保育士さんの子育てアドバイス~『戦いごっこが大好き!!戦いごっこをやめさせるには?』

保育士さんの子育てアドバイス
戦隊ものなどは、いつの時代も子どもが憧れる存在です。

ヒーローに憧れて、その空想世界の中で戦いごっこが始まることがよくあります。


pixta_37155742_M

『戦いごっこが大好き!!戦いごっこをやめさせるには?』

戦いごっこがエスカレートすると、相手にケガを負わせることも充分考えられます。

そんなことも考えると周りの大人は何とかしたいと思いますよね。

ではどんな対応をすればいいのでしょうか?

「戦いごっこはどう止めればいいの?」

なぜ戦いごっこをするのかというと、それはテレビなどの影響です。

戦隊ものなどのヒーローになりきって相手に戦いを挑んでしまっているのです。

何かに憧れるのは構いませんが、その遊びが相手にケガを負わせるかもしれないものだとすると大人としては止めさせたいですよね。

戦いごっこから得られるものもありますが、ケガに繋がることは良くありません。止めさせることをオススメします。

しかし「だめ!!」「やめなさい!!」などの静止の言葉で済ませようとしても、理由まで理解していない子どもは多くいます。理由が頭に入っていないからまたしてしまうなんて現象も起こってきます。

気持ちが高ぶった状態にありますので、気持ちを落ち着かせてゆっくり話してあげることが終結に繋がっていきますよ。

「戦いごっこが始まった時の保育士さんの対応は?」

もちろん保育園でも戦いごっこは見られます。そんな時保育士はこんな対応をしています。

1.戦いごっこをしてはいけない意味を伝える

まずは相手がケガをしてしまうからいけないなどの理由を明確します。

2.根気強く伝えていく

その子の心に残るまで繰り返し伝えていく事が大切です。

落ち着いて話をして心に届くようにしていきます。

3.戦いごっこが起こってしまったら、一度遊びから離してブレイク

どんな対策をしていても、子どもがしっかり理解するまでは戦いごっこがおこってしまいます。

そんな時は「だめ」の一言で話を終らせるのではなく、一度あそびから離して気持ちを落ち着ける時間を作ります。怒るのではなく、そばにいるというイメージです。

4.集中して楽しめる遊びを提供

戦いごっこになってしまうのは他に魅力的な遊びがないからです。

その子が集中できる遊びを見つけてあげ、戦いごっこになる前に誘うようにします。

どの保育士も共通して対応するので、次第に子ども心に伝わり落ち着いていきます。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします