ビルケンシュトックに子供用が!親子コーデもビーチもこれ1つで

ビルケンシュトック

出典:http://zozo.jp/shop/birkenstock/goods/826012/?did=5591021

大人の人は1足は持っていると言われる「ビルケンシュトック」。もはや夏の定番ですよね。コンビニに行く時のちょっとしたサンダルとして活用している人も多く、最近では冬に靴下と合わせてコーディネートしている女性も見かけます。

このビルケンシュトック、子供用もあります。定番でしかも「履きやすい」と定評のあるサンダル。夏はもちろん1年中活躍させることだって可能かも?親子のお揃いとしても取り入れられるサンダルとは……?

ビルケンシュトックとは?

ドイツの靴メーカー、ビルケンシュトック。サンダルで有名です。足の形に沿って作られたコルク製のサンダルは男女問わず人気で、セレクトショップなどでも多く販売されてきました。デパートではビルケンシュトックのオンリーショップも展開されていることもあります。

ワンマイルウェアとして、近くのコンビニに行く時、庭に出る時などにも履ける気軽なサンダルとして持っている大人もいるはずです。

2本の太いゴムベルトがアクセントになっている「アリゾナ」をはじめ、2本のベルトに足首入れもついた「ミラノ」、ころんとした素材で足指も包む個性的な「ボストン」、靴のような「モンタナ」も出ていて、最近ではビーチサンダルとしても履ける足底がゴムのEVAのシリーズも大人気です。

最近では本田翼さんともコラボ!若い女性からの支持も集めています。

ビルケンシュトックEVAは?

ビルケンシュトックEVA

出典:http://zozo.jp/shop/birkenstock/goods/7174039/?did=20532334

これは、アリゾナ、EVA。海辺、プールでも履ける素材です。人気のアリゾナのモデルをEVA素材にしているので定番コーデとしても履くことができて、価格も4860円。写真のブラックのほか、ホワイト、カーキ、ネイビー、ブルー、レッドがあります。
スキューバイエロー、スキューバコーラル、スキューバブルー、メタリックシルバーなど鮮やかな色もありますよ。

ビルケンシュトックを家族でコーデ

キッズモデルとして登場しているのは、ビルケンシュトックの「RIO」。価格は3564円です。足首もホールドできるタイプのサンダルは、人気のEVA素材。ビーチサンダルのようにして履けるので、夏休みの海、山、プールなどにも活用できそう。そして、親子コーデだってできそうです。
サイズ展開は広く、15センチ同様の「24」から22センチ同様の「34」まで。24は15センチ、25は16センチ、26は16.5センチなので、兄弟コーデ、姉妹コーデもできます。
カラーバリエーションはピンク、カーキ、ネイビー、ブルー、イエロー、オレンジ、シルバーの7色。キュートにピンクやブルー、イエロー、オレンジを買うのもいいですし、落ち着いた色がいいならカーキやネイビーも。

ビルケンシュトック、ZOZOTOWNのお店で見つけ、税込3564円。ZOZOTOWNでは下取りで割引ができる「買い替え割」などを実施しているため、お得に買うことができそうです。また、「新規会員登録で1000円割引き」も行っていました。

どんな商品がある?

① RIO(リオ)EVA|税込3564円

ビルケンシュトック

出典:http://zozo.jp/shop/birkenstock/goods/10008115/?did=34132204

女の子は全員好きなピンク。キッズサンダルでも「ピンクがいい」と指名買いのことも多いのではないでしょうか。15センチから揃っているので、小さい子が足入れするととてもキュートに見えそうなサンダル。ベルトで甲と足首部分がサイズ調整できる点が「さすがビルケンシュトック」と思います。甲の高さなどに合わせて微調整すれば、裸足でも安心ですね。
子供用はサンダルでもきちんと足首をホールドしている点などが、よく考えられていると思います。

② RIO(リオ)EVA|税込3564円

ビルケンシュトック

出典:http://zozo.jp/shop/birkenstock/goods/10008115/?did=34132204

ここから先は、同じシリーズで色違いを紹介していきます。ピンク色とはがらっと印象が変わるのが「カーキ」。同系色のベルト通し部分の色になって、一気にコンサバっぽくなっています。黒系のファッションに合わせるのにおすすめの1色で、大人っぽいコーデをしたい小学生の子にもおすすめ色。
女の子も男の子も大人っぽくなってくると、シックなモノトーンファッションを好む子、ブラックコーデを好む子が多いといいます。そうなるとこういった1色を。親子コーデサンダルとしても、ママやパパが既に黒を持っていると、こういった色を取り入れるのがよさそうですね。

③ RIO(リオ)EVA|税込3564円

ビルケンシュトック

出典:http://zozo.jp/shop/birkenstock/goods/10008115/?did=34132204

こちらはネイビー。ネイビーもブラックのように定番アイテムとしてファッションのコーディネートさせやすい1色です。ベルト通しの色が黒で目立たないようになっています。男の子色として紹介されていますが、女の子もブルーを定番色として履いてみるのもおすすめ。これにポロワンピースなど合わせるとお嬢さんっぽく過ごせそう。
サイズも15センチから22センチまでの展開なので、大きな子も履くことができるのがメリットです。兄弟コーデとしてもよさそうです。

④ RIO(リオ)EVA|税込3564円

ビルケンシュトック

出典:http://zozo.jp/shop/birkenstock/goods/10008115/?did=34132204

これはブルー。元気いっぱいな男の子に履いてほしいですね。例えば、兄弟でもお兄ちゃんはネイビーで、弟はブルーにしたりする色違いも叶います。

⑤ RIO(リオ)EVA|税込3564円

ビルケンシュトック

出典:http://zozo.jp/shop/birkenstock/goods/10008115/?did=34132204

イエローの色は、ポップな印象。この色こそオソロコーデが「はっきりわかる色」。ビルケンシュトックイチオシのスキューバイエロー色がとてもよく似ています(ただし全く同じ色ではないので要確認を!)。
ママも同じRIOのモデルがあるので、RIO同士、子供はこれ、親はRIOの大人サイズを2足買いしてしまうのもいいですし、マドリッド、ギゼ、アリゾナとモデル違いで買ってお揃いにすることもできます。

⑥ RIO(リオ)EVA|税込3564円

ビルケンシュトック

出典:http://zozo.jp/shop/birkenstock/goods/10008115/?did=34132204

これはオレンジ。親子コーデでお揃いにするなら、スキューバコーラルの色みがおすすめ。スキューバイエローにしてオレンジ系カラーで揃えることもできます。
こういったポップな色だとベルト通しの色は白にして、ポップさを追求しているあたりファッション性が高いです。

⑦ RIO(リオ)EVA|税込3564円

ビルケンシュトック

出典:http://zozo.jp/shop/birkenstock/goods/10008115/?did=34132204

シルバーはメタリック感もある色。ベルト通しはシルバーの同系色が使われています。コルク底のサンダル、キッズのRIOでも人気色のシルバーがそのままビーチサンダルになった雰囲気です。

ビルケンシュトックのRIOシリーズを見ると、選ぶ色でも印象が全然違うことがわかります。どんなカラーを選んで、どんなコーディネートをする?親子コーディネート?それともアウトドア用?

休み中のおでかけ用サンダルとしてはもちろんですが、この靴と一緒にどこに出かけようかと旅行の計画を立てたくなりそうです。

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします