Let’s 妊活!妊娠力を上げる食事は卵子の発育も考えたレシピを

赤ちゃんがそろそろ欲しいなと思ったとき、いろいろなことを考えますが、まずは体のメンテナンスを考えてみてはいかがでしょうか。

私たちの体は、食べたものでできています。

子宮や卵巣の細胞は、新陳代謝をしています。
その材料となるのが、毎日の食事です。
子宮や卵巣の状態をよくするには、食事を見直しましょう。今回は、妊活時期に、卵胞をしっかり育てる時期のおすすめメニューを紹介します。

卵子の発育をサポートする栄養素

卵子の発育をサポートしてくれる働きがある栄養素は、葉酸、納豆に多い葉酸や亜鉛などです。
葉酸はほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれていますが、豆類にも含まれています。

納豆納豆はイソフラボンの効果も期待できます。

また、亜鉛は、主に肉・魚類に含まれているので、しっかりお肉やお魚もとっていくことが大切です。
また、インスタント食品などの加工品を摂取すると亜鉛が失われてしまうので、注意しましょう。

今回は、牛豚の合いびき肉をつかいます

あいびき肉

生理開始から排卵までの、卵胞を育てる時期にオススメのメニューです。

◆納豆そぼろ丼

納豆丼

材料(2人分)
納豆2パック
合い挽き肉100g
たまねぎ1/4個
にんにく1かけ
醤油大さじ1
みりん大さじ1
ごま油適量
水菜適量
七味唐辛子お好みで、適量
ごはん適量
作り方
1 たまねぎ、にんにくはみじん切りにします
2 フライパンにごま油とにんにくを入れ、火にかけます
3 にんにくの香りが立ってきたらたまねぎを加えて炒め、次に合い挽き肉、納豆の順番で炒め合わせます
4 醤油とみりんを入れ、味を調えます
5 器にごはんを盛り、4をのせ、水菜を飾る。お好みで七味唐辛子をかけて出来上がり。

無理せず気楽に妊活レシピ

あまり気負わず、ちょっとした食事でもいいので手作りをすることで、妊活につながります。
インスタントを避けて亜鉛を上手に摂取していきましょう。

(Sazukaru主宰/(一社)母子栄養協会 妊産婦食 代表講師:長有里子先生)

コラム出典:Let’s 妊活!妊娠力を上げる食事は卵子の発育も考えたレシピを(一般社団法人 母子栄養協会公式サイト)


長有里子先生原稿提供:長有里子先生
Sazukaru主宰
「授かるごはん講座」として妊活のためのごはんをレクチャーしている。
(一社)母子栄養協会 妊産婦食 代表講師

自身の不妊経験をもとに、妊活、女性のホルモンバランスと栄養、妊娠期などの食事を研究。

【長先生の少人数制セミナー】

授かるごはん講座 by授かるレシピ
長(おさ)講師 開催の少人数制セミナーで、妊活や妊娠時の食事を学べます。
妊娠しやすい体になるための食生活を学ぶ① 【基本編】
妊活のための冷え性改善を目指す② 【カラダ温め編】
妊娠時の食生活を学ぶ③ 【知っておくべき妊婦食編】
妊娠時の食生活を学ぶ④ 【マタニティ不調編】


この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします