ケンカもさせて経験値を上げる!ケンカをして学ぶコミュニケーション力とは?

ケンカしないとコミュ力不足に?

寝そべる男の子
実は、子どものケンカは大人になった時に発揮されます。
ケンカをしないで育った子どもはコミュ力不足になり、対人関係が希薄になるとか。
幼児が自分が気に入らないことをされた時に怒るのは当たり前です。
それを止めないようにします。
自分のおもちゃを取られた時、遊具で順番を抜かされた時、砂場で作っていた山を壊された時。
もちろん、相手のおもちゃが欲しくて怒るような利己的な怒りもありますが、怒っても当然という時に怒らないと、学校に進学した時にいじめられてもそのままになってしまいます。
また、大人になった時にコミュニケーション力に問題が出てくると言われます。
大切なのは、そのケンカの仕方です。

親は見守り、手が出るなら止める

赤ちゃんとママ
ケンカは人間関係を築くのにぴったりです。
自分が不本意なことを相手に伝えることで、どうすればいいか解決できるからです。
ただ、幼児だとそれが上手にできない場合があります。
「ダメだよ」「取っちゃイヤ!」などの口喧嘩なら、子ども同士にまかせて親は見守ってもいいくらいです。
ただ、相手のママがケンカ嫌いなようなら離れるのがいいかもしれません。
叩いたり噛んだりするようなら止めなくてはいけませんが、自分が嫌な状況に置かれた時にどうすればいいのか、考えるいいきっかけになります。
最初はどうするか観察をして、手が出そうなら止めるのが一番。
最近では過干渉の親、ヘリコプターママが増えてきていますが、子ども同士のことは「見守る」ことも大切です。

「はいどうぞ」ができるように

男の子と女の子
親はケンカのあとのフォローが大切で、「どうしたらいいと思う?」と子どもに考えさせます。
例えば、公園の遊具では相手も遊びたいだろうから順番で遊ぶようにしたり解決できる方法を一緒に考えます。
ケンカのあとは「ごめんね」や「はいどうぞ」と言えるかどうか。
ケンカ=自己主張できるかどうかだとすると、フォロー=ケンカの後の人間関係の構築、ケンカをした後も仲良く遊べるかどうかもとても大事です。
それで人間関係とは何かを理解していきます。
ケンカをすることで、コミュニケーション力を高めることができます。
親が出るのではなく見守って、”いいケンカ”ができるようになるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします