赤ちゃんと入浴する時に気を付けることは?

入浴
生まれたばかりの赤ちゃんには、しばらくの間沐浴をしますね。
沐浴とはお湯などで体をきれいにすることです。
まだ抵抗力の弱い赤ちゃんは、大人と一緒の湯船に入浴できません。

少し大きくなったら、パパやママによる赤ちゃんのお風呂デビューです。
心配もありますが、しっかり準備して赤ちゃんをお風呂に入れましょう。

1.事前の準備が肝心

バスタオル
大人が2人で赤ちゃんの入浴のお世話ができればとても楽ですね。
1人が先に入浴して、もう1人が赤ちゃんの服を脱がせたり、今度はタオルを準備して湯上げをしたり。

でも、日々の生活においてはママが1人でお世話をすることも多いでしょう。
どんなことに気を付けると良いでしょうか?

まず、入浴時間です。
授乳直後や空腹時は避け、毎日ある程度同じ時間にした方が、時間の感覚のない赤ちゃんの生活リズムを作りやすいです。

そして、入浴前にしっかりと準備です。
脱衣室はもちろん、その後過ごす部屋も寒すぎたり暑くて汗が噴き出すようなことにならないように、空調に気を付けます。

赤ちゃんの湯上りの準備です。
タオルやおむつ、肌着はさっと使えるように広げておきましょう。

うっかりしがちなのが、ママの着替えです。
裸でうろうろすることがないように、バスローブやバスタオルを用意しておきましょう。

2.赤ちゃんの入浴のポイント

お風呂
まず、大人の感覚でお湯を準備しないことです。

お湯を張ったら、きちんと湯温計で適温か確認しましょう。
38~39℃くらいにします。
石鹸も赤ちゃん用のものが良いですし、固形のものを塗りつけたりしてはいけません。
泡で出てくるものだと手間が省けます。
手でやさしく洗っても良いですが、顔を洗ったり、途中でお湯が掛かって赤ちゃんがびっくりすることもあるので、ガーゼがあると良いです。

ベビーバスよりもお湯につかる時間が長くはなると思いますが、全体に手早く入浴を終えます。
あまり長い入浴は赤ちゃんが疲れてしまいます。

3.浴室内での注意点

注意!
まだ1人で湯船に浸かっていられない赤ちゃんとの入浴は大変です。
ママも体や髪を洗わなければなりません。

浮袋のような入浴グッズがありますが、思わぬ事故が起きるかもしれません。
プール遊びと違い、ママが洗髪や洗顔で目を離すからです。

また、半分占めた風呂蓋に赤ちゃんを寝かせるのも危険です。
お湯の出る蛇口などは管が熱くなっていることがあるので、赤ちゃんが触らないように気を付けましょう。

4.どっちが先?

バスローブ姿の女性
ママも体や髪を洗い、赤ちゃんを安全に入浴させるというのは、なかなか大変ですね。
どうしても手や視線が離れてしまいます。
どうせ手が離れるなら、赤ちゃんは浴室の外で待ってもらいましょう。

温かくした脱衣スペースで赤ちゃんの脱衣をします。
肌着とおむつだけにするかタオルでくるんでおきます。
ベビーラックなどに寝かせると良いです。

そして、ママが脱衣をして1人で浴室に入り、体や髪、顔を洗います。
ベビーラックなどを使っていれば、赤ちゃんが泣いても危なくはないですね。
そして入浴後は赤ちゃんをタオルでくるんでベビーラックに置き、ママはバスローブなどを羽織ってから引き続き着替えをさせます。

このように、赤ちゃんを1人で入浴させるのは大変ですが、工夫次第で、大慌てせずにスムーズに行うことができます。

しばらくはバタバタしたバスタイムになるでしょうが、危険なことがないように、湯冷めをしないように、バスルームや脱衣スペース、バスグッズの見直しと工夫をしてみましょう。

▼こちらの記事もおすすめ
寒い冬!赤ちゃんとスムーズにお風呂に入る方法は!?
ポイントが分かれば大丈夫! 月齢別赤ちゃんのお風呂の入れ方
ベビーソープはいつまで?着色料、香料、保存料が無添加の方が良いの?

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします