こども保険、知ってるママは半数以下の46% – 支給されたら何に使う?使い道TOP3

現在少子化対策の一案として検討されている「こども保険」について育児の現場にいる子育てママと保育士さんへのアンケート結果が公開されました。

こども保険とは?

少子化対策の1つとして小泉進次郎氏らによって進められている制度案。

社会保険料率に、0.1%上乗せすることで、3400億円の財源を確保し、子ども一人当たり月5千円の児童手当の支給や保育所等の受け皿拡大などに利用される予定です。

保険料率を0.5%まで拡大することにより、児童手当を子ども1人あたり月2.5万円上乗せし、幼児教育・保育の実質無償化する等も検討されています

こども保険の認知度は半数以下の46%

d11508-59-788373-0

「詳細を知っていた(9%)」「元々名前だけ知っていた(37%)」人は合わせて46%と、認知度は半数以下という結果になりました。

手当てが支給された場合の使い道TOP3は「こどもの貯金」「保育料」「幼児教育費」

d11508-59-242088-8

第1位「こどもの貯金(34%)」第2位「保育料(19%)」という結果になりました。

中でも注目なのは、第3位の「習い事などの幼児教育費(17%)」中には現在自分のお小遣いを削ってでも習い事に行かせている、という声も聞かれました。

習い事となると、送迎や付き添いも発生し子育てママには負担が大きいはずですが、それでも子どもの為に習い事をさせたい、そんな子育てママは多くいることがうかがえます。

仮にどんな少子化対策があれば、もう一人子どもを産もうと考えますか?

d11508-59-616084-9

最も多く選択されたのは「金銭的な補助(65%)」。続けて「勤務先のサポート(64%)」という結果になりました。

働き続けたいと思っているものの、なかなか折り合いがつかない、などの声も多く上がり、育児休暇制度や時短勤務制度の導入などの広がりを望む声は大きいそうです。

「勤務先のサポート(64%)」に加え、3番目には「家族のサポート(33%)」、5番目には「地域や周りのサポート(32%)」という結果になりました。

つまり「金銭的な補助」だけではなく、様々な「周囲の育児サポート」があることによってもう一人子どもを産もうと考えるきっかけとなることが判明しました。

なかなかニュースを隅々理解するのは大変な育児中のママですが、子育てに関わるニュースはなるべく抑えておきたいですね!

このアンケートを実施したキッズラインでは先着50組限定《2人目育児応援キャンペーン》を実施中!だそうです。産前産後のケアや兄弟2人お預けなどのご依頼もお受けすることができるそうです。

また育児サポートだけでなく、子育てママの関心が強い習い事としての利用も可能だそうで、送迎や付き添いをすることなく“自宅にいながら習い事”ができるのも一つの魅力ですね。

「英語ネイティブシッター」「モンテッソーリ教育シッター」「ピアノ歴15年シッター」など様々な特技を持つベビーシッターが全国で約850名活動中だそうです。

ベビーシッターさんをお探しの際には、是非検討してみてはいかがでしょう。

出典:「こども保険」について子育てママと保育士の意見を聞いてみた。(株式会社キッズライン)

株式会社キッズライン

[ad] 足元からボトル交換可能なウォーターサーバー

[ad] 上野動物園チケットをお得に!WEB購入なら600円→500円

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします