ママにはリフレッシュも必要!子連れママ会に「意外と使える場所」とは?

ママ会ランチ

ママ稼業は1年365日フル稼働で、当たり前のように思われがちですが、たまにはリママだってフレッシュしないと笑顔でいられません。

ママが笑顔で家の中を切り盛りしているから、家族も気分良く過ごせるんです。

そこで、ママがリフレッシュするためのママ会、いつ、どこで、どんなふうに開催するのか、ケースごとに調べてみました。

是非参考にしてみてくださいね。

時間はやっぱりランチタイムが望ましい?

カラオケで歌う子供

昔に比べれば、夜にママが出かけることに対するハードルは低くなりました。
とはいっても小さい子供がいるとなると、話はまた別。

家族(主にパパ)が協力的か、子供の面倒を見てくれる祖父母がいる、という状態でない限り、ママが一人で出かけるのは難しいし、子連れで夜に出かけるのもちょっと……

となると、やっぱりランチタイムが基本になりますよね

ランチタイムに子連れでOKの場所といえば、ファミレスが王道ですが、周りの目を気にせずにゆっくりしゃべりたいというならカラオケボックスもお勧めですよ。

ある程度防音対策がしてあるし、個室なので子供がはしゃいでも、それほど他のお客さんに迷惑をかけることがありません。

最近のカラオケボックスは食べ物も充実しているし、ドリンクバーなどがあるところも多いので、食べることに重点を置くママにも満足してもらえるでしょう。

気兼ねしないで楽しむなら、公共施設もあり

公共施設
それでも走り回る子供がいたり、カラオケボックスに抵抗のあるママは公共施設の集会所などを貸し切る、という方法はいかがでしょうか?

施設によっては和室などもあるので、子供が寝転んだり赤ちゃんのいるママは赤ちゃんを寝かしたりもできるので、下に乳児がいるというママがメンバーにいる場合には、かなりありがたい場所ではあります。

食べ物は「持ちより」ということになりますが、個人に負担のかからないように最初からケータリングを利用するとか、テイクアウト出来るものを用意して、費用を頭割りする方法がお互いに気を使わずにいられます。

難点は後片付け(ごみの処理など)がちょっと面倒なことくらいでしょうか。

おしゃれな雰囲気には欠けますが、くつろげる、コストも低めに抑えられる、という点からもお勧めしたい場所のひとつです。

それでもおしゃれに過ごしたいなら

キッズカフェ
確かにカラオケボックスや公共施設は気兼ねしないでいられるけど、やっぱりおしゃれな場所でおしゃべりしたい、というママにはキッズカフェでのランチ会はいかがでしょうか?

基本的に子連れのお客さんを想定した店なので、子供がいても白い目で見られることはないし、おもちゃや絵本も置いてある店も多いです。
さらにおしゃれな内装の店が多く、大人用のメニューはもちろんのこと、子供向けのメニューも充実しているので、安心してランチタイムを楽しめます。

ちょっとだけアルコールをたしなみたいママのためにグラスビールかグラスワインの1杯くらいなら、周りも大目に見てくれるでしょう。

いろいろな場所をご紹介してきましたが、ママ会のメンバーの状況(乳児がいる、夜の外出は厳しい)などに応じて、チョイスしてたまには、「女子」に戻ってリフレッシュできるといいですね。

ママは家庭の太陽です!

だからいつも笑顔でいるためにも、心の栄養補給が大切ですものね。
 
▼こちらの記事もおすすめ
【育児マンガ】出産後初めての夜飲み、帰宅してみると……|子ある日和
ママの夜飲み、パパの反応は?こうして出かけました|子ある日和
 

 

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします