子ども入りの年賀状は印象が悪い?写真つきの年賀状を送るコツ

年賀状
赤ちゃんが産まれたら、年賀状に家族写真を載せたいと考えている人も多いはずです。ただ、これには危険もあります。

子ども入りの年賀状を受け取るのが苦痛と感じる場合もあるからです。

今回は、悪い印象を避けるコツを紹介します。是非参考にしてみてくださいね。

子ども入りの年賀状を送るのを控える場合

赤ちゃん

子ども入りの写真を年賀状にするのは、一昔では当たり前でした。ただ、同じ年齢の友人であっても、子どもの写真を使わない方がいい場合があります。

例えば、既婚者で流産をした場合。赤ちゃんの写真があると辛い経験を思い出してしまうケースがあります。また、独身の女性だと結婚したいと焦っている場合や、妊娠できる年齢を気にしている場合もあります。そんな時に相手の気持ちを考えずに赤ちゃんの写真を送ってしまうと、友情にヒビが入ってしまう場合があります。

普段から定期的に会っているかどうか

友達

子どもの写真入りの年賀状を送ってもいいかどうかのボーダーラインとしては、相手との親密度合いにもよるでしょう。

普段から、定期的に会っていて、赤ちゃんが産まれてから会ったことのある相手、子どもも相手を知っている場合や相手も子どもと一緒に遊んでくれたりするのなら、年賀状に子どもの写真があっても構わないと考えるのが一般的です。

ただ、子どもには会ったことがない場合や、昔の知り合いで、最近は会わずにいて年賀状だけのやりとりの場合は、相手は子ども抜きでおつきあいをしたいと考えている場合もあります。

既婚であっても不妊で悩んでいる場合もありますから、会わずにいる期間が長いのなら避けておいた方がいいかもしれません。

2パターン用意するのが無難

年賀状

子どもの写真入りの年賀状を送りたい場合は、主流は2パターン用意するのが一般的です。子ども入りの写真つきの年賀状のほか、独身の友人、最近は会っていない人には違うものを用意します。

手間だと感じるかもしれませんが、年賀はがきをインターネット注文して代理発送までしてくれるサービスがあります。

キャラクターや、かわいい干支が描かれているもの、シンプルデザイン、かわいい系デザインなど、年賀状のデザインが豊富です。

1枚から注文でき、パソコンで相手の住所、自分の住所、メッセージを入力することができるので、1~2名を特別にこちらでオーダーして、他の人は自宅で印刷するのも手間ではありません。

上手にウェブサービスを利用して配慮することで、相手も傷つけない工夫をすることができます。

赤ちゃん、子どもの写真入りの年賀状は「かわいい」と思う人が多いものの、相手の心情はわからないもの。配慮して年賀状を送ることができると、親の株が上がるかもしれません。

▼こちらの記事もおすすめ
みんなどうするの?年賀状に子供の写真、載せる派?載せない派?|子ある日和
 
[Ad]
FUJIFILMネットプリントサービス(フジフイルムネットプリントサービス)


この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします