準備のコツは?子連れ引っ越しでおさえておきたいポイント

日頃の家事と子育てで手いっぱいなのに、引っ越しという大変なイベントが重なってしまったら…。子供がいると準備も思うように進まず、想像してなかったハプニングが続出!なんてことも。今回は、子連れ引っ越しのコツをご紹介します。

<子連れ引っ越しの準備1>市区町村の役場での手続き

Retina pixta 17288007 s
通常の引っ越しでは転出・転居届や国民健康保険の手続きが必要になりますが、子連れ引っ越しの場合には、それに加えて子供に関する手続きが加わります。

・児童手当の受給手続き
・子供の保育園や幼稚園、学校が変わる場合には転園・転校届などの提出

以上の手続きが一般的ですが、お住まいの地域や園・学校によって手続きの方法が異なりますので、事前に確認しておきましょう。

子連れで役所に行くのは一苦労ですよね。待ち時間を乗り切るための、おもちゃやおやつなど、対策を練っておきましょう。

少しでも効率よく済ませるためにも、必要な手続きや持参する書類を確認し、役場のホームページなどからダウンロードできる書式がある場合は、事前に記入しておきましょう。

<子連れ引っ越しの準備2>引っ越し先での保育園・幼稚園探し

Retina pixta 19292316 s
Retina pixta 22930070 s
待機児童問題も話題になっていますが、引っ越し先で必ず保育園に入れるとは限りません。

幼稚園については、公立であれば基本的に住んでいる自治体の幼稚園に入園することになりますが、私立の幼稚園なら、空きがあれば他の自治体の園でも入園することができます。
まずは引っ越し先の保育園・幼稚園のリストを早めに入手して、空き状況を確認しましょう。

手続きは、転出と転入先の保育園・幼稚園それぞれに必要です。

<子連れ引っ越しの準備3>引越し先の小児科や耳鼻科、皮膚科を調査

Retina pixta 25035566 s
引っ越しで環境が変わることは、大人だけでなく、子供にとっても大きなストレスになることがあります。引っ越しに一段落した途端に熱を出す、なんていうこともあるので、念のため近くの小児科を調べておくと安心です。

耳鼻科や皮膚科によく通院している子供であれば、引っ越し先の情報を調べておくと安心ですね。

<子連れ引っ越しの準備4>買い物に行かなくても済むようにしておく

Retina pixta 13341799 s
生ものや冷凍食品などは、引っ越し前に使い切らなければなりませんが、普段使っている調味料やパスタ、常温保存が可能なレトルト食品などは、多めに買って荷造りするのがおすすめです。

新しい環境で意外と困るのが買い物。近くにスーパーがあったとしても、慣れていないお店だと、何がどこにあるのか分からず時間がかかります。

大人だけなら、近くの飲食店でサッと食事を済ませることもできますが、小さな子供がいる場合には、子連れで入れるお店を探すのもひと苦労ですよね。

新居で簡単に食べられるものがあると、とても助かりますよ。

おわりに

引っ越しは大人も子供も疲れますし、ストレスが溜まって精神的にも堪えます。環境が変わり、その上ママが忙しくしていると、子供はぐずりがちになることもあります。その日に必要な作業を終えたら、気分転換に家族で散歩したりして、息抜きしながら乗り切りましょう。             
Retina pixta 6891121 s
引っ越しの際は、ガスを<止める>お手続き、<申し込み>もお忘れなく。詳しくは下記記事をご参照ください。

コラム出典:準備のコツは?子連れ引っ越しでおさえておきたいポイント (東京ガス ウチコト)

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします