食品アレルギーが気になるママが知っておきたい、アレルギー負荷試験とは?

子供

子供たちの中では食物アレルギーのお子さんの割合は、年々増えていると言います。

食物アレルギーは多くの症状をもたらしますが、下手をすれば命を落とす可能性もあるため、不安に思われているお母さん方もいらっしゃることでしょう。

しかし食物アレルギーを恐れるあまり、食べさせられる食べ物も与えていないと言う現状も多く見られ、問題になっているとも言います。

そこで今回解説したいのが「食物アレルギーの負荷試験」のこと。どの食物をどれくらいなら食べられるのかと言う事を測るこの試験は、幾つになったら受けることができるの?子供に対する負荷はどの程度?などについて紹介いたします。

1.アレルギー負荷試験とは?

卵
食物アレルギーの検査には、皮膚試験血液検査食物経口負荷試験の三種類がありますが、この中で食物経口試験のことを一般的にアレルギー負荷試験と呼んでいます。

これらの検査は全て食物アレルギーの原因アレルゲンの見きわめを目的としていますが、現在行われている食物アレルギー検査の中で食物経口負荷試験が最も確実だと言われています。

血液検査で出るアレルギーの数値はあくまでも参考値であり、血液検査の結果で数値が低いからと思っても負荷試験では症状がでることもあります。反対に血液検査で数値が高くても実際に食べてみると症状が出ないというケースもあり、不要な除去食を行ってしまうこともあるといわれています。

そのため、確実なアレルゲンを知るためにはアレルギー負荷試験が有効といわれていますが、食物経口負荷試験にはリスクがあります

それは、例え極少量とは言え、アレルゲンを含む食物を口にすることでアナフィラキシーショックを起こす危険性は避けらないということです。

そのため、食物経口負荷試験を行うには、安全確保が重要とされ、重篤なアレルギー症状を起こしたことのある患者には行わない。少量から開始する。救急医薬品を準備するなどのガイドラインが設けられています。

2.アレルギー負荷試験の目的

子供がアレルギーを持っている場合、親としてはそのアレルゲンの食物を極力避けようとします。そして、万が一子供が「極少量であれば食べられる」としても、その可能性に気付かず過ごしてしまうかもしれません。

また乳児期にアレルギー症状が出ていたとしても、成長に伴い食べられるようになっていることも多々ありますが、不必要な除去食を続けてしまう可能性もあります。

アレルギー負荷試験では、そう言った不必要な除去食を避け、お子さんが安全に食べられる食物の量の確定を行い、また食べられなかったものが食べられるようになっているかの確認をすることが出来るのです。

3.アレルギー負荷試験は何歳からできるの?

子供
それではアレルギー負荷試験は何歳から実施できるのでしょうか?

それには、特に決められた年齢はありません。

試験にはリスクも伴いますので、体調の変化や症状の出現を上手に説明できない低年齢のお子さんには積極的に行わないようです。

また低年齢のお子さんの場合、成長に伴いアレルギーが改善されることもありますので、当面の間除去食にて様子を見守ることも多いようです。

アレルギー負荷試験に対しては、主治医と良く相談して検討すると良いでしょう。

4.アレルギー負荷試験の内容

それでは具体的に、アレルギー負荷試験ではどのようなことをするのでしょうか?

アレルギー負荷試験は、食物経口負荷試験と言う名の通り、極少量のアレルゲンを口にすることでアレルゲンを確定する検査ですが、主に2通りの検査方法があります。

①オープン試験法
食べさせる側も食べる側も内容を知っている

②二重盲検法
食べる側も食べさせる側も内容を知らない

食べる食物の内容を知っていると心理的な要素が加わるため、本当は陰性でも陽性となる可能性があるため、一般的には②の二重盲検法が採られることが多いようです。

また試験を行う環境は施設によって異なり、中には入院によって実施するところや外来(日帰り)であるところもあります。

実際に検査される食品として、鶏卵、牛乳、小麦、魚、大豆が「食物アレルギー診療ガイドライン」にリストアップされています。

5.まとめ

以上のようにアレルギー負荷試験について解説しましたが如何でしたでしょうか?

お子さんがアレルギーを持っていると不安になり、過剰反応してしまうこともあるとは思います。

しかし、アレルギーは徐々に改善されていくことが多いとされているので、不必要に過敏にならないよう心がけることが大切です。また、実際には食べられる食べ物を不要に除去してしまうことがないよう、気を配ることも重要と言えます。


2017年9月25日更新
※参考:試験品目については一般公開されているガイドラインダイジェスト2012を参考にしました。現在食物アレルギー診療ガイドラインは2016が発行されています。

食物経口負荷試験:食物アレルギー診療ガイドラインダイジェスト2012

日本小児アレルギー学会 – 『食物アレルギー診療ガイドライン2016』発刊のご案内

※食物経口負荷試験の安全性について:2017年7月にアメリカ アラバマ州のバーミンガム小児病院で、3歳の食物アレルギーの患者さんがBaked milkの食物経口負荷試験によるアナフィラキシーショックで亡くなられたことが紹介されています。

http://www.jspaci.jp/modules/membership/index.php?page=article&storyid=211

<謝辞>一般社団法人 母子栄養協会 川口由美子先生より一部情報のご提供をいただいております。ありがとうございます。

幼児食アドバイザーなら母子栄養協会

▼こちらの記事もおすすめ
卵は早く食べさせた方が良いのか:最新の発表から読み解く

ad:2・3・4・6歳から始める幼児のためのZ会【お試し教材無料プレゼント!】


記事内のイラスト・写真はイメージです。また、記事内容は医療内容において、正確性を完全に保証するものではありません。利用者様ご自身の判断と責任においてご利用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします