保育士さんの子育てアドバイス~『スプーンやフォーク、保育士さんならどうやって練習させる?』

保育士さんの子育てアドバイス
子どもがスプーンやフォークを持ち始めると、必ずといっていいほど同じ壁に突き当たります。スプーンやフォークの持ち方を教えるのは、意外と難しいものです。

長年、保育士をしている私が子どもにどんな風にスプーンやフォークの使い方を習得させているかをご説明しましょう。


幼児の食事、離乳食

『スプーンやフォーク、保育士さんならどうやって練習させる?』

1歳半の娘です。スプーンやフォークの使い方が悪く、よくこぼしてしまいます。まだ早いのでしょうか?

1歳半ですので、スプーンが早いというわけではありません。
しかし使い始めですと、使い方が悪いこともあるでしょう。
食べ物をこぼしてしまう姿はあまり良いものではありません。
思わずうるさく声をかけてしまいますよね。

使い方を知らせてあげるには、そっと手を添えてあげることです。
口でガミガミと言われても、子どもは聞いていませんし食事が嫌になる子どももいるでしょう。
イヤイヤ期のど真ん中にいれば、それだけで気分を害してしまい食事が進まなくなるでしょう。

 

スプーンやフォークを使うことに興味を示し始めたのですが、練習しようとしても嫌がりイライラしてスプーンを投げたりしてしまいます。練習はさせない方がいいのでしょうか?

スプーンやフォークの練習をすることで、食事もスムーズになるでしょう。
しかし、食事中に練習するのはよくありません。
食事をするという気持ちを阻害してしまい、ひどい子どもは食事をすることが嫌になってしまいます。
それでは本末転倒です。

練習をするのは食事の時ではなく、遊びの時でしましょう。
子どもは遊びの中で楽しみながら、練習をしていきます。
楽しみながらなので練習を練習と思うことなく、自然と身に付いていくのです。

まずはれんげとお皿を準備しましょう。
お箸の練習を思い浮かべてもらえればいいのですが、お皿の中にれんげにはいるものをいれもうひとつは何も入っていないお皿を用意します。
子どもがれんげでお皿からお皿に移すことを楽しむという遊びです。

スプーンなどに興味を持ち始めた子どもは、そんな単純な遊びでも意外と長時間楽しめるのです
そんな遊びはスプーンの練習に最適ですよ。

pixta_37478229_M 

スプーンやフォークの使い方が下手で、手づかみをしてしまいます。マナーを教えるためにしつけをしたいのですが、どんな風にしつけたらいいですか?

スプーンをうまく扱えない場合、手づかみをして食べたほうが簡単に口に入りますので子どもがそうするのも無理はないですよね。
しかし、手づかみをしてもいいものといけないものがありますね。

まずはスプーンでも簡単にすくえる形にカットしてあげるなど、食事に工夫をしてあげましょう。
その上でスプーンを使わない場面があるのであれば、そっと手を添えて使い方を伝えてあげましょう。

子どもがスプーンやフォークの使い方につまずくのは成長段階として当然のことです。
そこにイライラしてしまうのは、忙しい大人にとって仕方のないことなのかもしれません。
でもそこは少し我慢をしてあげてください。
子どもの成長を落ち着いた気持ちで見届けてあげてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします