【生後5ヶ月の赤ちゃん】遊び方は?離乳食はどうする?授乳回数は?成長目安&お世話のポイント!

生後5か月の赤ちゃん
赤ちゃんも生後5ヵ月を過ぎると、首もがしっかり据わって寝返りを始めたり、手足の動きも活発になるので随分としっかりした印象になります。

体重や身長もグンと増えて、体つきもしっかりしてきますね。

今回は、生後5ヵ月頃の赤ちゃんの成長についてみていきたいと思います。

生後5か月の赤ちゃんの大きさは?

メジャー
生後5か月の赤ちゃんの身長と体重の目安は、以下の通りになります。

男の子: 身長61.9-70.4センチ 体重6.10-9.20キログラム
女の子: 身長60.1-68.7センチ 体重5.74-8.67キログラム

※参照※厚生労働省 乳幼児身体発育調査(pdf)

手足や体の動きがとても活発になり、中には寝返りを始める赤ちゃんもいます。

こうした活動量が増えるため、今までよりもしっかりとした、そして少しスッキリした体型になってきます。

生後5ヵ月頃には、体重や身長といった発育面の個人差が大きくなってきます。

他の赤ちゃんと比べて、我が子が大きめだったり小さめだったり、気になることも出てくるかもしれませんが、元気に過ごしているようなら、あまり神経質にならないようにしましょう。

生後5ヶ月の赤ちゃん 授乳の間隔や量、回数

赤ちゃんにミルクを上げるお母さん
この時期には、授乳の量や間隔が定まってきます。

もちろん、個人差があるので一概には言えませんが、ミルクなら4時間を目安に間隔を空けて飲ませてあげると、1日の生活リズムが整います。

1回のミルクの目安量は大体200~220mlです。

母乳の赤ちゃんの場合は、お腹が空いた時だけでなく、甘えや眠い時などに欲しがることもあります。

おっぱいは赤ちゃんの精神安定剤でもあるので、泣いて欲しがる時はその都度吸わせてあげて下さい。

ミルクの場合は、飲ませすぎは肥満の原因にも繋がるので、泣くたびに与えるのは良くありません。おしゃぶりや抱っこをしてあげることで、気を紛らわせてあげましょう。

生後5ヶ月の赤ちゃん 睡眠時間は?

赤ちゃん
生後5ヵ月頃の赤ちゃんの睡眠時間はおよそ15時間程度で、日中に起きている時間が多くなり、夜にまとまった睡眠を取れるようになります。

この時期からお母さんも夜に自分の時間が持てるようになり、睡眠時間もある程度確保出来るので、身体的にも精神的にもストレスがグっと減ってくるはずです。

赤ちゃんの1日の生活リズムも出来てくるので、朝は早めにカーテンを開けるなどして起こしてあげ、日中もお散歩やお買い物など、1日に1回でも良いので、お出かけをして太陽の日を浴びさせてあげましょう。

そうすることで夜もぐっすり眠ることが出来、赤ちゃんの発育を促します。

生後5ヵ月頃の発達

赤ちゃんの手先の発達
生後5ヵ月頃になると、体を自由に転がせるようになり、動きの範囲も大きく広がります。赤ちゃんは日々成長していき、この頃には体全体の動きや手先の動きも活発になります。

個人差は大きいものの、寝返りをし始める時期です。急に寝返りができるようになって、ソファーから落ちるなどの危険性も高まりますので、「まだできないだろう」と思わないことです。

仰向けばかりの時とは違い、赤ちゃんの目線が変わるので長い時間1人遊びが出来るようになります。

また、この頃から物を識別する力が付き、好奇心や探究心も増してきます。公園など、外の自然に触れさせたり、児童館などで他の赤ちゃんと触れ合いを持たせると、赤ちゃんの良い刺激になります。

赤ちゃんの寝返りの動きに合わせて遊べるおもちゃなども用意してあげると良いでしょう。

生後5ヶ月は 離乳食の始め時

幼児の食事、離乳食

生後5ヵ月と言えば、そろそろ離乳食を開始しても良い時期です。

首や腰が据わり、母乳やミルクをしっかり飲んで、体重が順調に増えていること、授乳や生活のリズムがきちんと整ってきていることが確認できたら、離乳食を開始しましょう。

最初はスプーンを口に入れると吐き出してしまったり、スプーンで遊んでしまうかもしれませんが、徐々に慣れてくるので焦らずゆっくり進めましょう。

最初は1日1回、10倍粥から始めて下さい。その後は、月齢に合わせた回数、内容にしましょう。

離乳食は、育児中の悩みの中でもトップに入る程、なかなか簡単には進みません。焦らなくても、授乳量が減ってくればお腹が空くため、必ず食べるようになります。焦らず、赤ちゃんのペースに合わせてのんびり進めることが大切です。

生後5ヶ月の赤ちゃん 生活面での注意点

うつ伏せで眠る赤ちゃん
この時期の赤ちゃんの動きは活発です。

特に寝返りをするようになると、目を話した隙にうつぶせの状態になっていることもしばしばです。自分でまた仰向けになれるようになればある程度は安心ですが、うつぶせのままだと窒息してしまう危険性もあります。赤ちゃんから目を離さないように、十分気を付けて下さい。

生後5ヵ月を過ぎると、表情も豊かになり声もたくさん出てきます。こちらの言うことへの反応も良くなるので、赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しめますね。手遊びをしてあげたり、声をかけながら絵本を読んであげたり、赤ちゃんにたくさん刺激を与えてあげて下さい。

また、これも育児の心配のひとつである、夜泣きが始まる時期です。これは個人差が大きく、ほとんど夜泣きしない赤ちゃんもいれば、毎日激しい夜泣きをする赤ちゃんもいます。毎晩付き合う親は本当に大変ですが、寝る前の時間に刺激を少なくしたり、泣き出したら少し外の空気に触れさせるなど、工夫をしてみましょう。それでも夜泣きが起きたりしますが、日中に起きて遊ぶ時間が長くなる1歳半から2歳ごろまでには落ち着くので、昼間に赤ちゃんと一緒に昼寝をするなどして乗り切るようにしましょう。

このように成長とともに手のかかること、心配なことも増えてきます。育児は大変でもあり、その分楽しみでもあります。ママ1人ではなく、パパや周囲の人で協力して育児に取り組みましょう。

いかがでしたでしょうか。
良かったら、参考にしてくださいね。

▼こちらの記事もおすすめ
「5ヶ月」の関連記事(新着順)|子ある日和

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします