学びに大切なのはしっかり〇〇する力。幼少期に必要なものとは?

子供

子どもには、しっかりとした学力を身に付けて成長して欲しいと考えているご家庭が多いと思います。

そのためにも、乳幼児期のうちから、遊ぶことよりも、幼児教室や様々な習い事をさせる方が大切だと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、それらの活動も、乳幼児期だからこそ、体験させてあげられる大切な役割も持っています。

けれども、一番大切なのは、しっかり遊ぶ力を付けさせることだということが分かってきています。

経済協力開発機構でも注目されている

経済協力開発機構(OECD)とは、ヨーロッパや北米等の国々によって、国際経済全般について協議する国際機関のことです。2017年3月に「乳幼児期の学びこそ重大事」が刊行されました。

その中で、子どもが毎日集団で同年代の子ども達と共に学ぶことが大事だと書かれています。具体的には、幼児教育を1~2年受けた子どもより、2~3年受けた子どもの方が能力が高くなっているそうです。

ん?「遊び」じゃなくて「幼児教育」と書いてありますね、「なんだやっぱり勉強させた方がいいのか、、」と思われるかもしれませんが「幼児教育」がどんなことを指しているのか、ちょっと先まで読んでみてくださいね。

では、幼児期の「学び」「教育」とは一体何なのか、ご紹介します。

幼児期の学びとは?

「幼児教育」や「幼児の学び」と言われると、小学校で習う勉強を幼児期からすることだと思われるかもしれませんが、それらを指しているのではありません。

幼児期にふさわしい、遊びを中心とした幼児教育のことです。

幼稚園や保育園で同年代の子ども達と一緒に、しっかり遊ぶ力を付けることが大切なのです。

まずは、3歳までに基本的な生活習慣を身に付けることがポイントになるそうです。

保育園、幼稚園、各家庭でキッチリとした生活習慣を身に付けた上で、5歳くらいまでの遊びの中で自分で目標を持って行動したり考えたりして、行動主体だと感じられることができるかどうかがポイントになってきます。

自分でできるようになりたい」、「もっと知りたい」、と感じて、どうすれば良いかを考える場面こそが、幼児期の大切な学びなのです。

家庭でできることは?

親が絵本の読み聞かせをしたり、数を一緒に数えたりするような、子供の好奇心を刺激するような遊びを取り入れると、小学校入学に向けて、学びに向かっていく力が高まります。

年長さんくらいになってくると、自分で字が読めるようになってくるお子さんも増えてきますが、自分で読むのと、親に読んでもらうのとでは、全く違ってきます。

子どもが求め続ける限り、読んであげることで心も満たされていきます。

お散歩の途中にある階段が何段あるか一緒に数えながら歩く、湯船に浸かりながらあと●●数えるよと誘ってみる、おやつの分配はいつも数えてあげる、、などもオススメです。

乳幼児期の周りの人達とのかかわり、学びが社会人になってからも心身の健康や年収だけでなく、幸福度にも影響していくことが実証的に明らかになってきています。

子ども同士でしっかり遊び、協力して何かを成し遂げる経験を沢山積むことができるようにしてあげることが、学習習慣や学習態度に良い影響を与えるということを頭の片隅に置きながら子育てできると良いですね。

▼こちらの記事もおすすめ
おススメの知育玩具 「子供が飽きずにずっと遊んでいます」 – 3歳児から図形が学べる「ピタゴラス算数」|子ある日和
お子さんが数学が得意になるために、早期にできること|子ある日和

ad:2・3・4・6歳から始める幼児のためのZ会【お試し教材無料プレゼント!】

おすすめの書籍

子供の脳は5歳までに準備しなさい

子供の脳は5歳までに準備しなさい 三五館 |¥1,404 (Amazon)

※「Amazonランキング大賞2017上半期 本」上位20位商品。 

関連ワード:,

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします