズバッグです!

今まで自分のものだけだったバッグの中身が、赤ちゃんが生まれるとおむつ・哺乳瓶・粉ミルク・お湯・着替え・・・・・と2倍以上に増えてしまいます。

ちょっとしたお出掛けでもまるで旅行に行くような荷物でお母さんにも負担になってしまいますから、少しでもママが楽になるようにするにはマザーズバッグの機能や大きさは重要です。

今回は、機能や大きさだけでなくデザインもとってもかわいいマザーズバッグのブランドをご紹介していきたいと思います!最近人気のショルダータイプの展開があるブランドも増えていますので、チェックしてみてくださいね。

① Mammy Roo(マミールー)

Mammy Roo(マミールー)

出典:Amazon

トートバッグの専門店のルートートの一つである「マミールー」。

現役ママがデザイナーなので、ママの目線で作られているバッグです。

収納量が多いのはもちろん、ポケットの数も多く、中でもサイドポケットの「ルーポケット」は消臭効果のある加工がしてあり、使用済みのおむつなどにおいが気になるものを入れておけるようになっています。

2WAY仕様になっていたり、機能性も抜群です!

カジュアルで可愛いデザインも人気の秘訣です。

価格はだいたい3500~7000円くらいです。

② Hunna Hula(ハンナフラ)

Hunna Hula(ハンナフラ)

出典:Amazon

2003年に姉妹で輸入ベビー・犬用品セレクトショップとして東京世田谷・駒沢に創業してから、今ではアジア圏にも出店するほどに成長した日本のブランドです。

「POP & CUTE」がコンセプトになっており、カラフルで楽しくなるようなラインナップになっています。

軽量で、収納力に優れ、水や汚れに強い素材を使っているので雨の日のお出掛けにも向いています。

リュックとトートの両方使いも可能なタイプもおススメです。

3WAYで使えたりするのでどんな状況にも対応してくれますね!

種類が多いのでママの希望に合ったバッグを見つけることができます。また、水筒ポーチや赤ちゃんマグポーチなど、赤ちゃん用品の展開が多いので、気に入った柄でシリーズで揃えるのも楽しいブランドです。

価格はだいたい5000~8500円です。

③ Thea Thea(ティア ティア)

Thea Thea(ティア ティア)

出典:Amazon

上品なデザインが人気の、アメリカ・ロサンゼルスのブランドです。

「ママの子育てがさらに楽しく、有意義なものになるよう様々な育児スタイルを提案すること」がコンセプトで、機能的とデザイン性の両立を目指し、どちらも満足できるように追求しているブランドです。

軽量で、収納量に優れています。授乳ケープ・おむつ替えシート・ポーチなどママにうれしい付属品も付いていたり、ポケットも多く、機能性も抜群です。

Thea Thea(ティア ティア)

出典:Amazon

デザインがとにかくおしゃれ♡で、おしゃれ好きのママにおすすめです。

④ Cath Kidson(キャス キッドソン)

Cath Kidson(キャス キッドソン)

出典:Amazon

1993年にロンドンのノッティンヒルに小さなヴィンテージショップとしてオープンしてから、約23年経ち、現在では16カ国で200店舗以上のイギリスを象徴とする有名ブランドとなりました。

軽量で収納量の優れていて、ポケットも多く付いています。

オイルコーティングをしてあるので、雨の日の使用ももちろん、汚れてしまっても拭きとることができます。

上品な花柄のデザインは女性らしい定番ともいえるデザインです。ママだけでなく、どんな年齢層の方にもにも人気を誇ってます。

赤ちゃん連れではないときでも使えることもポイントが高いです。

価格はだいたい6000~20000円くらいになっています。

⑤ Mud Pie(マッドパイ)

Mud Pie(マッドパイ)

出典:mudpie.jp

1988年にマルシア・ミラーさんがジョージア州アトランタに創設、それ以来2年以上もベビー服からアクセサリーまで様々なものを手がけています。

独自性のある商品開発を目指していて、ママやグランドママ向けの商品がほとんどです。

イニシャルの入ったトートバッグは特に有名です。

ただ、イニシャルのものはマザーズバッグではないので、ポケットがありません。

イニシャルのデザイン以外もポップでとてもかわいいデザインになっていますよ!

デザインだけでなく、おむつ替えシートなどの付属品が付いていたり、軽量だったり、収納量もことも考えてあるとても使い勝手の良い作りになっています。

Mud Pie(マッドパイ)

出典:mudpie.jp

⑥ Lassig(レッシグ)

Lassig(レッシグ)

出典:Amazon

2007年にフランクフルトでマザーバッグブランドとしてオープンし、現在ではヨーロッパを中心に人気を誇るブランドとなりました。

「エコ・フレンドリー」がコンセプトで、マザーズバッグをはじめキッズバッグなどもすべて100%PVCフリー、ニッケルフリーで、有害とされるAZO染料、カドミウム、フタレートを一切使用していないという安心な素材使用しています。

素材の追求だけでなく、おしゃれなデザインと多機能のバランスも人気の秘訣です。

Lassig(レッシグ)

出典:Amazon

価格はだいたい10000~20000円です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

以上がおすすめブランド6選です。

どのブランドも軽量で収納力が優れているものばかりです!

それぞれおしゃれ重視であったり、機能重視であったりするので一番自分に合ったものが見つかると良いですね。

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします