3歳までの子どもたちへのお年玉。相場やあげるものは?

門松
12月に入ると、街は一気に師走モードへと加速します。
クリスマスの飾りつけも慌しく終わると、次は正月の飾りつけです。
年の瀬はいつもバタバタと過ぎてしまいます。

そんな中、楽しみなイベントもいくつかあります。
お正月と言えば、家族が勢ぞろいするときですよね?
親族一同集まると、子どもたちも遊び相手が増え、嬉しいことでしょう。
その反面、親たちは「お年玉」について頭を悩ませる時期でもあります。

今回は、「お年玉」について一番質問が多い「0~3歳の子どもへのお年玉」に焦点をあて考えてみたいと思います。

0~3歳の子どもにお年玉は必要?

お年玉
まず、0~3歳のお子さんにお年玉は必要だと思いますか?

0~3歳の子にお金を使えるはずもなく、またそのありがたみも分かりません。
本来であれば、お年玉は必要ないと考えるのが普通ではないでしょうか?

しかし、ここで問題が出るケースがいくつかあります。

・前回、お年玉を頂いている場合
・親族に赤ちゃんが生まれ、まだ出産祝いを渡していない場合
・3歳で幼稚園に入園する場合

上記の場合は、お年玉を用意したほうが無難でしょう。

前回頂いている場合は、頂いた金額と同様のお年玉を用意しましょう。

そして、親族に赤ちゃんが生まれて出産祝いを渡していないとき、また幼稚園の入園などが重なるときは、お祝いを兼ねて5000円程度のお年玉を渡すと良いかも知れません。

親族同士で取り決めを作る

お年玉
一番簡単なのが、親族同士で取り決めを作ることです。

例えば、
0~3歳なら:1000円。
3~5歳なら:2000円。
など、目安を決めると良いでしょう。

また、この場合、兄弟の人数によっても取り決めを作ることが大切です。
1人兄弟と3人兄弟では世帯に掛かる負担の金額も変わります。
相手が一人兄弟の場合は少し多めに渡すなどの工夫が必要となります。

プレゼントで代用する

プレゼント
それでもやはり、0~3歳の子にお金を渡すことに抵抗がある方は、プレゼントを用意すると良いでしょう。

0~3歳の子のお年玉の相場は1000円程度と言われていますので、相当のプレゼントとして、以下の物をあげると喜ばれるかもしれません。

・絵本
・簡単な玩具
・靴下などの衣服
・図書カード
・お菓子

まとめ

正月飾りとお年玉
以上のように、お年玉には相手との人間関係が関わってくると考えられます。
互いにお年玉を渡しあう関係であれば、用意が必要でしょう。

しかし、一番大切なのは「相手に喜ばれる」ことです。
先方のお母さん・お父さんだけでなく、お子さんにも喜んで貰えるプレゼントと言うのが一番無難でよい方法なのかもしれませんね。

▼こちらの記事もおすすめ

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード: