子供が自分で片付けられる!お部屋スッキリおもちゃ収納法

育児をがんばっているママ達が、毎日やってもやっても終わらないと嘆くこと…それはお片付けではないでしょうか?
部屋をやっと掃除し終わった〜!と思った側から、子供はおもちゃをひっくり返して遊びます。
さっき片付けたばかりなのに…と嘆きたくなるのも当然です!
でも、このお片付け、ママがいつもやってあげなくてもいいとしたら、ものすごくラクになりませんか?
子供はおもちゃで遊ぶのが普通。部屋を汚さずに座ってるだけの子なんていないのです。
それならおもちゃで遊んだ後は、お片付けを子供たちにやってもらいましょう!ママの負担がぐんと軽くなるはす。
ここでは、子供がお片付けをしやすくなる収納法をご紹介します!

1.おもちゃは取り出しやすい箱に入れ替える

1797_1
例えば積み木やブロック。買った当初はプラスチックや紙のケースに入っていますよね。そこから出して、新しい箱に入れ替えましょう。新しい箱は、ママが買った靴が入っていたものでもいいし、100円ショップで買った箱でもいいのです。子供が中身を取り出しやすく、しまいやすい箱を選びましょう。おもちゃが箱から溢れ出さず、余裕で入りきる大きさが理想です。

2.1つの箱には1種類のおもちゃを入れる

1797_2
新しい箱におもちゃを入れ替える際、1つの箱に1種類のおもちゃを入れましょう。積み木とブロックを一緒に入れると、子供が迷って片付けづらいかもしれません。積み木は積み木の箱、ブロックはブロックの箱、お人形もまとめて1つの箱にというように、何種類もあるおもちゃを、種類ごとに分けていれましょう。見た目も大きさも同じ箱に揃えていれれば、見た目も統一されてすっきりです。分類しづらく、どうしても分けるのが難しいおもちゃは、何でも入れていい「何でもボックス」を作ってもいいかもしれません。とりあえず分類を迷ったものを入れるなど、柔軟に分けてみてくださいね。

3.おもちゃが入っている箱には、ラベルをつける

1797_3
箱の中身がすぐに分かるように、ラベルをつけましょう。文字が読めるお子さんにはひらがなやカタカナで。まだ読めないお子さんには、イラストを描いてあげるといいですね。どの箱に何をしまえばいいか、すぐに分かるので片付けやすくなります。お片付けの際には、「ブロックはどこに片付けるのかな?箱を探してみよう!」と最初は一緒にやってみましょう。

いかがでしたか?子供が見分けやすく、片付けやすい箱に収納するだけで、自分からお片付けしてくれるようになりますよ!ママがお片付けで疲れ果てる前に、ぜひお子さんに手伝ってもらいましょう。もちろん、お片付けが上手にできたら、お子さんをたくさん褒めることをお忘れなく!

▼こちらの記事もおススメ!▼
お部屋がぐちゃぐちゃ!ベビー用品のおしゃれな収納方法とは?┃子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード: