結露対策は台所にある〇〇を窓に塗って!?そして、「窓辺に置いてはいけないもの」とは

結露

寒い時期になると気になるのが窓に発生する結露です。ただ窓が湿るだけでしょ?と簡単に考える方も多いようですが、実は結露は健康被害や住宅の寿命を縮める原因になりうる怖い存在です。そこで今回は、いろいろな結露対策について説明いたします。

どうして結露ってできるの?

雑巾

結露は室内と屋外の気温差が激しい場合に、水蒸気が冷やされることによって発生します。

水蒸気は温かい場合は気体の状態で空中を浮遊しているのですが、急激に冷やされると水に変化する性質があります。

外側が外気に触れいてる窓は、室内の他の場所に比べると内側も冷たい状態なので、温かい部屋の水蒸気が冷えた窓に触れると気体から液体になってしまいます。それが結露となって窓に付着するというわけです。

結露を放っておくと健康被害も

たかが窓に付く水滴、と結露を侮ってはいけません。 結露を放置しておくとさまざまな弊害が起こる可能性があるのです。

結露の影響① 健康被害

まず考えられるのがカビやダニなどの繁殖により、人体にも影響を及ぼす可能性のある健康被害です。

カビやダニは温かい温度と高い湿度、ホコリに含まれるたんぱく質やアミノ酸などの養分を糧に繁殖します。

結露が発生している場合、部屋の温度は温かく、窓が湿っているため湿度が高い状況にあります。

また、水分はゴミを吸着しやすいため、カビやダニにとって結露のついた窓は格好の餌場です。

こういうわけで、「窓に結露が発生しやすい部屋」というのは、カビやダニの繁殖にもっとも適した環境なのです。

結露の影響② 住宅被害

結露による弊害はもう1つあり、酷い結露を放置した場合に起こる住宅被害です。住宅資材や床材を湿らせ、腐らせてしまうことがあります

以上のことから、家族の健康や住環境を守るためには、結露は放置せずに対策を行う必要があります。

お金をかけずにすぐできる対策はこれ

カーテンが揺れる窓

結露対策として早速やってもらいたいことをいくつか挙げていきます。

特に準備するものはなく、費用もかかりませんが、実行すれば目に見えて結露の量が減るはずなので、すぐに実践してみましょう。

こまめに換気をする

結露が発生しやすい時期は、湿気をこもらせないためにも換気扇を常に回すのがおすすめです

電気代が気になる方も多いと思いますが、回しっぱなしにしたとしても月の電気代は数十~数百円程度です。※使用環境にもよります。

その金額で結露が防げるのならお得なのではないでしょうか。

また、寒い時期は窓を閉め切る方も多いと思いますが、1日に1回は窓を開けて空気の入れ替えをしましょう。

さらに、気づいていない人が多いのが、押入れやクローゼットにできる結露です。押入れやクローゼットを閉め切っているとそこだけ温度が低くなり、収納内部に結露ができることがあるのです。収納部分もこまめに開けてしっかり換気をするように心がけましょう。

もう1つ気を付けてほしいのが、洗濯物を干す場所です。洗濯物の室内干しは、大幅に室内の湿度を上げてしまうのです。部屋に干すのではなく浴室に干し、浴室の窓を開けて換気扇を回した状態にすると洗濯物の乾きも早く室内に湿気が入らないのでおすすめです。

観葉植物、水槽を窓や壁際に置くと結露の原因に

植物は生きていて光合成をしているので、常に水蒸気を発しています。また、水が張られた水槽は、当然のことですが湿気を高める原因になります。これらを窓や壁際に配置してしまうと、結露の原因となってしまいます。

とはいえ、なかなか場所を取るこれらのものを部屋の端以外に置くのは難しい場合が多いですよね。

そんなときは、水槽や観葉植物を換気扇近くやドア付近などの空気の入れ替えをしやすい場所に置くといいでしょう。換気がしやすい場所なら湿気がこもることも少ないため、おすすめです。

室温を必要以上に高くしない

結露が発生しやすい冬場は、暖房器具によって部屋を暖めて過ごしますよね。しかし、外気気温と室温の差が大きければ大きいほど、結露はできやすくなってしまいます。

安易に暖房器具を使うのではなく、1枚多く服を着るなどして、必要以上に室温を上げないようにしましょう。

また、暖房器具の中でも石油ストーブやガスストーブなどは燃料を燃やす際に水蒸気を発生させるため、湿度が上がる原因になります。

そのため、結露対策にはエアコンやハロゲンヒーターなどの電気式の暖房器具がおすすめです。

低予算でできる結露対策

窓

お金をかけない方法を試してみたけど、やはり結露が出る、日中不在で換気があまりできない、という方に次におすすめなのが、低予算でできる結露対策グッズです。

貼るだけや拭くだけ、といった簡単な作業で行えますので、ぜひ試してみてください。

結露ができにくくなるものを窓に貼る

下記のものは、窓に直接貼ることで結露を抑える効果があります。

●プラスチック製段ボール
●梱包用のエアーキャップ(プチプチ)
●新聞紙
●結露防止シート
●結露給水テープ

プラスチック製の段ボールや梱包用のエアーキャップを窓全体に貼ることによって、暖められて窓の表面温度が下がりにくくなり、結露が発生しにくくなります。

また、結露ができやすいのは気温のもっとも低い早朝です。新聞紙を寝る前に窓のレールに挟んでおくことで、新聞紙が結露を吸ってくれるので、起床後に新聞紙を取って捨てるだけで、簡単に結露を取ることができます。

すでに結露が発生している場合は、新聞紙を張り付けて吸い込ませてしまう方法も有りです。

しかし、今まで紹介した方法は少し見栄えがよくないですよね。そういった点が気になる方におすすめなのが、結露防止フィルムです。

段ボールやエアーキャップと同じように窓の温度を下げない効果がある上に、透明だったり、おしゃれな模様がついていたりするフィルムなので、貼っても景観を損ないません。

一度貼ってしまえば、商品にもよりますが10年ほど交換いらずなので、低予算でできる結露対策としてはフィルムがもっともおすすめです。

しかし、窓に結露防止フィルムを貼ってもどうしてもサッシ部分やフィルムの継ぎ目から結露はできてしまいます。そこで効果的なのが、窓の下部に貼る結露給水テープです。

垂れてきた結露を窓下部のテープが吸い取ってくれるため、「窓全体に貼る結露防止フィルム」と「窓の下部に結露給水貼るテープ」の併用が万全な結露対策としておすすめです。

台所用中性洗剤を塗る

台所用中性洗剤には、界面活性剤という成分が含まれています。界面活性剤には水をはじく性質があるので、窓に洗剤を塗ることで結露の発生を防げるというわけです。

塗る際は、洗剤を20倍に薄めて柔らかい布に含ませて窓を満遍なく拭くようにしましょう。拭いたあとに細かい泡が目立つ場合は、その上から乾拭きをしてください。

なお、洗剤の膜は一週間くらいで効果がなくなってしまうので、その都度塗りなおすようにしてください。

結露防止スプレーを吹き付ける

フィルムを貼ったり洗剤を塗り付けるのは少々手間がかかるので面倒に感じる方もいるかもしれませんが、スプレーするだけの結露防止スプレーなら実践しやすいのではないでしょうか。

結露防止スプレーは、撥水効果がある液をスプレーするだけで、結露の防止ができるという優れものです。中には防カビの成分を含んでいるものや、断熱などの嬉しい付随効果があるものもあります。

ただし、スプレー後ふき取りが必要なものもありますので、使用前に確認が必要です。

きっちり対策したい! 少々費用がかかる結露対策

結露

今まで紹介した方法は、効果はあってもこまめな手間が必要になってくるものが多かったですよね。

もう結露に煩わされたくない!という人は、多めの予算を取って行うしっかり対策を考えてみてはいかがでしょうか。

窓用ヒーターを設置する

結露は窓の表面温度が低い場合に発生するので、窓が温かくなれば防げますよね。

実は、窓を暖める専用のヒーターというものがあり、これを使用することで結露の発生を抑えることができるのです。

さらに窓専用ヒーターには、窓が温かくなることで部屋が冷えにくくなり、室内全体が温まりやすくなるという嬉しい効果もあります。

なお、窓用のヒーターが用意できない場合、扇風機やサーキュレーターの風を当てると窓に湿気をこもらせるのを防げるため、試してみてはいかがでしょうか。

除湿器を設置する

風邪予防のために冬場は加湿器を使用する家庭の方が多いと思いますが、湿気を増やしているため当然結露の原因となってしまいます。

結露ができるほどの部屋ならおそらく湿度は十分かと思いますので、加湿器ではなく除湿器の設置がおすすめです。

湿気を直接取り除く道具ですので、部屋全体の湿度が下がり、結露対策としては特効薬とも呼べるほどの効果を発揮します。

窓をリフォームする

最近の窓はペアガラスになっている窓が多いため、昔よりは結露ができにくくなっているはずです。

しかし、古い住宅などの一枚窓は窓が冷えて結露ができやすく、結露に悩んでいる場合はそういった古い窓である可能性が高いです。その場合は、思い切って窓のリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

少々値は張りますが、窓を変えるだけで他の対策を一切しなくても、結露がまったくできなくなる場合も多いです。

ただし、賃貸物件の場合は許可なく窓のリフォームは行えませんので注意してください。

結露対策にはフィルムが一番おすすめ

安く簡単にでできるものから、予算が必要なしっかりしたものまで結露対策を紹介しましたが、いかがでしたか?

窓が古い場合ならリフォームがおすすめですが、予算がなかったり窓がそこまで古くなかったりする場合は、耐用年数が長く効果も高い結露対策のフィルムがもっともおすすめです。

なお、窓のフィルム貼りは自分でもできますが、大きい窓によれもなくきれいに貼るのは素人には難しい作業です。 プロの業者の窓フィルム施工に依頼するのが安心ですよ。

くらしのマーケットでは、プロの窓フィルム施工業者がが多数出店しています。口コミやサービス内容、料金で比較して検討できるので、ぜひ利用してみてください。

◎オンライン予約可能
◎予約前の個人情報の入力不要
◎しつこい営業電話なし
◎不明な点は店舗スタッフに直接メッセージが可能
⇒窓フィルム施工業者を業者に依頼するといくら?

くらしのマーケット教えてくれたのは…「くらしのマーケット」は、ハウスクリーニング・エアコンクリーニング、家事代行などのプロが一度に比較できるお役立ちサイト。大手のサービスに比べると、地元の業者さんを複数比較検討できるので、お安くなることも!

くらべてお得、プロのお仕事。「くらしのマーケット」公式サイト

▼こちらの記事もおすすめ
エアコンの風が臭い!臭いの原因と今すぐできるプチ対策
意外と知らない『断捨離』の考え方と効果、簡単解説!
洗濯機のイヤな臭いは4種類。種類別の原因と解決法まとめ

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします