「こんなのいらないでしょ!」はNGワード。親も子もナットクできる『実家の片付け方』

pixta_13238408_M

高齢の方しか実家にいない場合に、「実家が汚い!」と悩んでいるという方の話をよく聞きます。一体どうすればいいの?と途方に暮れる方もいるようですが、今回は親も自分も納得のいく実家の片付け方法について説明します!

実家を片付ける理由

段ボール

実家は片付けたいけど大変だし、たまに帰省する時だけ我慢すればいい……。 というように、実家の片付けを諦めてしまった方はいませんか?

しかし、高齢の方が住んでいる家を、散らかった状態のまま放置しておくのは非常に危険です。

物が溢れていて足の踏み場が無ければ転ぶ危険がありますし、ものを高い位置から取ろうとして雪崩が起こってしまい、頭を怪我してしまうこともあります。

高齢者が緊急搬送される理由の8割が転倒で、そのうち6割が住居内で起こったこというデータもあります。 高齢で怪我をした場合、それがきっかけで寝たきりになることも……。

家族の安全のためには、実家は早急に片付けて住みやすい環境に整えたいものです。

親とのコミュニケーションが重要

赤ちゃんとお姑さん

自分が普段住んでいない実家を片付けるためには、家主である親との意思疎通が大切ですね。

しかし、若い世代と価値観が違う親世代を納得させながら片付けを行うのは、非常に難しいことです。

「もったいない」という感情が先走ってしまうシニア世代は、必要のないものでも捨てることを拒んでしまうことが多いからです。

親を納得させながら片付けを行うポイントは以下の通りです。

「捨てる」はNGワード

「こんなのいらないでしょ!」「汚いから捨てて!」といった、相手を責めるような言葉はやめましょう。

明らかに必要のなさそうなものでも、親にとっては捨てられない理由があるのです。

頭ごなしに言うのではなく、「整理して、生活しやすいようにしよう」「ものが溢れていると運気が下がるから、減らそうか」などと、前向きな言葉で片付けモードに切り替えさせるようにしましょう。

一緒に片付ける

お姑さんとお嫁さん

片付けようと思っても、年のせいで体が重くて進まない……といった親もいるのでは。

そういった場合は、一緒に片付けてあげましょう。 嫌なことは一人でやろうとしても、なかなか進まないものです。

家族で一緒に作業することで、不用品と必要なものの分別も適切に判断できますし、早く作業を終わらせることができますね。

安全性や健康面での弊害を訴える

別に自分は困ってないし、迷惑はかけていないからと考えている親を、片付けに意識を向けさせるのは厄介ですね。

そういった場合は「部屋が散らかっていると、転んで危ないよ」「ハウスダストやダニで体の調子が悪くなるよ」というように、片付けないことによる弊害を説明するのが効果的です。

第三者の言葉を伝える

親はいつまでも子供を子供と思ってしまうものです。

子供に「片付けよう」と言われると、プライドが邪魔して変にこじれてしまうことも。

そういった場合は「テレビで片付けのプロがこう言っていたよ」「本で読んだんだけど、こういう風に整理すると便利だよ」と、第三者の意見として伝えると素直になる場合もあります。

片付ける方法

リサイクルショップ

「片付けを開始したのに、やっぱりなかなか捨てようとしてくれず、物が減らない」「普段のゴミ収集で捨てられないほどの不用品が出てしまった……」

そんな時に特に有効な方法を二つ紹介します。

リサイクル

もったいないから捨てられない、という場合はリサイクルを提案してみてはいかがでしょうか。

「家にあっても使わなそうだけど、リサイクルすれば誰かの役に立つよ」というように説得すれば、手放すきっかけになるかもしれません。

リサイクルショップにもっていけば、金属など再利用できる部品はだいたい引き取ってくれますし、使えそうなものは買い取ってくれることもあります。

衣服や日用品・生活用品は寄付もおすすめ。 路上生活者や児童養護施設への支援物資になります。 「誰かの役に立てる」という思いは「捨てられない」という考えを克服するのに非常に有効です。

大量のゴミの処分

ゴミが大量に出てしまったり、粗大ゴミがある場合は、自治体の粗大ゴミ回収や業者に引き取り処分を依頼する必要が出てきます。

自治体で捨てる場合は、ルールが自治体によって違いますので、清掃課に相談するなどしてしっかり調べて適切な方法で処分しましょう。

業者を利用する場合、不用品トラック積み放題のサービスをしている業者が便利です。 業者が決めたルール(積めるもの・容量・重さなど)の範囲なら積み放題なので捨てるのが非常に楽ですね。

くらしのマーケットでも不用品回収業者が多数出店していますので、探してみてはいかがでしょうか。

終わりに

なかなか大変な実家の片付けについての説明でしたが、いかがでしたか?

親に安全で健康的な生活を送ってもらうためにも、実家はきれいで清潔にしておきたいものですね。

しかし実家が遠方にある場合や、自身の仕事や育児が忙しい場合は、片付けを進めるのは難しいかと思います。 そういう時は、片付けのプロに依頼してみることをおすすめします。

くらしのマーケットに出店しているプロの遺品整理業者の中には、実家の片付けのサービスをしている業者もありますので、ぜひ探してみてくださいね。

⇒遺品整理を業者に依頼するといくら?

くらしのマーケット教えてくれたのは…「くらしのマーケット」は、ハウスクリーニング・エアコンクリーニング、家事代行などのプロが一度に比較できるお役立ちサイト。大手のサービスに比べると、地元の業者さんを複数比較検討できるので、お安くなることも!

くらべてお得、プロのお仕事。「くらしのマーケット」公式サイト

▼こちらの記事もおすすめ
エアコンの風が臭い!臭いの原因と今すぐできるプチ対策
意外と知らない『断捨離』の考え方と効果、簡単解説!
洗濯機のイヤな臭いは4種類。種類別の原因と解決法まとめ

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします