【育児書レビュー】尾木ママの「叱らない♡」子育て論

テレビやネットでよくお見かけする尾木ママ。やさしい語り口調と教育者として経験のあるコメントは説得力があって参考になりますよね。

でも尾木ママの本ってたくさんある!そこで、0~6歳くらいのママにおススメの本をご紹介します。2011年の本なので決して最新の本ではありませんが、尾木ママの本の中でも有名な本で、しかも小さなお子さんのしつけについても触れられている本です。電子書籍もありますので、手軽に読むこともできます。

(追記:2016年9月14日に「尾木ママの叱らずしつけ21のコツ」が発売されましたので、レビューしています。

【育児書レビュー】尾木ママの「叱らない♡」子育て論

ココがいい!見出し1つにつき約2見開きの読みやすい形式

50個の項目について、それぞれ短めの読み切りになっているので、読めるときに少しずつ好きな部分から読めるのがいいところ。

文体はテレビと同じ尾木ママのしゃべり方なので、親近感を持ちながら読めるのではないでしょうか?

目次 —抜粋
「家族で登山」で勉強が好きになる
「ママが本を読む」と子どもに国語力がつく
3歳までに脳の発達が決まるは「真っ赤なウソ」
口が裂けても「”やめなさい” ”早くしなさい”は言わない」…など

ココがいい!小さなお子さんの育て方にも触れている

尾木ママの専門は10代の教育。いじめや非行、受験などが専門なのですが、自称?「元祖イクメン」なので、学校の先生をしながら自分のお子さんを育てた経験も元に、小さなお子さんを育てるときのことにも触れている本であるところがおススメです。

尾木ママの他の本はもう少し大きくなってからのことの方が多いのですが、小さなお子さんのママも読みやすいと本だと思います。

また、この本は2つの章に分かれていて、前半は学力アップや勉強の仕方などの学力論、後半は人間性を豊かにする子育て術に的が絞られています。学力と人間性、どちらも大切にしたいママにぴったりの本です。

ココがいい!尾木ママ自信のお母さんや家族についても触れられている

尾木ママ自身が大好きだったというお母さんの話やご自分の結婚のことにも触れられています。

この本を読むと、自分も優しくて幸せな家庭を作れたらいいなぁ、と元気づけられる方も多いのではないでしょうか。

内容(「BOOK」データベースより)
尾木ママ流“目ウロコ”子育て術&勉強法が満載!初めて明かされる、尾木ママ熱血教師伝説。ただの“オネエ”じゃなかった!尾木ママ、ホントはすごい先生なんです。

いかがでしたでしょうか?

お子さんを幸せに、のびのびと育ててあげるにはどうすればいいのかな?というお母さんたちの疑問に応えてくれる本だと思います。

尾木ママがどんな方なのかよく分かって、テレビやインターネットでのコメントもより一層楽しめるようになりますね。

「そうなのよぅ~」なんておネェ言葉が伝染っちゃわないように、気を付けて読んでくださいね!

▼褒める育児はこちらもおススメ!
子供を褒めて成長させよう!上手に褒めるには、●●が良い!?

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします