もしかしてダメなパパ?非イクメンに腹が立つママにおすすめする3つの心の持ち方

3130-0
イクメンという言葉を耳にするようになって、パパの育児参加はあたりまえのような風潮がありますね。

実際に育児に積極的なパパも多いことでしょう。

積極的とは言えなくても、オムツを1回でも交換してくれるなど、ちょっとでも参加してくれるパパはけっこういるのではないでしょうか。

けれども、本当にどこの家庭でも、パパは育児に参加されているのでしょうか?

パパの育児参加があたりまえのように言われているなか、
あれっ…?うちのパパは何もしてくれないのに…もしかして残念な夫?
って思われる方はいませんか?

ワーキングママであっても、専業ママであっても、本音はパパ育児を手伝ってもらいたいとどこかで思うはず。
私だってそうです。

なんでお風呂にいれてくれないんだろう?

なんでオムツ1つ換えてくれないんだろう?

保健師さんから「パパはどのくらい育児に参加していますか?」と聞かれたとき言葉に詰まりました。

つい「パパは帰りが遅いから…」と、かばってしまいました。

うちだけ、パパが育児に参加してくれていないと思われたくなかったのです。
こういう経験をされたママは私だけでないと思います。

育メンとは正反対の育児に不参加のパパ「非育メン」。

今回は、もしかしてダメなパパ?へのモヤモヤした気持ちを解消する方法をここで3つ紹介します。
是非参考にしてみてくださいね。

1.もしかしてダメなパパ?パパには期待しない

3130_1
非育メンパパに育児の期待をしないことです。
期待をすると、期待に応えてくれないときにどうしても腹が立ってしまいます。
あきらめるというわけではありませんよ。
あくまでも、自分でやるというスタンスでいることです。
パパがしてくれないということが大前提で段取りをしておくのがベストです。

2.ほかのパパと比べない

3130-2
やっぱり、よそのパパと比べるとキリがないですね。
こどもの保育園のお友だちのパパだったり、ママ友のお家のパパだったり、ついつい比べがちです。
お風呂はパパの役割りだとか、寝かしつけはパパがするとか…。
よそのパパとはお仕事も違うし、帰宅時間も違いますよね。
仮によそのパパより早く帰ってきていたとしても、比べちゃダメダメ。

3.ママは頑張りすぎない

3130-3
ほどほどに手を抜いてください。
育児を一人で頑張っているんですもん。
全部を完璧にこなすなんて至難の技です。

いかがでしょうか?

皆が皆、育メンパパではありません。
赤ちゃん期のときは、お世話もしてくれず「残念な夫だ」と思っていても、幼児期になるとこどものいい遊び相手に成長することもあります。

頑張りすぎず、イライラしすぎず、楽しく子育てができるといいですね。
 
▼こちらの記事もおすすめ
絶対言っちゃダメ!パパと子どもを傷つけるNGワード3選|子ある日和
 


関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします