食洗機取り付けって賃貸でも可能?

食洗機って賃貸でも取り付け可能?
自宅が賃貸の場合、食洗機という響きに憧れている方も少なくないと思います。賃貸でも、食洗機を取り付けできるとしたら良いと思いませんか。そんな賃貸住宅でも設置ができる方法について説明していきます。

食洗機には種類がある

食洗機には、キッチンに組み込む形式のビルトインタイプと、あとから別で設置する形式の据え置きタイプの2種類にわかれます。

ビルトインタイプが主流

食洗機の売れ筋について確認してみると、各メーカーでの主流はビルトインタイプが圧倒的で、据え置きタイプに関しては、1社のみとなっています。
しかしながら、容量や機能の違いによって、いくつかの型番が発売されています。

賃貸住宅の救世主

家事・キッチン

食洗機の設置を検討すると生じる問題として、導入の工事ではないでしょうか。
ビルトインタイプの場合、キッチンに組み込むため、設置するキッチンの寸法の確認から設置するための各工事を考えると、多くの費用がかかります。
基本的に、本体+設置工事+給水工事+排水工事+電気工事+造作工事などで15万円~30万円程度です。
しかも、持ち家など設置工事が行えることが大前提です。
賃貸住宅の場合は、この導入工事が設置を検討する際の壁となっているでしょう。
この問題を解消してくれるものが、据え置きタイプの食洗機と言えるでしょう。

据え置きタイプの特徴

据え置きタイプの特徴として、導入のしやすさではないでしょうか。
先にも説明したような大掛かりな工事の必要がなく設置ができます。
必要な工事としては、分岐水栓の工事くらいでしょう。
費用についても、本体+設置工事+設置脚や補助台などのパーツ代+分岐水栓の工事代を含めても、6~8万円程度で設置ができるでしょう。
注意点としては、導入しようとする食洗機のサイズ、設置場所、給水や排水の確保といった条件がクリアできるか、事前に確認が必要な点でしょう。

さまざまな補助パーツの活用を

少し前は、据え置きタイプの食洗機でも設置ができないことがしばしばありました。
理由としては、安定した設置場所の確保が困難なことでした。
古いタイプの流し台と呼ばれていたキッチンは奥行きが狭く、食洗機を設置すると調理スペースが無くなってしまうといった問題がありました。
今は、このような問題を解消してくれる省スペースで設置ができる食洗機が販売されていたり、省スペースで設置が可能になる補助台や設置脚が売られています。
上手に活用しましょう。

実際の設置には事前準備を万端に

据え置きタイプの食洗機でも、実際に設置するには、導入前の準備が不可欠です。
食洗機に水をおくるための水栓や排水の確保、安定した設置場所の確保などです。
設置するために、分岐水栓や蛇口の交換などの工事が必要なケースも考えられます。
自分だけで設置が難しい場合は、専門業者に依頼をすることをおすすめします。

くらしのマーケットでは 食洗機取り付け業者を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

⇒食洗機取り付けを業者に依頼するといくら?

くらしのマーケット教えてくれたのは…「くらしのマーケット」は、ハウスクリーニング・エアコンクリーニング、家事代行などのプロが一度に比較できるお役立ちサイト。大手のサービスに比べると、地元の業者さんを複数比較検討できるので、お安くなることも!

くらべてお得、プロのお仕事。「くらしのマーケット」公式サイト

▼こちらの記事もおすすめ
エアコンの風が臭い!臭いの原因と今すぐできるプチ対策
子育てママの、風呂釜洗浄サービス体験レポート
洗濯機のイヤな臭いは4種類。種類別の原因と解決法まとめ

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします