妊娠したらまずここへ~「ネウボラ」フィンランドの取り組み、日本では?

赤ちゃん

美しいデザインやテキスタイルで知られる国「フィンランド」。

日本にも、ムーミンやマリメッコを初めとするフィンランド文化は浸透しており、その世界観に魅了されている方も多くいらっしゃることでしょう。

そんなフィンランドの文化として注目されているものは、デザインだけではありません。子育て・教育・育児の面でも学ぶことが多く、中でもフィンランドが取り入れている「ネウボラ」と言う子育て支援の取り組みは、世界中が賞賛していると言います。

「ネウボラ」とは、フィンランド語で「アドバイス」を語源としており、妊娠・出産・育児をトータル的に支援してくれるサポート体制のことを示します。

昨今では、その「ネウボラ」の制度を日本でも取り入れる自治体が増えており、特に「お母さんの心のサポート」の重要性は認められているといえるでしょう。

そこで今回は、フィンランド発祥の「ネウボラ」について解説すると共に、日本における「ネウボラ」の取り組みについても紹介したいと思います。

1. ネウボラとは?

赤ちゃんのお母さん

Designed by Photoduet / Freepik

「ネウボラ」とは、妊娠期から就学前までの間、親子とその家族を支援するサポート体制を示します。

通常日本では、妊娠が発覚するとまず産院へと行くでしょう。しかしフィンランドでは、まず「ネウボラ」に向かいます。そして、そこで検診を受け、医療的なチェックのみならず、妊娠における不安や悩み、現在の家庭環境の相談などを行うのです。

女性の殆どがフルタイムで働く国フィンランド

フィンランドは、男女共同参画の先進国と言われており、女性の殆どがフルタイムで働いているとされています。
そのため昨今では、シングルマザー、再婚、事実婚などが増え、家族のあり方が多様化していると言います。しかし、そんな中でも出生率が下がることなくいられるのは、正に「ネウボラ」による支援の賜物と言えるでしょう。

子供を取り巻く周囲の環境を支援

「ネウボラ」の働きは、妊娠・出産・育児だけにはとどまりません。子供を取り巻く周囲の環境をも変えていくほどの力があります。

保健師や助産師によるサポート、管理栄養士、リハビリ・セラピー、ソーシャルワーカーとの面談。そしてそういった支援は、母親だけでなく、父親・兄弟など、家族全員にも及び、またその相談内容は、出産・育児だけでなく、夫婦間の問題なども含みます。

「ネウボラ」が行う支援の最大の特徴は「対話」。
定期的に行われる完全個室の相談会により、家族全体が「ネウボラ」と繋がり、親密できめの細かい支援が実現されていると言えるでしょう。

2. 日本での「ネウボラ」の取り組み

フィンランドで生まれたこの「ネウボラ」の取り組みは、日本でも一部の自治体で採用されています。その先駆けが「埼玉県和光市」。

和光市では「子育て世代包括支援センター」5箇所を市内に設け、妊娠・出産・子育てのトータル窓口として運用しています。

妊娠・子育ての切れ目ないサポート

日本では、妊娠したら保険相談機関、出産したら子育て支援機関と言う様に、相談窓口が分散していることが子育てにおける問題点の1つとなっていますが、窓口を「子育て世代包括支援センター」で1本化することで、「妊娠・子育ての切れ目ないサポート」が可能になったと言えるでしょう。

また、支援センターには、保健師、助産師、育児支援団体スタッフが常駐しているため、妊娠・育児の相談がいつでもでき、母親が子供を産みやすい環境づくりを実現しているとしています。

3. まとめ

以上のように「ネウボラ」について解説させていただきましたが如何でしたでしょうか?

中には、「うらやましい!」「私の住んでいる場所にも是非取り入れて欲しい」と思われた方もいらっしゃることでしょう。

子供は社会で育てる。と言う言葉もありますが、子供が健康に育つためには、子供を囲む周囲の環境づくりがとても重要です。そして、人と人が対話し、アドバイスし合うことが、子育てにおいて非常に大切な事柄だと言えるでしょう。

「ネウボラ」の語源は、「アドバイス(neuvo)」。
まずは、お母さん同士がコミュニケーションを取り、育児の相談をし合うこと。それが「ネウボラ」のきっかけにもなるのではないでしょうか。

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします