あるあるマタニティトラブル~頭痛編~

妊婦さん

妊娠中にズキズキと偏頭痛のような痛みを感じたり、痛みが悪化して吐き気や嘔吐等つらい症状も出てきてしまう…等、妊娠中に偏頭痛に悩まされることは多いようです。

今回は、妊娠中の偏頭痛に関する症状、原因、セルフケア、薬剤師さんのアドバイスをお伝えします。参考にしてください。

偏頭痛って?

頭痛にはさまざまな種類のものがありますが、頭の中の血管が拡張し炎症が起きることで、痛みを生じさせる頭痛が偏頭痛であり、妊娠中や産後の体に起きやすい頭痛でもあります。偏頭痛は、以下のような特徴を持つ頭痛です。

・頭痛の頻度は月に数回程度、多いときは週に1.2回
・頭の片側あるいは両側がズキンズキンと脈を打つような痛み
・吐き気や嘔吐を伴う
・痛みの前兆で、目の前がチカチカし視野が見えにくくなったり、手足のしびれやしゃべりにくくなることがある

時にしびれやめまいのような症状、吐き気・嘔吐まで伴うことのあるこの偏頭痛は、さまざまな原因から起こってしまうのですが、代表的な誘因は次のようなものと言われています。

・激しい運動や緊張から開放されてホッとした時
・女性は生理前や生理中の女性ホルモンのバランスの変化
・家族に片頭痛持ちがいる
・アルコールやチョコレート、チーズなどを食べたとき

妊娠中の偏頭痛について

偏頭痛には女性ホルモンが大きく影響している、と言われています。
そのため、妊娠や産後のホルモンバランスの変化や乱れによって、急に偏頭痛を発症したり、元々の頭痛が悪化したりするのです。

症状の出はじめはこれを試して!慢性化する前に家庭でできる対策

頭痛が起きた際、「頭を冷やすべきなのか、それとも首や肩を温めるべきなのか…」と悩まれたことはありませんか?どちらも頭痛緩和の方法なのですが、偏頭痛のようにズキズキと痛みを伴う頭痛の場合は、「冷やす」ことで痛みを抑えます!

ズキズキと痛みを感じ始めたら、アイス枕等でこめかみ等傷みのひどい部位を冷やしましょう。血流の広がりを抑えることで、頭痛が緩和されます。

また、不安定な産後の体は、特に安静を求めています。産後はどうしても赤ちゃんのことに無理をしがちになってしまいますが、頭痛のサインが出始めたら、無理せず横になったり座って楽な姿勢をとると良いでしょう。

この際、上記のように冷やすとともに、光や音なども極力さえぎり、痛みが過ぎていくのを待ちましょう。

また頭痛が…!いつ起こる?どのくらい続く?メモを取ると対策も見えてくる!

受診時には問診で「偏頭痛の起こる頻度」や「持続時間」「発生しやすいタイミング」等を聞かれるため、より正確に診断や薬の処方をしてもらうためにも、頭痛が気になる場合には、治まった際にご自身の頭痛についてメモを取っておきましょう。

また、メモを取っていくことで、ご自身の「頭痛が起こりやすいタイミング」が見えてくることもありますね。

たとえば、

・天気が悪い日に多いのであれば、除湿や気分転換等を心がける

など、できる範囲でママ自身が楽になる対策をとってみましょう。

代表的な頭痛薬は?

薬剤師さんから妊婦さんへのアドバイス

妊婦さんと授乳婦さんでは少し状況が違いますが、全体的に病院でもカロナール(アセトアミノフェン)が一番最初に使用されるものです。市販薬でも、妊婦さんにも授乳婦さんにもアセトアミノフェン以外は勧めていません。他の成分のものは使わないほうがいいとお伝えしています。

●成分名:アセトアミノフェン
●概要:1回300~1000mgを経口投与、6時間から8時間以上開けて服用。1日総量として4000mgを限度。空腹時を避けて服用。
●妊婦さんへのアドバイス:アセトアミノフェンは乳児小児にも出ることがある安全性の高い鎮痛剤です。病院などでも妊婦や授乳婦に出やすく、市販薬でもほかの鎮痛剤が複合したものが多いのでタイレノールのようにアセトアミノフェンのみの鎮痛剤を選びましょう。


いかがでしたか。ホルモンバランスの変化でも起こりやすい偏頭痛は、もちろん治ることが理想ではありますが、予防や対策をしっかりとおこない、日常生活や楽しみに支障が出ないよううまく付き合っていきたいですよね。時には周りや専門家の手も借りて、無理せずマタニティ・育児ライフを楽しんでくださいね。

(原稿協力:piyomamaさん、hopemamaさん(薬剤師アドバイス))

参考サイト:頭痛外来|八重洲クリニック 脳神経外科

参考サイト:東京頭痛クリニック

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします