【幼児食アドバイザーのレシピ】お鍋からとりわけOK!野菜たっぷり幼児食

11月24日は和食の日だそうです。

でも幼児期の子どもに和食ってあまり人気ありませんよね。

和風だしのうまみを教えてあげたいのになかなかうまくいきません。冬だとお鍋からとりわけをしたくなりますが、なかなか食べてくれない子は いませんか?
あまり大きく切りすぎる鍋のお野菜は、子どもがスプーンですくいにくいので、イライラしてしまったりするんですよね。

あとは単調な味で飽きてしまったりもします。

そこで、野菜を小さく切ってみたり、ゴロゴロお野菜(にんじん)と、しっとり野菜(白菜)をメインとして、かみきりにくいえのきだけは小さく切って入れてみました。

スープにおだしがたくさん入っていますが、さらに和風のかつおだしを使って、うまみをたくさんいれています。

野菜は2-3歳が摂りたい1日量の約半分(55g)がこの1品に入っています。

お鍋からとりわけOK!野菜たっぷり幼児食

スプーンで食べてもすくいやすい大きさ

材料
白菜中葉 1/2枚(25g)
にんじん1㎝輪切り1枚(15g)
豚もも肉しゃぶしゃぶ用 1枚(15g)
えのき15g
かつおだし50ml
しょうゆ少々
作り方
1 白菜、豚肉、えのきを1cm幅に切ります。にんじんは1cm角に切ります
2 お鍋にだし汁(少し多め)、にんじんを入れてふたをし、中火にかけます
3 にんじんがやわらかくなったら、白菜を入れ、白菜がくたっと柔らかくなるまで煮ます
4 豚肉とえのきを入れ、豚肉のアクをとりながら、豚肉に火がしっかり通るまで煮ます
5 最後にしょうゆ少々で味を調えたらできあがり

離乳食・幼児食アドバイザー Reina

コラム出典:【幼児食アドバイザーのレシピ】お鍋からとりわけOK!野菜たっぷり幼児食(一般社団法人 母子栄養協会公式サイト)母子栄養協会
12/16 離乳食アドバイザー(市ヶ谷)
1/11、12 離乳食アドバイザーAM2days(飯田橋)
1/14 離乳食アドバイザー
1/28 幼児食アドバイザー
1/30、2/6幼児食アドバイザー火曜日午前(飯田橋、子連れ可)
2/1 妊産婦食アドバイザー(飯田橋)
2/3 母子栄養指導士
2/17 離乳食アドバイザー(飯田橋)
3/3 妊産婦食アドバイザー(飯田橋)
3/4 離乳食アドバイザー(飯田橋)
3/24学童食アドバイザー

詳細:養成講座紹介 | 離乳食 幼児食アドバイザーなら母子栄養協

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします