子どもが英語ができなかったらマズイ?英語教育の本当のゴールとは

英語の勉強をする子供

2020年度から行っていくよう計画されている文科省の英語教育の変化をご存知ですか?

ちょうど現在の赤ちゃんや幼児さんが受ける教育、子供たちがどんな教育を受けていくのか、親として知っておきたいところですね。

文科省が計画している英語教育のアウトライン

小学校
実はこんな内容になっています。

小学3年生 英語活動スタート
小学5年生 教科としての英語の授業スタート(教科書で英語を学び、成績がつけられる)
中学生 英語での、英語の授業
高校生 英語で発表、討論、交渉などができることを目指す授業
大学入試 英語の試験を、外部の資格・検定試験(TOEFL、TOEIC、英検など)を活用

2020年度に小学校3年生になるのは、現在の3、4歳くらいのお子さんですね。

ただ小学生のうちに英語の勉強を始めましょうというのではなくて、グローバルな人材となって社会に出てもらいたいというところまでイメージされています。

英語の授業の導入・変化だけをみてしまうと、自分の子どもが英語ができなかったらマズイ?と思ってしまう方もいるでしょうか。

本当に本当に知って欲しいのは、この計画を進めている背景です。

英語の習得のことだけが一人歩きしないで欲しい。

「グローバルな社会人」を育てていくための、意図があるんです!

英語力4技能(聞く、話す、読む、書く)の前に、文科省が目標としていること

英語の勉強:イメージ

英語教育を行うことの賛否が討論されていますが、英語教育を行っていこうとする背景、意図を知ることが大切だと思います。

小学校の外国語活動において文科省が目標としていることは、

「英語でのコミュニケーションが楽しいという経験をする、日本との違いを知る、異なる文化について理解を深める、失敗を恐れず積極的に英語でコミュニケーションを取ろうとする態度を育てること」

です。

わたしたち世代が受けてきた、いきなり単語を暗記、文法を規則として覚え、、、というスタートは切らないんですね。

中学校に入ってから4技能(聞く、話す、読む、書く)の基礎を養う、高校で発表・討論・交渉などの言語活動をたくさん経験し、情報や考えなどを理解し的確に伝える能力を養うことを目標にしているんです。

英語を覚えさせる前に、英語を使うと楽しいよ、英語の文化ってこんなの、日本の文化も見えてきた?という体験をするというわけですね。

国が小学校で英語をスタートさせたいのはなぜか、少し見えてきたでしょうか?

もちろん、早くから英語に触れさせたいと英語教育を始めるお母さんたちの方針は間違っていないと思います。

この背景を知ることで、将来どんなふうに英語が役に立つのかをイメージできていれば、より効果的に勉強できますし、途中で伸び悩んだり、うまくいかないことがあっても乗り越えられると思います。

これからの社会を支えるグローバル人材を、一緒に育ててあげたいですね!

点線

執筆協力: Yuki先生
カナダでの留学経験を生かして英語教室を東京で運営中。2児のママ。


▼こちらの記事もおすすめ
バイリンガルママじゃなくても大丈夫!4才で英語を話し始めた女の子のママが家でやったこと|子ある日和
気づけばバイリンガルキッズ!?自然に身に付く英語教育とは?|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード: