お子さんの将来の収入、妊娠中のホルモンによって左右されるという研究

お子さんの手の指、「薬指」と「人差し指」どっちの方が長いですか?

「指の長さで性格が分かる!」という占いを見かけることがありますが、皆さんは試されたことはあるでしょうか?

この場合、手の薬指の長さは一般に仕事能力や稼ぎと関連付けられるそうです。人差し指より薬指が長い人は、出生してお金持ちになる!といった具合です。

人差し指と薬指の長さの関係

赤ちゃんの手
薬指が長い人の方がお金持ちになれるなんて、何それ本当?と疑ってしまいそうですが、人差し指と薬指の長さの比率には、2D/4D比というきちんとした名前があるそうで、その人の技能や成功は2D/4D比に関連しており、薬指が人差し指より長ければ長い方が技能が高く成功すると考える研究者もいるそうです。

実際には女性より男性の方が薬指の長い人が多いそうです。うちの旦那さんどうだったかしら?結婚する前に見ておけばよかった!なんて思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

妊娠中の男性ホルモンの量が関係する?

妊娠中

この薬指と収入のおはなし、「占い」や「性格診断」の遊びのように考えていたら、なんと、真剣に調査している国立の機関がロシアにあるそうです。

しかも、薬指の長さは胎児のときに子宮内で受けた男性ホルモン(テストステロン)の量が関係していて、男性ホルモンのレベルが高いほど薬指が長めになる、という発表を2017年の2月に行ったそうです。

そうなると、妊娠中の子宮のホルモンバランスがお子さんの将来の収入を左右する!という結論も少しは当たっていると言えるのかもしれません。

・・・となると、思わず、お子さんの薬指の長さをチェックしたくなってしまいますね。

もちろん、すべての人に当てはまるわけではないと思いますので、遊び心の範囲でお試しください(^_-)-☆

「金儲け力」は胎児期に発達!?:世界の最新健康・栄養ニュース

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします