子供の自転車デビュー、いつから?

自転車
子供が生まれたら、自転車を教えるのが夢!
そんな風に思われているお父さんも多いのではないでしょうか?
寝てばかりいた赤ちゃんがあんよを覚え、自分の足で走るようになり、いつの間にかあんなこともこんなこともできるようになった。
そんな子供の成長の1つの目標として「自転車」を挙げる方もいらっしゃることでしょう。
 
そこで今回は、「子供の自転車、いつから?」をテーマに自転車に乗り始める時期、また練習法などについて解説したいと思います。

自転車いつから?

子供に自転車を買い与え、練習を始める時期として4~5歳を挙げる方が多いとされています。
これは、小学生入学までには乗れるようにしてあげたい。と、考える親が多いことが要因だと考えられます。

一昔前までは、補助輪付きの自転車を購入し、その後補助なしへと移行するパターンが一般的でありましたが、昨今では、3歳くらいから乗ることのできる「ペダルなし自転車(ストライダーなど)」に人気があり、まずは「ペダルなし自転車」でバランス感覚を磨き、その後補助なし自転車へと転向する傾向があるともされています。

ペダルなし自転車とは、地面を蹴って自分の足で漕ぐ自転車。
ブレーキがついていないため、坂道などでは注意が必要ですが、自分の足で自転車を操ることができるため、小さなお子さんでも乗れる自転車として人気があります。

また補助輪付自転車から始めると補助輪を外した時にバランスが取れなくなり転んでしまうお子さんが多いことから、最初から補助なしで練習するケースも多いと言われています。

自転車貸し出しOKの交通公園を利用しよう!

いくら親が「子供に自転車を教えたい」と思っていても、子供自身がやる気にならなくては仕方がありません。
乗れないうちは楽しみが見いだせないため、すぐに泣きだし、自転車そのものを嫌ってしまうこともあるでしょう。
そのため、まずは子供の興味を引き出すために、たくさんの子供たちが自転車の練習をしている「交通公園」などに出向いてみることをおすすめします。
交通公園では、補助付き・補助なし自転車を“1時間100円”などでレンタルすることができます。また自転車に乗れる範囲が決まっているため、親の目が行き届き安心して練習することができるメリットがあります。
まずはここで自転車に乗せてみて、子供の反応を見てから、ゆっくりと練習を始めてあげるとよいでしょう。

またその他の交通公園のメリットとして、“交通ルールを学べる“ということがあります。
自転車にただ乗れるようになるのではなく、信号を待つ、横断歩道を渡る。なども練習できるため、小学生のお子さんにも人気がある施設となります。

まとめ

以上のように「子供の自転車、いつから?」について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?
子供は親が思っている以上に柔軟で、運動神経も良く、すぐに自転車に乗れてしまうこともあるでしょう。まずは最初のきっかけを大切にし、子供が自転車を嫌いにならないよう、興味を上手に仕向けてあげることが肝心です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします