迷子紐(ハーネス)メリットデメリットは?選ぶならリュックタイプ?リストバンドタイプ?

なかなかじっとしていない子どもを連れているときに便利な迷子紐、ハーネスとも呼ばれるこの「迷子紐」ですが、「ペットのようでかわいそう」などの意見もあり、賛否両論あります。

そこで今回は、迷子紐はどういうものか、そして、迷子紐のメリットとデメリットを知り、「迷子紐」の活用法と、最新の「迷子紐」についてご紹介したいと思います。

迷子紐(ハーネス)ってどんなもの?

迷子紐をつけた赤ちゃん

迷子紐は、『ハーネス』とも呼ばれますが、それだけ聞くとペット用品を思い浮かべる人もいるかもしれません。

一昔前のいわゆる「迷子紐」は、ただ子供に結び付けた紐をお母さんが手で持つような形状だったため、「犬のようだ」と時には非難されることもありました。

しかし、昨今の「ハーネス」は、デザイン性に富んでいるため、「犬」のイメージはほとんどなく、また他人の目にも受け入れられやすい形状となっています。

“あんよ”を覚えた子供は、なかなかお母さんと手をつなぎたがらない子も多く、自由にトコトコと歩きたがるもの。ハーネスを利用することで、子供の自由を奪うことなく安全にお散歩を楽しむことができるのは、親にとって何よりのメリットと言えるでしょう。

迷子紐が必要な理由

疑問に思う女性

ヨチヨチ歩きから一人でチョロチョロするようになった子どもと一緒の時には、大人がしっかりと手をつなぐのが常識です。その一番の理由は、子どもの安全のためです。

小さな子どもは時に素早い動きをして、ちょっと油断をすると一人で駆け出したりしてしまいます。また、買い物の支払いなどでママが手をつないでいられないこともあります。

「離れないでね。」と言い聞かせても、小さな子どもは自分の興味のあるものに魅かれて歩き出してしまったりします。

このような時に、紐でママや家族とつながっていると、遠くへ行くことはできません。

この迷子紐の使用については、賛否両論あります。

迷子紐に反対の理由は?

一見便利な迷子紐ですが、案外多くの人が、以下のように否定的な意見を持っています。

まるでペットの散歩のようで、子どもがかわいそうに見える。

しっかりと手をつないで放さなければ、大丈夫では?

子どもの行動に目を配って守るのが親として当然だから、紐を使って親がさぼっていると思う。

周りに大人の目があり、交通事情なども今とは違っていた頃に子育てをしていた比較的年配層からの意見や、ママ一人でも対応できる一人目育児中の家庭からの意見が多いようです。

迷子紐に賛成、活用している理由は?

反対意見に対して、迷子紐を否定しない、もしくは以下のように、現に活用しているといった人たちも多くいます。

子どもと手をつなぐことは前提で、万一のことを考えると、紐でつながっていれば安心。

2人や3人同時に連れて外出すると、とてもみんなの行動に対応できないことがあるので、飛び出す危険のある子どもに使うと、全員のためにもなる。

ベビーカーからおろして歩かせたい時に、ママはベビーカーも押すので、紐があれば、子どもが離れずにすむ。

雑踏の中で万一手が離れると危険だが、ずっと抱っこもできない時には、紐があると安心。

賛成の意見を持つ人は、2人以上の子どもと外出する機会が多かったり、実際に危ない経験をしたり、紐を使っていたことで、事なきを得たという経験をしていることも多いようです。

使うときに注意することは?

迷子紐は使い方次第ということのようですが、使う際のポイントはどんなことでしょうか?

安全のために使うのですから、迷子紐の見た目や値段で決めず、品質や使い勝手を確かめてから選ぶようにしましょう。また、迷子紐は万能ではないということを自覚しておきましょう。

子どもに紐をつないでさえいれば良いのではなく、手をつなぐ、行動を見守るということが重要と言えるようです。

迷子紐(ハーネス)にはどんなものがある?

リュックサックタイプ

よく目にするのがリュックサックタイプのハーネス。

ハーネスの紐がリュックサックから出ているため、子供が紐と直接つながれている感じがなく、見た目の印象が良いのが特徴。特にぬいぐるみタイプのものは、赤ちゃんの“お友達”のようで可愛らしいですね。

Sumnacon 迷子防止ひも リード付き リュックバッグ ぬいぐるみ 可愛いミツバチ 黄色い (ブルー羽)
出典:Amazon

Amazonで詳細/クチコミを見る

かわいいデザインのハーネス

Yimidear 迷子防止ひも リード付き 耳付き ハーネス (レッド)
出典:Amazon

可愛らしいデザインのハーネス(迷子防止ひも)です。荷物入れ部分はありません。

Amazonで詳細/クチコミを見る

手をつなぐリストバンドタイプ

リストバンドとリストバンドをバネ上の紐でつなげたハーネスです。

子供の手頸と親の手頸にそれぞれ装着して使用します。手をつないで歩いていても、突然親の手を振り払って目的物に突進してしまうのが子供。

リストバンドタイプのハーネスは、そういった子供の動きを制止するには、最適のアイテムだと言えるでしょう。

バネ状の紐の長さまでは子供の自由が利くため、子供もある程度は好きに歩き回れるのが利点です。

手をつなぐ感覚に近いうえ、子供が急に走り出しても安心できるのが特徴です。写真の青のほかに、オレンジもあります。赤ちゃんが痛くないように手首に当たる部分は柔らかい素材になっていて、通性にも配慮されてた素材です。

Oziral 迷子防止紐 セーフティーハーネス カット防止 2.5m 2色 (ブルー)
出典:Amazon

Amazonで詳細/クチコミを見る

ビーコンを使ったITタイプ

“迷子防止”に特化して作られたITタイプの迷子対策。

子供の腕に取り付けられるリストバンドや、キーホルダータイプなどいくつかの種類の無線機があり、無線機側を子供に持たせ、親から設定範囲以上離れた場合にアラートが鳴るという仕組みです。

設定範囲は機種によっても異なりますが、おおむね12~37m程度。荷物の紛失防止や、高齢者の徘徊対策としても開発が進んでいるジャンルです。

imacoco!search(イマココサーチ)

お子様にビーコンを装着してもらい、その情報をスマホに登録すると、10m~20mの範囲にいることを常に確認できます。

⇒詳しく見る

まとめ

育児においても様々な親子の事情、行動理由などがあります。

一番大切なのは、「子供の安全」です。賛否両論のあるハーネスではありますが、子供の危険を感じるようであれば、迷わず使用されることをお勧めします。

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします