添加物に注意!こだわりママが選ぶ「無添加」ポテトチップス

chips0

子供を育てていると、前よりも食べるものにこだわりはじめる人が多いです。全てをオーガニックにする、原材料にこだわりはじめる人もいますが、それだとかなり出費が多いです。そうでなくても、産地はどこか、何が使われているのか裏面の表示まで見て購入するママはきっと多いのではないでしょうか。

そして、そんなママの間で言われているのが、お菓子について。特に、子供が大好きなポテトチップスですが、そこには添加物が多く含まれているそうです。それを避けるにはどうすればいいのでしょうか。

ポテトチップスの「添加物」の問題

chips1

市販のポテトチップスには、多くの食品添加物が含まれていると言われています。子供が大好きなポテトチップス。塩分が多い、カロリーが高いので食べ過ぎには気をつけたいものです。でも、ママも経験がありますが、ポテトチップスはおいしすぎてとまらないことも……。
そして、食べ過ぎの点だけでなく、「添加物」も問題で、意識高い系のママで「ポテトチップスは全くあげない」という人もいます。
ただ、そうなると子供がおともだちの家に行った時に、ポテトチップスをがつがつ食べたりする問題も……。ポテトチップスでうまくクリアできる商品ってあるんでしょうか。

ポテトチップスの「添加物」は子供にあげて安全?キケン?

ポテトチップスに含まれる食品添加物にはどういった影響があるでしょうか。調べてみました。

L-グルタミン酸ナトリウム

うまみ成分で、ナトリウム塩として配合されています。塩と同じナトリウムですが塩辛くないので余計に食べてしまう危険性があり、塩分の摂取量が多くなります。高血圧、心臓病になるほか、腎臓の機能の悪化になったり、果てには腎障害になることもあります。

乳化剤

グリセリン脂肪酸エステルは肝臓肥大、腎臓石灰化を促進させることもあります。

pH調整剤

食品の腐敗を防ぎます。そこまで大きな影響はないとされています。 

ポテトチップスを食べるとすぐに病気になるといった大きな危険性はありません。ただ、食べ過ぎると中毒症状に注意が必要です。調味料のアミノ酸は、食べはじめると、もっと食べたくなるようになります。よくある事例として、ポテトチップスは1袋あけると、最初は多いと思うものの、あっという間に1袋食べきってしまったりします。そんな経験を持つ人もいますよね?食品添加物のL-グルタミン酸Naは、それ自体には害はないとされていますが、味覚がそれで慣れてしまうと薄味の食事を受け付けなくなったりします。

また、香料は総称して「香料」と表記されてしまうため、何なのかわからないといったこともありえます。

ポテトチップスを化学調味料無添加で!

深川油脂工業 化学調味料無添加ポテトチップス

化学調味料の危険性を聞いて、輸入食材店で見つけた化学調味料無添加の商品を買ってみました。深川油脂工業が発売している商品で、例えば、ポップコーンは「化学調味料・保存料は一切使用しておりません。」の表記。ポテトチップスも「化学調味料無添加」とあります。
食べてみましたが、ポテトチップスは薄味。化学調味料が入っていないからといって、おいしくないとは感じず普通に食べられます。

どんな商品がある?

①深川油脂工業 化学調味料無添加ポテトチップスうす塩味 

深川油脂工業 化学調味料無添加ポテトチップスうす塩味 60g×12袋
出典:Amazon
化学調味料無添加のポテトチップスです。輸入食材店で購入し、1袋あたりは150円ほどでした。ただ、Amazonを見てみると12袋入り1250円で売っているのも見ました。配送料もかかりますが、近くで売っていないのならインターネットで買うことも検討してみてください。じゃがいもも、国産で遺伝子組み換えではない商品を使っていて、そのほか、植物油脂に食塩だけの原材料という潔さ。
このポテトチップス、化学調味料不使用なので、こだわりママとのママ友会にも持っていくことができます。これなら普通のポテトチップスを食べないママにも食べてもらえそうですね。

②化学調味料無添加ポップコーンうす塩味

    
深川油脂工業 化学調味料無添加ポップコーンうす塩味 65g×12袋
出典:Amazon
化学調味料無添加のポップコーンもあります。とうもろこし油を使っているポップコーンは、国内産のこめ油100%。それにオホーツクの焼塩を加えて作ってあります。
ポテトチップスだけでなくポップコーンもありますよ。

③くまちゃんのビッグポップコーンうす塩味

 
深川油脂工業 くまちゃんのビッグポップコーンうす塩味 130g×12袋
出典:Amazon
パーティーなどで食べるのなら、130g入りの大袋入りの「Big」ポップコーンもおすすめです。パッケージのKUMACHANがとてもキュートで、こちらも原材料はごくシンプル。遺伝子組み換えでないとうもろこし、植物油脂、食塩の3つでした。
130g入りをケース買いはなかなかの挑戦ですが、近くのお店に売っていたら買ってみるのもいいかもしれませんね。

④ポテトチップス函館編 ほたてバター味

7
出典:Amazon
ポテトチップスにはこんなほたてバター味があります。化学調味料不使用の深川油脂工業の製品ですが、ただ、こちらは香料、調味料、カラメル色素などが入っています。原材料の欄をよく見て購入を!

シンプルなパッケージに「化学調味料不要」の文字。深川油脂工業の製品は、材料にこだわるママにもぴったりの内容です。ポテトチップスを禁止するわけじゃなく、食べたい時に食べさせることもできるのがいいですね。値段も1袋あたり150円程度。

おやつの選択肢の一つとして考えてみましょう!

▼参考サイト

厚生省行政情報-食品添加物リスト-添加物使用基準リスト

ポテトチップスに含まれる食品添加物一覧 | 添加物の危険性

関連ワード: