みんなどうしてるの?育児中の夫婦げんかをしないコツ・仲直りのコツ

子供が生まれてから夫婦喧嘩が増えたご家庭は多いのではないでしょうか?

アンケートによると夫婦喧嘩は「ほとんど毎日~月に1回程度」で44.7%あるとのこと(ミキハウス子育て総研調べ)

でも、子育てでもっとも頼りになるのは何といってもパパ。

ケンカしないコツ、ケンカした時のフォローはどんな風にしているのか声を集めてみました。

ケンカしないように工夫しているご夫婦の場合

カップルのシルエット

パパの日・ママの日を作って子供のお世話を分担

週に一度は、パパの日・ママの日を作り、夜はどちらかが集中して子供の世話をします。

そしてその間は担当じゃないほうは寝室で好きなテレビを見たり、レイトショーを見に行ったり、友達と飲みに行ったりします。

充分楽しめるので、その間子供を見ていてくれた相手に「ありがとう!」と素直に思えるようになります。

そして月に一度はどちらかの親に子供を預けて、2人でランチしたりもします。

奥様が、好きなことでストレス発散

育児や家事でイライラしてしまった時は、大好きなパン作りをしてストレスを発散させます。

思いっきりパンを捏ねたり叩き付けていると集中してイライラ感が薄れて、パンが焼き上がった良い香りで精神的に落ち着きます。

主人もパンが好きなので、一緒に焼き立てを食べていると次第に笑顔になれます。

さりげなくご主人をフォロー

基本的に共働きなので、「家事も育児も半分こ」というスタンスですが、旦那さんのほうが収入も多く、忙しい仕事をしているので、私が多めに負担するようにしています。

特に旦那が海外出張の前や後、大切なプレゼンの前などは、何も言わずに夫の分の家事もやっておきます。「やっておいたからね!」とも言わないようにしています。

でも旦那のほうから「ありがとう」と言ってくれます。

許せないこともあるけど、衝突はしない

夜、子供が泣き出すと「どうせママじゃないと泣き止まないから」と絶対起きてこない旦那さん。

私もそんなもんかと思うのですが、たまにどうしても疲れているときは、なんか旦那さんが許せなくなります。

そんなときは、子供が起きたら、私はソファーへ移動します。

私がいないと旦那さんが子どもをあやすしかないので、やってくれます。

これをした翌日は「君はいつもあんな大変なことをしているのだね。えらいよ」と褒めてくれ、ねぎらってくれ、ケーキとか買ってきてくれます。

なので2ヶ月に一度くらいはこの方法をやっています。

ケンカや言い合いをしちゃったら?

夫婦

子供のためにも仲よくしよう、が暗黙のルールに

子どもは二歳ですが、育て方ややらせることの順序でときどきモメるようになってきてしまいました。

お恥ずかしながら、子どもがママ!パパ!と止めてくれます。そうすると、お互い子どものためと割り切って言い合いをしないようになりました。

そんな繰り返しから、いつしか、「子どものためにも仲良くしよう」という暗黙のルールになっていきました。

夫婦だけどメールなら素直になれる

子供が小さい時には夜も寝不足が重なり、昼間もなかなか休む事が出来ず、常にイライラするようなストレスとの戦いでした。普段とても頑張っている分、ちょっとした一言は行動でもカチンとして喧嘩のようになってしまう事も多かったです。

でも後から少し悪かったなと反省する事もあったり、また相手も同じ気持ちである事もありました。そんな時私たち夫婦はメールで素直な気持ちを伝えました。面と向かうとついついけんか腰になりますが、メールなら考えて言葉を出す事が出来るので、素直にごめんねが言えました。

メールで言葉をかわすと心がほんわかとし、いらいらした気持ちがスッキリしました。手紙でもいいと思いますが、結構いい方法だと思っています。

こうゆう人なんだと割り切っています

すれ違いや気まずいことがあると、私はとことん話し合いたい性格なのですが、主人はあまりそういったことが好きではありません。
それでも本音でぶつかり合いたいと思い、トコトン話をした時期もあったのですが、かえってこじれることが多かったです。

今はこうゆう人なんだと割り切って、ケンカや気まずいことの後は、いつものように過ごすことにしています。返事をしてくれないときもありますが、自分も傷つかないようにしていると、気づくといつもの主人が戻ってきます。

でもちょっとシャクなので、離れて暮らすお姑さんには時々その様子を報告しているので、お義母さんからは「いつもありがとう」と言ってもらえています。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします