子連れ外食がハッピーに♪「キッズプロジェクト」、「すし育」、「ポイントカード」のスシローに注目☆

子供と外食:お寿司

子どもメニューを多く揃えているファミレス。子ども連れでも歓迎ムードがあり、子どもを育てているママも外食をしたい時に家族で入りやすいですね。

そんなファミレスをはじめとして、最近では色々なお店でも子ども歓迎のムードがあります。

全国チェーン展開をしているお寿司屋さんでも、小さい子どもが来てもらいやすいように子ども向けのキャンペーンを実施しているところがあります。

その中のひとつとして、スシローも「ゴー!ゴー!キッズプロジェクト」をはじめています。このプロジェクト、どういったものなのでしょうか。

ゴー!ゴー!キッズプロジェクトとは?

スシロー ゴー!ゴー!キッズプロジェクト

出典:スシロー

子どもたちに新鮮でうまいすしを、おなかいっぱい食べてもらいたい。」ことからはじまったプロジェクトが「ゴー!ゴー!キッズプロジェクト」。

スシローではわさび抜きのお寿司が多く、それも子どもが食べることを考えているから。小さい子どもには補助椅子もあり、子ども用お椀やスプーン、フォーク、お茶のかわりの冷たいお水もあります。これもママが外食時に「あったらいいな」と思う要望を叶えたもの。

また、小学生以下の子どもを対象とした来店時にもらえるスタンプを集めるともらえるプレゼントキャンペーンを開始しています。  

スシローに注目の理由は?

① だっこずしグッズがもらえる!

お寿司

出典:スシロー

スシローで注目されているのが、このスタンプカードキャンペーン。スタンプを3個、6個、8個ためるとだっこずしのグッズをもらうことができます。

ゆるキャラのだっこずしは、ラッコのような動物が寿司のネタをだっこしている姿がほのぼのするキャラクター。まぐろ、えび、サーモンだけでなく巻き寿司もある!?

シールやマスキングテープ、チャームやえんぴつがもらえます。

子どもは一般的に、こういったおまけが大好きなので、スシローを指名して来たくなるというわけ。また、スタンプを8個ためて応募することで、だっこずしドデカぬいぐるみが抽選1000人に当たります。

② こどもと一緒なら「かけうどん」を

かけうどん

出典:スシロー

小さい赤ちゃん連れでのお寿司屋さんは敷居が高いように思います。

また、お寿司は生魚。小さい子どもだと生魚はN.G.で加熱調理しないと食べることができないような気もしてしまいます。そんな子でも食べられるうどんメニューもスシローには豊富です。

例えば、かけうどんは130円。きつねうどんやてんぷらうどんもありますが、小さい子どもはてんぷらが食べられなかったりするので、シンプルなこういったおうどんがいいのではないでしょうか。

かけうどんは平日限定メニューですが、おうどんなら子どもだって大好き

これなら、大人はお寿司を、子どもはおうどんを食べることができます。

③ すし育キャンペーンも実施!

お米

スシローでは、「すし育」のプログラムも開催しています。

2015年の8月から始まっているプログラムでは、調理体験や田植え体験、お米の収穫体験ができるというもの

お米の収穫体験では、スシローのお米を作っている田んぼで子どもたちが稲刈りを体験。ランチではおにぎり、トマトカレーを食べたようです。

すし育プログラムは抽選のようですが、自分たちが食べているお米はどうやって作られたのかを学ぶにもいい機会。チャンスがあったら参加させたくなりますね!

スシローポイントカード

我が家も、スシローのスタンプカードを貯めはじめました。1回ごとのプレゼントはないものの、3個貯めるとグッズがもらえます。期限は2017年3月31日まで。

子どもたちは、「次にプレゼントがもらえる!」とテンションも高く、喜んでいるようすです。

また、待ち時間を減らすためのアプリなど、ママ目線での改革(!?)が進んでいるようです。お出かけの際は是非待ち時間が減らせるように手続きしてみてください!

プレゼントやおまけが、子どもたちは大好き。家族で外食をする時にも、利用しやすいお店があると子育て中のママは行きやすいです。

▼こちらの記事もおすすめ
お寿司はいつから食べられる?サイドメニューの活用や挑戦しやすいネタあれこれ。|子ある日和
赤ちゃんとの外食はいつからOK?赤ちゃん連れの外食のコツとマナーとは??|子ある日和
 

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします