【体験談】2018年夏の東山動植物園・ナイトZOOに行ってみた!

0822_3
ナイトプールをはじめとして、「ナイト〇〇」って最近流行っていますよね。
夏休み期間、夜の空港に泊まる体験や水族館に泊まる体験を、子供向けに開催している施設もあります。
2018年の夏は、猛暑日、酷暑日と呼ばれる40度を超える暑さで、夜に楽しむナイトプールやナイトズーがイベントとして人気でした。愛知県にある東山動植物園でも、夜に開催する「ナイトZOO(ナイトズー)」が開催。

私も子供と一緒にはじめてナイトZOOに参加してきました!

2018年東山動植物園のナイトZOOとは?持ち物は?混雑状況は?

0822_4
東山動植物園は愛知県にある大型動物園です。最寄駅は東山公園駅で、県外からも多くの人が集まります。
2018年は、8月10日、11日、12日、14日、15日、18日、19日のお盆期間にナイトZOOを開催。従来は9時~16時30分の開園ですが、ナイトZOO期間中は夜8時まで開園。料金は従来の動物園入園料と変わりません。

訪れた時にはリニューアルのためゴリラは見ることはできませんでした。また午後4時30分以降は植物園の門は閉まり、植物園は4時50分に閉園と通常とは違う対応がありました。私たちは、夕方の5時ごろに到着。未就学児、年長、年少の2人の子供と一緒に行きました。その時点では駐車場が臨時駐車場しか空いてなく、しかも待ち時間もありました。かなりの混雑です。

持ち物は、日焼け止めスプレー、蚊をよけるスプレーとリング。そしてお茶とジュースです。夕方から参加するものの、5時の段階ではまだ日差しも出ていると予想し、外を歩くので対策をして行きました。人によってはおにぎりなどを持参するのもおすすめです。私たちはどこか屋台で買って食べる気だったので食べるものは持っていきませんでした。計算としては、荷物を軽くして歩きやすくする!これも目的のひとつです。

ナイトZOOのみどころ①:夜のアニマルトークリレーに参加!

0822_7
ナイトZOO期間中は、飼育員からの説明を聞けるアニマルトークリレーを開催していました。ポコポッテイトのムテ吉のモデルになったラーテル、人気のコアラ、キャラクターとしても愛されているカピバラ、男の子に人気のザリガニなど、飼育員の人から専門的な知識を教えてもらえます。
17時30分からこの動物、その次は18時からこの動物、18時30分からは……とまるでフェス。飼育員の話を聞くために本園に絞って巡ります。人もぞろぞろ移動します。北園でも飼育員解説はありましたが、歩く距離が長いと子供も疲れてしまうと思ったので本園のみにしました。

アニマルトークリレーの参加者はとにかく多いです。ナイトZOOの人気の高さを感じました。日によって、ペンギンやアジアゾウ、オランウータン、ユキヒョウ、シマウマ、クマ、オオアリクイなど違う動物の解説を聞くことができます。

ナイトZOOのみどころ②:プロジェクションマッピング

0822_2
夜の動物園でしか見ることができないイベントがプロジェクションマッピング。ホッキョクグマの場所の壁面をいっぱいに使って動画を上映してくれます。恐竜のアニメが登場して、解説をしてくれて映画館のよう。子供も喜んでいました。
 
0822_1
プロジェクションマッピングでは、同じ内容を繰り返し上映してくれます。ホッキョクグマの壁面は、プロジェクションマッピング用ではなく、一部はでこぼこもあるので、斜めから見ると多少のがたつきもありましたが、きれいな映像にママも感動しました!月や星もきれいに見えて面白いです。
イルミネーションスポットもあり、写真を撮影すると雰囲気もあってSNS映えできそう!夜の動物園風景はナイトZOOならでは!ここでしか撮影できません。

ナイトZOOのみどころ③:屋台風食べ物も楽しめる

0822_6
園内には屋台風のトラックも出ていて、お祭り気分で楽しめます。焼きそば、たこ焼き、ぐるぐる巻いたウインナー、飛騨牛の串、かき氷に東山動物園ならではの動物の形のドーナツやピザもあって、どれにしようか迷います。
屋台風のトラックも、正門近く、ゾアシスウエスト近く、上池門広場近くと点在しているので、動物を見ながらどの食べ物にしようか迷うのも楽しいものです。
焼きそばやたこ焼き、ウインナーをいくつか買って、みんなでシェアしました。

ナイトZOOのみどころ④:涼しく巡れた!

0822_5
ナイトZOOのメリットは、暑い日中を避けて涼しい夕方から巡れた点です。2018年の夏は、猛暑日や酷暑日とも呼ばれ、昼間は40度を超えた日もありました。「命に係わる気温」、「無用な外出を控える」と天気予報で放送されていて、小さい子供と一緒だと外出することも控えている家庭が多い気がします。
夕方5時ごろから夜の8時ごろまで楽しんだのですが、夕方からだと暑さも和らぎ、歩いていても汗がそこまで出なかったので熱中症の心配がそこまでありませんでした。

 
 

まとめ

ナイトZOOに参加してみて、結論は「とっても楽しいし効率的!」
いつもとは違う時間に行くだけで夏休みの特別感も感じられて楽しかったです。ナイトZOOだからこそのライトアップ、プロジェクションマッピング、飼育員の解説なども面白く、親も子供も夏の思い出ができました。
涼しかったので、お昼の時間帯におでかけするよりも今年はよかったんじゃないかと思っています。
 

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします