子供が野菜を好きになるトレーニング「ベジトレ」とは?

ベジトレ4
共働きの世帯が増え、実際に料理教室にも平日は働いているというお母さんが増えてきました。仕事と育児の両立で悩まれる親御さんもいらっしゃいますが、その中でも子どもの野菜嫌いで悩んでいるというお声をよく耳にします。

「食の好みは成長と共に変わっていくだろう」と、長い目で見守る方法もあるかもしれませんが、
生涯の好き嫌いの土台をつくる子どもの時にしっかりと野菜を好きになるトレーニング=「ベジトレ」をしてあげることが大切です。
子どもの野菜嫌いの9割が思い込みです。12歳までにたくさんの成功体験を積み上げ、生産者や料理する人への感謝の気持ちなども含め、
野菜に対してポジティブな気持ちを持てる経験を積ませてあげることが野菜嫌いを克服するためには重要です。
今回、忙しいお母さんでも実践できる、”ベジトレ”を5つのポイントをまとめてみました。

野菜を好きになるトレーニング “ベジトレ” 5つのポイント

dc80ba3cf2455d7812916befa95ca405_s

POINT1:
お買い物で子どもに野菜を選ばせる

子どもに“選ぶ”という主体性のある行動をしてもらうことがポイントです。「野菜は色が濃い方がおいしいんだって!どれが1番色濃いかな?」など、
声をかけてあげるのがオススメです。自分で選んだ野菜なら子どももチャレンジしやすいです。家族に協力してもらい、
「パパが自分の選んだ野菜をおいしいと言ってくれた!」など野菜にまつわるポジティブな経験を積ませてあげましょう。

POINT2:
野菜の料理のお手伝いで素材に触れさせる

pixta_26128181_M
料理のお手伝いをすることで、ご飯を作る手間や大変さが経験でき、食べることの大切さを感じることができます。
レタスをちぎる、ミニトマトのヘタを取るなどは3歳くらいになれば、お手伝いできます。切る作業は早いと4歳くらいからプレ包丁やテーブルナイフを使えばできます。小学1年生くらいからはこども包丁にステップアップさせてあげてOKです。熱を使う「炒める」作業は小学3年生くらいから徐々にお願いしてみましょう。

POINT3:
子どもの自尊心をくすぐる声掛け

自尊心をくすぐる声掛けは、子どものモチベーションアップに非常に効果的です。
思い込みではっきりした理由がないまま野菜を遠ざけていたが、チャレンジできたきっかけは声掛けだったという子どもは8割以上います。声掛けの際は以下のポイントを意識してみると子どもの自尊心をくすぐりやすいです。

・野菜を食べられたらその場にいない人に報告させる。
例:「全部食べられたらおばあちゃんに自慢しよう!」
・子どもの知らないところでほめていたのをこっそり伝える。
例:「昨日ニンジン食べれたのすごいってパパが言ってたよ!」

POINT4:
間食や補食に野菜ジュースや野菜を使ったおやつを活用

野菜がはいっているのに飲めた・食べれたという成功経験をすることが子どもの自信につながります。 「口に入れた」という実感を持たせるためのファーストステップとしては野菜ジュースや野菜を使ったおやつは有効と言えるでしょう。

POINT5:
野菜ジュースなどを使ったおかずで味へのハードルを下げる

野菜ジュースをそのまま飲むのも難しいようであれば、料理に使ってみるという手段もあります。
カレーの調理などで水を使うところを、野菜ジュースに置き換えるなどの裏技も効果的です。このときのポイントは、「この料理に野菜ジュースが入っていたんだよ」ときちんと子どもに教えること。子ども自身に「この料理には野菜ジュースが入っていて、自分の口に入った」ということを理解させることが、成功体験へとつながり、野菜嫌い克服への第一歩になります。

まずは子供に自信をつけてもらうことから

野菜を食べれないと思い込んでしまっている子に対しては、まずは野菜の味に慣れさせること。
少しの量でもかまわないので「野菜を食べることができた!」という自信をつけさせることが大事です。
そのために野菜ジュースを使うのもオススメです。
野菜ジュースを飲ませたからおかずを一品減らそうという考え方はNGですが、「補助」としてはいろいろな使い方が可能です。野菜ジュースを活用するなどして、野菜が入ってるのにおいしく飲めたという経験をすることで、「苦手だと思っていた野菜を食べることができた」という自信をつけさせることが大切です。
「口に入れた」という実感を持たせるためのファーストステップとしては有効と言えるでしょう。

ベジトレ1

もし、野菜ジュースをそのまま飲むのも難しいようであれば、料理に使ってみるという手段もあります。
このときのポイントは、「この料理に野菜ジュースが入っていたんだよ」ときちんと子どもに教えること。
子ども自身に「この料理には野菜ジュースが入っていて、自分の口に入った」ということを理解させることが、成功体験へとつながり、野菜嫌い克服への第一歩になります。
また、小さく刻んでこっそりと食べさせるのは野菜嫌い克服には全く無意味です。逆に、子どもが気づいてしまったときに
「だまされた!」と感じて、ネガティブな体験になってしまう可能性もあります。子ども自身が野菜を食べていると理解している状況で、「おいしい」とポジティブな感想を持てることが重要です。
 

hamadayoko監修 : 浜田陽子先生
栄養士・料理研究家・食コンサルタント
食育や乳幼児栄養などを専門分野とし、各種メディアへレシピ提供・連載コーナーも多数展開。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします