気になるJASRACの問題。お遊戯や音楽の時間も使用料がかかる?

お遊戯

JASRAC問題は、今年2月に宇多田ヒカルさんがとツイッターで言及したことでも多くの人の関心を集めました。また5月にはヤマハを中心とした「音楽教育を守る会」がJASRACを提訴の方針を決定しました(2017年6月20に東京地裁に提訴)。

そもそも何が問題なのか、JASRACとヤマハ音楽教室のそれぞれの主張をみていきたいと思います。

また、園のお遊戯会や音楽の授業で使われる楽曲についてなど、身近な楽曲利用についても説明します。

1. JASRACとは?

楽譜

JASRAC(Japanese Society for Rights of Authors, Composers and Publishers=日本音楽著作権協会)は、著作権の管理事業者です。

著作権者(作曲家や作詞家など)から著作権を委託されて、著作権料の徴収をします

国内外の350万曲の著作権を管理していて、シェアは90%を超えています。実質的には日本での著作権事業はJASRACが独占しています。

なぜ、他の事業者が参入しない?

JASRACは、膨大な数の管理楽曲をデータベース化しています。データベース化することによって、利用者が簡単な手続きで利用できるようにしているのです。

著作権者から一曲ずつ許可をとって委託を受けて、リスト化して、料金表をつくって・・・・と作業量が膨大です。

最近は、日本の楽曲が海外で使用されることもありますから、海外の著作権管理団体とお互いのレパートリーを管理し合う契約も必要です。

ですから、新規参入が難しいのです。

2. JASRAC問題って、何が問題になっているの?

ピアノを弾く手

JASRACが2017年2月2日、「ヤマハ音楽教室など楽器の演奏を教える教室から著作権料を徴収する方向で検討している」と発表しました。

その主張は、「音楽教室がJASRACの管理曲を演奏利用しているから著作権料(年間の受講料収入の2.5%)を払いなさい」 というものです。

JASRACが、徴収の根拠として挙げたのは、著作権法第22条です。

著作者は、その著作物を、公衆に直接見せ又は聞かせることを目的として(以下「公に」という。)上演し、又は演奏する権利を専有する。

今まで徴収されてこなかった著作権料を突然支払わされることになった音楽教室は当然反対します。ヤマハなど7企業・団体は、翌日の2月3日には、「音楽教育を守る会」を結成しました。

音楽教室側の主張はこうです。

「演奏権が及ぶのは公衆に聞かせるための演奏であり、音楽教室での練習や指導のための演奏は該当しない。文化の発展に寄与するという著作権法の目的にも合致しない。」

つまり、この問題の論点は、「音楽教室での演奏は公衆に聞かせるための演奏」なのか?という点になるわけですね。

話し合いで解決できればいいのですが、JASRACと音楽教室側の主張が完全に対立していますから、この先もお互いに方針に変化がなければ、裁判で争う可能性が高そうです。

3. 園のお遊戯や音楽の時間も徴収対象になるの?

幼稚園や保育園、学校での著作権料について、心配になる人もいるかもしれませんね。

JASRACのホームページには、そんな幼稚園や保育園、学校での利用に関する疑問への答えが書かれています。

学校などの教育機関であっても、音楽をご利用になる場合、著作権の手続きが必要となるケースがあります。

文化祭・学園祭などで演奏会(コンサート、音楽発表会)や演劇、お笑いライブなどを主催する場合、有料であれば手続きが必要になります。

また、無料であっても、プロのミュージシャンや劇団、タレントなどを招いて出演者に報酬を支払う場合は、手続きが必要になります。

出典:一般社団法人 日本音楽著作権協会 | お手続きが不要となる場合

つまり、幼稚園や保育園、学校での利用の場合・・・

営利目的ではない
入場料をとらない
出演者へ報酬の支払いがない

以上の場合は、著作権料の支払いを心配しなくて大丈夫と書かれているのです。

まとめ

JASRAC問題は、“音楽教室での楽曲利用”が“公衆に聴かせる為の演奏かどうか?”という点が問題になっているようですね。

公衆に聴かせる為であっても、学校などの教育機関であれば、営利目的でなければ著作権料の徴収がされないことも分かりました。

学校や幼稚園・保育園ならOKで音楽教室はNGなのは、なんだか違和感ですが、この件についてJASRACの浅石理事長は、「音楽教室は学校ではない。『学校法人』になれば徴収しない」としています。

[ad] 足元からボトル交換可能なウォーターサーバー

[ad] 上野動物園チケットをお得に!WEB購入なら600円→500円

▼こちらの記事もおすすめ
【おうちでリトミック#1】0~2歳のリズム遊び|子ある日和
子育てにオススメしたい音楽~親子で聞く初めてのクラッシック♫|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします