幸せなのに孤独。「産後の孤独」ピークはいつごろ?どうやって乗り越えた?ママ達の声

赤ちゃんとの生活、いざ子供が産まれるとママは1日中子育てに奮闘しながら一人で赤ちゃんを向き合わなくてはなりません。

赤ちゃんと一緒に暮らす毎日はとっても幸せだけど、苦労もたくさん。今回は、「育児中に孤独を感じたことがある」というママさんの声を集めました。赤ちゃんのお世話に取り組むお母さんたちのお役に立てれば幸いです。

ご実家に遊びに行くことで育児の孤独感を解消

おむつ

最初の子が2か月くらいの時に、少し孤独感を感じたことがありました。

主人は会社に行っていて、家にはまだ喋れない赤ちゃんと2人っきり。

ただミルクをあげてオムツを変えて寝かせての繰り返しな毎日に、社会に出ていないことの不安感から孤独を感じてしまったのだと思います。

幸い、実家が近かったのでほぼ毎日遊びに行くことで、孤独感はなくなりました。

やはり家族以外の誰かと会話したりすることは絶対に必要だと思いました。

孤独を感じつつも、赤ちゃんが生きるエネルギーに

赤ちゃん

子供が生後3ヶ月のあたりから少しずつ孤独を感じました。

10カ月くらいまではマタニティーブルーがありました。

私の父が癌で末期の宣告を受けたせいもあるかもしれません。

でも生まれた我が子を目の前にして頑張らないと励みにもなりました。

1人で育児をして戦っているかのようだった6か月間

4619be7aa971961ebc66f6bce85c624e_s-min

3ヶ月頃から8ヶ月になる頃までが孤独でした。

主人の仕事が忙しく、出勤が早く、帰宅も遅いうえ、実家も遠かったので、赤ちゃんの起床から寝かしつけまで1人でしていた時が一番つらかったです。

赤ちゃんのためにしか存在していないし、今日はこんなことができたよ、こんなことで笑ったよという赤ちゃんの話しかなく、主人も帰って来るとさっさと食事や寝る支度をしてまた明日に備えて寝てしまい、休みの日も休日出勤や疲れて寝てばかりだったのでなかなかしんどいことも言い出せず、夜泣きにも1人で対応し、1人で闘っているんだという感覚でした。

そこで、児童館に日課のように通い、また自然に子どもが成長して返ってくるような反応が出始めて会話のようなコミュニケーションも取れるようになってきてからはやりがいや楽しみも見出せました。

また、育児にも慣れてきたり、主人にも弱音を吐けるようになってからは少しマシになりました。

ママ友づくり!と意気込むとうまくいかいことも。ポイントは「少しずつ」

子育てファミリーのピクニック
0歳児の時は色々な理由で人と会うことが難しかったです。

寝ている時間は多いので会うことはできるのですが、泣くことも多いので電車に乗せてどこかへお出かけすることを極力避けていたため、友人には会いに来てもらわないと厳しいという状態でした。

生後半年までは、家族以外では、来てくれた数人の友人としか会って話す機会がなく辛かったです。

人と話すこと、目を合わせることができない鬱状態になっていきました。

このままではまずいと思い、近くのベビースイミングに通い始めたのですが、人と話したい!と意識しすぎてかえってうまく話せない。といった感じでした。

その後はインフルエンザや風邪がはやる季節がやってきてしまい子育てサークルや市のキッズスペースに行くことはためらう時期になり結局1歳を過ぎた春やっと子供と参加できる子育てサークルに通うことができるようになりました。

ママ友作り!と意気込むとしゃべれなかったことに鬱々としてくるので子供の成長と自分の気分転換と割り切って参加するようになったら気が楽になりました。

人に会うことが好きな性格だからこそ、育児中は孤独に。

赤ちゃん

アパートに旦那と2歳の子供と3人で住んでいます。

仕事は育児休暇を取得しました。

妊娠前は正社員で事務をしていて仕事大好き人間だったので、子供を産んで仕事ができなくなり、アパートでひたすら育児をしている時に孤独を感じていました。

旦那は仕事に出て外に出られるだけ良いじゃない。とか、他の人は幸せそうで良いなとか、マイナスの感情も生じました。

旦那は家族よりも、自分の事や仕事優先の人なので、現在も出かけたりして仲良さそうな家族を見ると、うちの家族ってなんだろう・・と思ってしまいます。

私は友達に家に来てもらったり、友達家族と出かけたりと旦那を当てにすることをやめました。

好きな音楽を流したり、チャイルドシートに乗せてドライブしたり、お散歩したり、家に引きこもることをやめました。

公園に行けば赤ちゃんがいれば誰かが話しかけてくれます。日常の中で少しでも人とかかわる時間を作ることが大切だと思います。

育児中は一人の時間が長く感じることも

泣いている赤ちゃん

孤独感はかなりありました。

里帰りではなかったけれど、生後1ヶ月頃までは幸い実母や主人が交代でいてくれる環境だったのですが、そこから実母帰宅&主人仕事がハードになり、1歳半頃一時保育や保育園に入園できるまで、ひたすらほぼ会話のない生活。

赤ちゃんは可愛いけれど、誰ともしゃべれない、支援センターなどではママ友さんはできても気をつかうし、授乳などでいっても一日1時間もないので、本当に一人の時間(子と二人)が長く感じました。

外へ出るようになって育児中の孤独を感じなくなるように

歩く赤ちゃん

子供が生まれてすぐは、初めての子育てに無我夢中で孤独を感じる余裕はありませんでした。だんだんと慣れてくる5か月か6か月ごろからは、家で子供と二人きりでいるととても孤独を感じました。

不器用なので、赤ちゃんを連れて友達と遊ぶこともできず、子供を預けて働きに出るということもできませんでした。

どうしたらよいかわかりませんでしたが、とりあえず、毎日散歩がてら、子供をベビーカーに乗せて実家に通いました。実家で母としゃべっている間は孤独が癒されたのを覚えています。

一歳を過ぎたころからは、公園へ行ったり、近くの保育園のイベントに行ったりして、ほかのお友達と接するようになってからはあまり孤独を感じなくなりました。

いかがでしたか?

今回はスタッフからも「うんうん、うちもそうだった」との声が多かったです。

今、この産後3カ月ごろ~1歳までの時期の育児をしているママさんが、「孤独を感じるのは自分だけではない」ことや、「もう少しすれば、地域に知り合いも増え、子供がしゃべり始め、楽しいことがたくさん待っている」というイメージが出来て、希望を感じていただけたら、とても嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします