帯祝いとは、戌の日の安産祈願はいつする?費用は・服装は・準備や当日の流れはどうなる?

妊娠し5ヶ月も経つと徐々にお腹が膨れ始めます。安定期に入るこの頃、そろそろ妊娠の報告を始められる方も多いことでしょう。

そして、ご両親や友人の口から「戌の日の安産祈願はどうするの?」などと質問されることもあるのではないでしょうか?

古くから日本では、「犬」が一度にたくさんの赤ちゃんを産むことから、戌の日に安産祈願を行うとご利益があるとされています。

ここではそんな「戌の日」の安産祈願に纏わる事柄を解説したいと思います。

1. 戌の日って?

戌の日

日本では古くから、干支によって吉凶を判断する風習があります。

そして犬が一度にたくさんの赤ちゃんを産むことから、出産の帯祝いをする吉日を戌の日とする土地が多くあると言われています。

帯祝いとは、妊娠5ヶ月目が経った最初の「戌の日」に安産祈願を行うこと。昔は家族全員が集まる行事でもあったようですが、昨今では夫婦のみで祈願に行く事も多く、また「戌の日」に限らず、妊婦さんの体調によって日程を変更する家庭もあるとされています。

2. 帯祝いの事前準備

戌の日

それでは、実際に帯祝いとはどのようにしておこなわれるのでしょうか?

まず、帯祝いには初穂料と服装の準備が必要です。初穂料とは、ご祈祷の際に神社に収めるお金のこと。

神社によっては初穂料が予め定められているところもありますが、「お気持ちで」と言われることもあります。相場は、5,000~10,000円とされていますので、事前に準備しておくと良いでしょう。

また、神社やお寺は砂利道など足場が悪いところが多いため、当日の靴には注意が必要です。服装は失礼にならない程度にゆったりとしてデザインのワンピースなどがおススメです。

3. 帯祝いの当日の流れ

戌の日

それでは、帯祝いとは実際にどのようなことを行うのでしょうか?

まず、神社に着いたら社務所にて受付けを済ませ初穂料を納めます。

その後、順番を待合室で待ち、呼ばれたら本殿に向かい祝詞をあげていただきます。ご祈祷に掛かる時間は大よそ10~20分。複数組がまとめてお払いを行うこともあります。

ご祈祷後は安産祈願の腹帯や腹帯に入れるお守りなどを渡されますが、神社やお寺によってその内容は異なります。

4. お礼参りをお忘れなく

無事に出産を終えた後は、必ずお礼参りに出向きましょう。

その際は、頂いた腹帯を持参し、神社にお返しするようにしましょう。お返しした腹帯は、神社でお焚き上げをしていただけますので、安産の感謝を込めて奉納すると良いでしょう。

戌の日カレンダー

戌の日以外でもお参りするのは問題ないそうです。体調やスケジュールに合わせて、良いお参りになるといいですね。

2017年の戌の日

8月 3日㈭大安 15日㈫大安 27日㈰
9月 8日㈮ 20日㈬
10月 2日㈪ 14日㈯ 26日㈭
11月 7日㈫ 19日㈰大安
12月 1日㈮大安 13日㈬大安 25日㈪

2018年の戌の日

1月 6日㈯ 16日㈫ 26日㈮
2月 11日㈰ 23日㈮
3月 7日㈬ 19日㈪ 31日㈯

服装は?予算は?先輩ママの『戌の日の安産祈願体験』

戌の日

お母さまから譲られた腹帯で祈祷

スーツとかではなく、普段よりちょっときっちりした格好でいきました。

実家の近くの神社(安産とかの御利益がある所です)に主人と2人で行って、ご祈祷してもらいました。

持ち込み可だったので両家の母に貰った腹帯も持参しご祈祷してもらいました。費用は5000円からでしたが、私の親からの祝儀もあったので1万円払ったところ、巫女さんが舞を舞ってくれてとても貴重な経験ができました。

さくらさん

祈祷後は、両家の両親と食事を

妊娠5ヶ月の時に、近くの神社へ安産祈願に行きました。服装は私は紺のマタニティ用のワンピース、夫はスーツで行きました。

実家の両親、義両親にも参加してもらい、祈祷が終わってからレストランで食事をしました。

祈祷料として5千円を包みましたが、神社から安産祈願のお守りと戌の置き物、さらしの腹帯等を頂きました。さらしの腹帯は特に使用せず、骨盤ベルトと腹帯がセットになっているものを購入して着用しました。 みおんさん

服装は直接相談してOK!母子手帳も祈願してもらいましたよ♫

まだつわりもあったので、戌の日の祈願を予約した際、どのような服装で行ったらよいか直接聞きました。体調を一番に考え楽な服装で大丈夫ですよ、ということだったので、黒系のワンピースで行きました。主人も、かしこまった服装ではありませんでしたが、場所をわきまえたシンプルな服装で行きました。

帯と母子手帳も一緒に祈願していただきました。

お布施というかたちで、金額に指定はなかったのですが、一万円納めました。

チョコミントさん

2人目は家族だけで。上の子のぐずり防止も持参

一人目の時は、両家の両親と一緒に安産祈願に行きました。

帯は両家で1本ずつ(戌年の親族がそれぞれ購入したもの)を用意してくれました。祈願には2本の帯を持っていきましたが、宮司さんは快く2本ともにご祈祷のお印をくださいました。

2人目の時は、家族のみ(主人と上の子)で行きました。上の子のぐずり防止のために、お気に入りの玩具を1つと、お菓子(ぼうろ)を持っていきました。

ぴよままさん

5. まとめ

以上のように「戌の日」の安産祈願について解説しましたが如何でしたでしょうか?

昨今では「戌の日」の安産祈願を行わない家庭も多いと言われています。しかし、古い風習と言うのは行ってみると意外に気持ちが落ち着くことも。

是非、可愛い赤ちゃん誕生を願って、家族が集まる行事の1つとして楽しんでみてはいかがでしょうか?

[ad] 足元からボトル交換可能なウォーターサーバー

[ad] 上野動物園チケットをお得に!WEB購入なら600円→500円

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします