胎教で一番大切なこと

赤ちゃん

胎教で一番大切なことは「ママの健康」です。

健康に、穏やかな気持ちで過ごすことが何より大切なのです。

もしも、ストレスや不安を抱えて過ごしていれば、お腹の赤ちゃんにもその気持ちは伝わります。なぜなら、ママの心の変化は血液の質や肉体も変えてしまうからです。

そもそも、胎教とはママの心と身体を健やかに保ち、温かい気持ちをお腹の赤ちゃんと共有していこうとするものです。

お腹の赤ちゃんは、いつから聞こえている?

お腹の赤ちゃんは、だいたい6カ月目くらいから外界の音に反応すると言われています。

ですから、その頃から良い音楽を聴くと、胎教に良いとされています。

もちろん、6ヵ月より前でも、お腹の中で音を感じることができるので、効果はあるようです。

しかし、お腹の中の赤ちゃんは羊水の中に包まれていますので、ママが聞いているのと同じようにクリアに聞こえているかどうかは、定かではありません。

胎教に良い音楽とは?

先に述べたとおり、お腹の中の赤ちゃんには、どれくらいハッキリと外の世界の音が聞こえているのかは定かではありませんし、音楽を聞かせることで確実に何か良い結果が出るという科学的な根拠も曖昧なようです。

ですが、音楽を聴くことでママ自身がリラックスして、穏やかな気持ちになれるという点では、胎教に良い音楽があることは間違いありません。

一般的にクラシックや優しい音色の音楽が胎教には良いというイメージを持っている人も多いと思いますが、お腹の赤ちゃんのためにも、ママの為にも、ママが聞いていてリラックスできる音楽が、その人に合った一番の胎教音楽になると言えます。

例えば、ロックが大好きなママが、クラシックが良いらしいからという理由だけで、自分が全く良いと感じないクラシック音楽を聴いていてもストレスになるだけです。

ですから、ママがリラックスできる音楽をお腹の赤ちゃんと一緒に楽しむつもりで選ぶのが良さそうです。

オススメの音楽

ジャンルにこだわりは無いけれど、一般的に穏やかな気持ちになれる音楽が知りたい方にオススメの音楽をご紹介します。

α波 胎教に良い音楽 「カノン in D」 パッヘルベル ピアノ&ストリングス

一度は聞いたことがある、有名な音楽ではないでしょうか。

落ち着いた気分になれると思います。

良い音楽の代表選手“モーツァルト”の「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」

モーツァルトの音楽を聴くと、人間だけでなく、植物や食べ物等にも良い影響があるという話を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

(取材協力:さちこママ ピアノ講師)

いかがでしたか?

今日は育児中のママでもあるピアノ講師の先生からお話を伺いました。

今回ご紹介した曲は、本当にゆったりした気持ちになりますね~。なんだかシアワセ♫(妊婦さんではないのですが、スタッフも確認のため聴いています(笑))

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします