牛乳はいつから?離乳食と飲用の開始時期とその分量について。

赤ちゃんはいつから牛乳を飲めるの?

スケジュール
赤ちゃんの牛乳の飲用は満1歳になるまでは推奨されていません
赤ちゃんはミルクを飲んで育つと思っていた方には意外に思われるかもしれませんが、粉ミルクの成分と「牛乳」の成分は異なっており、粉ミルクの内容を見ると、赤ちゃんに負担にならない成分のみが使われた加工ミルクであることが分かります。

まず牛乳には、多くのたんぱく質が含まれています。

この牛乳のたんぱく質は、赤ちゃんにとってはとても消化がしにくく、負担が大きい成分なのです。

次に、牛乳にはカルシウムとリンが含まれています。
このカルシウムとリンは鉄分の吸収を妨げてしまう成分であり、赤ちゃんが摂取してしまうと、鉄欠乏症貧血になると言われています。
そのため、赤ちゃんの消化吸収機能がある程度でき上がってくる1歳が飲用の目処となっているのです。

赤ちゃんに牛乳を離乳食で与える場合は?

ヨーグルト
さて、前項の通り、飲用は1歳からとされている牛乳ですが、離乳食で使用する場合には7~8ヶ月から良いとされています。
この場合、加熱は必須とされています。
また、中には牛乳のたんぱく質をきちんと消化できず、アレルギー症状が出てしまう赤ちゃんもいるため、最初にあげるときは極少量から始めるようにしましょう。
そして、たんぱく質のアレルギーが心配な場合は、同じ乳製品でもヨーグルトやチーズなどから与え、乳製品に慣らしておくことをお勧めします。

赤ちゃんに牛乳を飲ませるときの温度は?分量は?

計量スプーン
最初に牛乳を飲ませるときには、人肌くらいに暖めてから飲ませるようにしましょう。
そして、50ccくらいの少量から始めると良いでしょう。
体調や排泄の状況を観察し、徐々に温度を人肌から常温へと変え、量も増やしていくことをお勧めします。
ストローや哺乳瓶を使用すると、そのままゴクゴクと飲んでしまう可能性があるため、スプーンやコップで飲ませると良いでしょう。

まとめ

赤ちゃんの消化機能はまだまだ未熟で、どの食品に対しても、摂取してよい時期と言うのが決まっています。
牛乳はカルシウムもたんぱく質もあり、お母さんとしては是非とも摂取してもらいたい食品かもしれませんが、ふさわしい時期にふさわしい分量を与えることが重要です。

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします