子供たちにこんなBGMをかけるとどうなる?理想の音楽環境を考える

みなさん、よくご存知だとは思いますが、動物だけではなく、植物までもが音楽に反応すると言われています。

音楽によってリラックス効果が得られたり、血圧が正常になったりする効果があるそうです。

もちろん、音楽なら何でも良いという訳ではありません。かといって、クラシックでなければならない訳でもありません。

静かでありながら、美しく、しっかりとした作りの曲を聴くことで効果が出るのです。

子どもにも素敵な音楽をたくさん聞かせて良い影響を与えたいと思うのが親心ではないでしょうか。

しかし、静かに聞くのは難しい、すぐに眠くなってしまうみたい、という問題も発生してしまいます。

そこで、日常的に“我が家のBGM”として音楽を流して、良い音楽環境を作ってみませんか?

ある幼稚園での実験結果

音楽

4種類の音楽をBGMとして幼稚園の遊びの時間に流した実験があります。

1曲目「皆が知っているアニメの主題歌」、2曲目「ノリの良いポップス」、3曲目「演歌」、4曲目「モーツァルト

これらの曲を同じクラスの子どもに1週間おきに聞かせたそうです。

1曲目の「アニメの主題歌」の場合、クラス全体が落ち着かず、歌い始める子どもも出てきて、ザワザワしました。そして、それぞれの遊びに集中できずBGMとしては適していなかったそうです。

2曲目の「ポップス」では、踊り始める子どもも出てきて、大騒ぎになってしまったとか。

3曲目の「演歌」では子ども達からクレームが出て音楽を止めて欲しいと言われたそうです。

4曲目の「モーツァルト」では特別な反応をするでもなく、それぞれの遊びに集中していたそうです。

この結果からも分かるように、良質な音楽を時間を決めてBGMとして利用することは、音楽の良い効果を得やすいと言えます。

例えば、今やっている作業に集中することができたり、右脳に刺激を与えたりという効果です。

右脳に良い刺激を与えると言われている音楽をご紹介しますので、是非生活の中のBGMに取り入れてみて下さい。

・ドビュッシー「月の光」

・ドビュッシー「ラ・メール」

・メンデルスゾーン「春の歌」

・モーツァルト「フルートとハープの協奏曲」

家庭での音楽環境

普段の生活の中で、音楽は必要以上に溢れています

家に居ればテレビやラジオから様々な音楽が流れてきます。お店に入れば、お店の雰囲気に合わせた音楽がひっきりなしに流れています。

生活の中には自分の意思に関係なく、常に音楽があります。このような環境で聞く音楽には感動はほとんどないと言えるでしょう。

音楽を聞いて、感動することで体や心に良い影響を与えてくれるというのに、手軽に音楽に触れすぎて、音楽に感動するという経験が少ないまま成長するのは勿体ないと言えます。

音楽を体で感じ、体で表現して、心で様々なことを感じとることは人格形成に良い影響を与えることが分かってきていますので、幼児期の音楽体験を素敵なものにしてあげたいですね。

そのためにも、日々の生活の中で耳にする音楽は、良い影響を与えてくれるものを選び、親子で音楽を使った遊びを楽しみ、たまには幼児から鑑賞することができる音楽会に親子で出掛けてみるのも良いのではないでしょうか。

▼こちらの記事もおすすめ
おうちでリトミック#1~カンタンに取り組める音楽あそび|子ある日和
「赤ちゃんにモーツァルトがよい」と言われる3つの理由|子ある日和

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします