フサフサの髪の赤ちゃんと薄毛の赤ちゃんは何が違う?

はてな
生まれたばかりの赤ちゃんでも、髪の毛がフサフサな赤ちゃんだったり、薄毛の赤ちゃんだったり様々ですよね。

では、なぜ同じ赤ちゃんでもこんなに毛量の違う赤ちゃんがいるのでしょうか。
両親からの遺伝かも?と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

1.生まれてすぐの赤ちゃんの髪の毛

新生児
実は、生まれてすぐの赤ちゃんの体毛は全て産毛なのです。
ですので、髪の毛も細くて弱いのです。

髪の毛が薄い赤ちゃんは、たんに産毛が薄いだけであとから生えてくる髪の毛は、きちんと作られているので安心して下さい。

早い子では生後3ヶ月ごろから髪の毛の生え変わりが始まり、きちんとした髪の毛が生えてくるので毛量も増えてきます。

しかし、これは個人差がとても大きく、大体の子は1才前後で産毛が抜けていくようです。毛量が多い赤ちゃんは、産毛が濃かったということですね。

2.赤ちゃんの毛量・髪質は変わる?

髪がフサフサの赤ちゃん
生まれたばかりの赤ちゃんの髪の毛が薄くても、大きくなってからもずっと薄いとは限りません。

また、小さい頃に髪の毛がくせ毛でクルクルでも、大きくなってからもずっとクセがあるとは限りません。

では一体いつごろに、その子の毛量や髪質は決まるのでしょうか。

子供の髪の毛がきちんと生え変わるのは、一般的に3才〜4才と言われています。

生まれたばかりの時に髪の毛がすごく薄い子でも、2才〜3才で急に毛量が多くなったり、逆に生まれたばかりの時には髪の毛がフサフサだった子も2才〜3才では少ないと感じるようにもなったり様々です。

赤ちゃんの髪の毛と、生え変わった髪の毛は全く違うものです。ですので、ある程度大きくなってしっかりした髪の毛が生えてこないと、その子の髪質や毛量はわからないのです。

3.遺伝は関係あるのか?

髪が少なめの赤ちゃん
「薄毛は遺伝する」とよく言われていますが、薄毛自体が遺伝するわけではないようです。薄毛になりやすい体質が遺伝するみたいです。

ですので、体質が遺伝するので、薄毛は遺伝するというのは違うみたいですね。

赤ちゃんのうちに髪の毛が薄毛な子のほうが、大きくなってからフサフサになるという説もあるみたいですよ。

まとめ

赤ちゃんの髪の毛が薄いからといって、特に問題はないので特別対処する必要はありません。
数年たてば、しっかりとしたフサフサな髪の毛がたくさん生えてくるので、赤ちゃんらしい薄毛の時期を楽しみましょう。
赤ちゃん特有の薄毛は可愛らしいですよね。
たくさん写真を撮って、赤ちゃんの思い出にしてあげてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード:,