慣れない育児で手首が・・・!腱鞘炎を防止する方法、腱鞘炎の時の対象法とは?

手首
出産から休む間もなく赤ちゃんのお世話、しかも慣れないことも多いものです。
そんな中、「手首に違和感を感じる」「手首が痛い」と思うことはありませんか?
育児による腱鞘炎かもしれませんよ。

今回は、産後ママによく起きるトラブル「腱鞘炎」についてご紹介したいと思います。

腱鞘炎とは?

はてなマーク
手首の周囲で手首を動かすためにある腱鞘という部分が、何らかの原因で炎症を起こしている場合です。
手首を動かす度に痛みが出て、日常生活にも影響してきます。
対処法は動かさず安静にするのが一番です。

育児による腱鞘炎

育児による腱鞘炎
育児が始まるとなぜ腱鞘炎になってしまうのか。
ここでは育児によって腱鞘炎が発生する理由についてみていきましょう。

抱っこが主な原因

新生児の頃から赤ちゃんのお世話には抱っこが欠かせません。
授乳するにも入浴するにもしっかり抱いていなければなりません。
特に、首がすわるまでの間は「首をしっかり支えなきゃ!」と手首で頭を支えようとするため、つい手首に力が入ってしまうといった点も一つの原因となるでしょう。

また、日に日に体重は増加し、更には首が座り始める頃には縦抱きもするようになり、ママの手には更なる負担が・・・。
このようにママの手首には毎日負担が掛かっています。

育児と家事でも手首を酷使

赤ちゃんを抱っこする他にも、オムツを替えたりミルクを作ったり、洗い物も増えるので、今まで以上に家事も増えます。
そこでやはり手を使うことが多くなり、手首にも負担が掛かるのです。

腱鞘炎かな?と思ったら

悩むママ
では、腱鞘炎かも!と思ったらまずは何をするべきでしょうか?

早めに気付くこと

育児と家事の毎日の中で、「手首が凝っている」「手首がしびれる」「手首が痛い」という症状が出たら、腱鞘炎を疑ってください。
疲れているだけかもと放置していると、症状が悪化して激痛が走るようになります。
そうすると赤ちゃんのお世話にも影響します。

早めの受診を

育児での手首の痛みは腱鞘炎の可能性が高いので、早めに病院に行きましょう。
整形外科でレントゲンを撮るなどして塗り薬や貼り薬を処方してもらいましょう。
重症でなければ、週に数回、整骨院などで治療を受けるのも良いでしょう。

治療と再発防止

治療

毎日のケア

病院で薬をもらったら、症状に合わせて使用しましょう。
痛みを我慢していてはいずれ悪化した時に、かえって赤ちゃんのお世話に影響します。
また、毎日の赤ちゃんのお世話をする上で、手首にサポーターをしたりテーピングをするなどの対策は治癒を早めて、再発防止にもなります。

家族の協力と工夫

手首を酷使しやすいので、家事の分担などを含めて、家族の協力が得られるようにしましょう。
また、生活の中では、利き手だけを使わず、両手を使い分けることや、食事の際に手首の負担を減らすためにフォークやスプーンを使ってみましょう。

抱っこひもをフル活用しよう!

赤ちゃんの寝かしつけ、あやす時、どうしても長時間抱っこを余儀なくされますよね。
こんな時、抱っこひもを活用してはいかがでしょうか。
抱っこひもを使えば赤ちゃんの体重を手で支える必要がないのでママの手首には負担がかかりません。
また、抱っこひもを使えば両手が使えるので、寝かしつけをしながら、あやしながらちょっとした家事を済ませる事もできますね。

授乳のときは授乳クッションを活用しよう!

片手で赤ちゃんを支えながらの授乳・ミルクは意外と手首に大きな負担がかかります。
そんな時は授乳クッションを活用してみてはいかがでしょうか。
授乳クッションを使うと、赤ちゃんの頭を支える必要がなくなるので手首の負担を軽減することができますよ。

育児による腱鞘炎の痛みは、その後も影響します。
休まる間もない育児中はなかなか難しいかもしれませんが、早めに治療を始めて、生活の中でも手首に負担を掛けない工夫が大切です。
便利グッズの活用、家族の協力を得ながら、負担を減らして育児を頑張ってくださいね。

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします