温水洗浄便座を掃除して快適きれいなトイレに!

最近ではどこの家庭でも必需品になりつつある、ウォッシュレットをはじめとする温水洗浄便座。

しかしこの温水洗浄便座、機能がついていないトイレよりも掃除すべき箇所が多いんです。今回は温水洗浄便座で特に掃除すべき箇所について詳しく説明します!

温水洗浄便座

温水洗浄便座ではノズルの掃除が大事!

トイレ掃除といえば、便座や便器の外側をふいて、便器の内側を洗剤をつけたブラシでこすって、床をふいて……といった流れが一般的ですよね。もちろん、温水洗浄機能付きのトイレでも、この基本的なトイレ掃除をこまめに行うことは大切です。

しかし、温水洗浄便座ではもう一か所、常に清潔にしておきたい場所があります。それは、温水洗浄便座では心臓部とも言えるノズルです。水を出すこのノズルは、実は大変カビが生えやすい環境にあります。

最近の温水洗浄便座は、使用後にノズルを毎回自動洗浄してくれる機能があるものがほとんどなのですが、軽い水垢や汚れを流す程度なので、取り切れなかった汚れが蓄積してしまいます。

そしてノズルは、ほとんどの時間トイレ内に収納されていて湿気がこもりやすい環境にあることもあり、汚れと湿気が原因でカビが繁殖してしまいやすいのです。

正しい使い方をしていれば、カビで汚れたノズルを使用しても人体に影響があることはほとんどありません。しかし、きれいにしてくれるはずの部分にカビが生えているのは生理的に嫌悪感がありますし、悪臭やカビが便器の他の箇所へも広がってしまう原因にもなります。

ノズルは定期的に掃除をして、清潔なトイレを保つようにしましょう。

なお、ノズル以外のトイレの掃除は、詳しい方法を記載した下記の記事を参考に行ってください。

トイレ掃除には重曹とクエン酸!便器から床までピカピカ掃除術

ノズルの出し方について

普段、ノズルは便器の中にしまわれているため、掃除する際には出さなければなりませんよね。

掃除のためにノズルを自動で出し、軽く水で流してくれる「ノズル掃除ボタン」がある機種ならば簡単ですが、ない機種も多く、その場合は自分で出さなくてはなりません。

しかし、無理な力で引っ張りだそうとすると故障の原因にもなりますので、必ず取扱説明書を確認の上、ノズルの取り出しを行うようにしてください。

ノズル掃除の仕方:普段掃除編

普段のトイレ掃除のついでにノズルの掃除も行えば汚れが溜まりにくくなります。ノズル掃除機能があるものでも、落としきれない汚れは常に蓄積していってしまうのでこまめにお掃除するのがおすすめです。

トイレ掃除の際に、トイレ用お掃除シートや雑巾で便器をふく人がほとんどかとおもいますが、ノズルもついでにふいてしまいましょう。このとき力が強いとノズルが折れてしまうこともあるので、優しい力でふくように注意してください。

簡単に終わる作業ですが、習慣にすれば格段に汚れが溜まりにくくなります。

ノズル掃除の仕方:汚れがひどいとき編

今まで長期間ノズル掃除をしていなかったため黒ずみやカビの温床になってしまった、こまめにふき取っていたのに黒ずんできてしまった……そんなときは、洗剤や道具を使ってしっかりお掃除をしましょう。

用意するもの

  • 洗剤(台所用中性洗剤、重曹水、クエン酸水などの体に優しいもの)
  • ウエス(捨ててもいいボロ布)
  • 使い古した歯ブラシ
  • ゴム手袋

体のデリケートな部分を洗う箇所なので、刺激の強い洗剤の使用は避けましょう。

おすすめは台所用中性洗剤ですが、カビや黒ずみがひどい場合は重曹水(水100mlに重曹小さじ1杯を混ぜたもの)、水垢がひどい場合はクエン酸水(水100mlにクエン酸小さじ1/2杯を混ぜたもの)が効果的です。

中性洗剤で汚れが落ちなかった場合は重曹水を試してみるなど、洗剤を変えてみれば簡単に汚れが落ちることもあります。

ウエスや歯ブラシは掃除をしたら捨ててしまえるものを使うのが衛生的です。

掃除の仕方

  1. ノズル掃除用のボタンを押すか、ノズルを手動で出して、洗剤を満遍なく付けてからウエスで汚れをふいていきます。ノズル内部などウエスでふき取りにくい箇所は、歯ブラシでこすって汚れを落としましょう。
  2. なかなか落ちない汚れがある場合は、洗剤をひたしたトイレットペーパーをノズルに巻き付けてパックし、10分ほど放置します。※機種によっては数分後にノズルが自動で収納されてしまうものもあるので、その場合は放置時間を短くしてください。
  3. 放置後、固まっていた汚れが柔らかくなっているはずなので、ウエスや歯ブラシで磨いて汚れを落とします。
  4. 水やお湯でノズルの汚れを洗い流して完了です。

前述した通り、ノズルは黒ずんだりカビが繁殖したりしやすい箇所ですので、この掃除を月に一度くらいの頻度で行って、きれいなトイレを保つようにしましょう。

ノズルがきれいにならない……そんなときは

掃除するという認識が薄かったり、見て見ぬふりをしてしまいたくなりがちな、温水洗浄便座のノズルの掃除方法を紹介しましたがいかがでしたか?

普段のお掃除と念入りお掃除の2つを気を付けて行えば、常に快適なトイレ空間が保てるはずですよ。

もし、どうしてもノズルの汚れが取れなかったり、そもそもノズルを自力で引き出せず掃除ができない、といったお困りの場合は、無理をせずにプロの手を借りることをおすすめします。

プロのトイレクリーニングなら、ノズルをはじめ便器やタンク、床や壁まで、トイレの空間全体をピカピカに掃除してくれますよ!

くらしのマーケットでは、口コミ内容やサービス内容、料金から業者を探しだせる上に、不明な点は担当者と直接やり取りすることも可能です。

気になるオプションメニューの内容や金額も提示されているため、安心して選ぶことができるので、ぜひご利用ください。

◎オンライン予約可能
◎予約前の個人情報の入力不要
◎しつこい営業電話なし
◎不明な点は店舗スタッフに直接メッセージが可能

⇒トイレクリーニングを業者に依頼するといくら?

くらしのマーケット教えてくれたのは…「くらしのマーケット」は、ハウスクリーニング・エアコンクリーニング、家事代行などのプロが一度に比較できるお役立ちサイト。大手のサービスに比べると、地元の業者さんを複数比較検討できるので、お安くなることも!

くらべてお得、プロのお仕事。「くらしのマーケット」公式サイト

▼こちらの記事もおすすめ
トイレ掃除には重曹とクエン酸!便器から床までピカピカ掃除術
結露対策は台所にある〇〇を窓に塗って!?そして、「窓辺に置いてはいけないもの」とは
家にいるクモは殺さないほうがいい?

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします