いつの間にか曇ってくるキッチンシンク。楽にピカピカにするには?

シンク

毎日掃除しているつもりでも、さまざまな汚れがたまっていくのが台所のシンク。 一体どう掃除すれば元のピカピカのシンクに戻るの!?とお悩みの方に、普段のお掃除方法や汚れ別のお掃除のしかたを、詳しくご紹介します!

普段の掃除方法

食事後の洗い物をすませたあとに、毎回掃除するようにしましょう。
掃除といっても、簡単なちょっと掃除でOK。
必要なのは台所用洗剤と、食器用とは別の掃除用のスポンジのみです。
まずは台所用洗剤をつけた掃除用のスポンジでシンク全体と排水口を磨き、水で洗い流します。
そして、全体についた水分を乾いた布巾でふき取りましょう。
水分を放置しておくと水垢や石鹸カスが蓄積する原因となるためです。
このちょっと掃除が習慣づけば、だいぶ汚れが蓄積しにくくなるはずです。

蓄積したシンクの汚れの正体

さまざまな食品を扱い、洗剤や水を使って食器を洗うシンクは、毎日お掃除してもどうしてもいろいろな汚れが蓄積していってしまいます。
汚れの種類に合った掃除方法を行わないと手間だけかかって全然きれいにならない……なんていうことも。
まずは、シンクの汚れの正体について理解し、その上でお掃除方法を確認しましょう。

白い汚れその①:水垢

掃除しているはずなのに、いつの間にかシンク内に白くザラザラした汚れがつき、なかなか取れない、という方は多いのではないでしょうか。
この白っぽい汚れは水垢で、水に含まれるミネラルと、食品に含まれるカルシウム成分が結合して固まってしまったものです。
掃除せずに放っておくとどんどん水垢が蓄積し、こびりついて取れにくくなってしまいます。

白い汚れその②:石鹸カス

食器用の洗剤と水のミネラル分が混ざり合い、付着した白い汚れが石鹸カスです。
水垢と見た目はあまり区別がつきませんが、水垢はアルカリ性、石鹸カスは酸性の成分が多く含まれているので、性質はかなり違います。
しかし、水垢と同じでどんどん蓄積していく汚れで、水垢と混ざって固まってしまうとさらに落ちにくくなってしまいます。

排水口のヌルヌルした汚れはカビや雑菌

排水口に発生することが多い、黒いヌルヌルした汚れはカビまたは雑菌です。
放置された油汚れや食品の残りなどに水分が加わって、カビや雑菌が繁殖していくことで付着します。
酷くなると排水管が詰まったり、悪臭が発生したりします。

汚れ別! お掃除方法

毎日掃除しているのにどんどん汚れていく、強力な洗剤で掃除してみたのに落ちない、という状態が続くと諦めたくなってしまいますよね。
しかし、一生懸命掃除してもきれいにならないのは、やり方が間違っているからであって、適当な洗剤を使って正しい掃除方法を行えば簡単に汚れを落とすことができるはずです。
洗剤ですが、キッチンは食材を扱う場所なので、市販の洗剤よりも重曹やお酢、クエン酸などの安全なエコ洗剤の使用がおすすめです。
エコ洗剤を用いた汚れ別のお掃除方法を解説いたしますので、ぜひ参考にしてください。

水垢の掃除方法

アルカリ性の水垢を落とすのに適しているのは、酸性の酢やクエン酸です。
酢を水を混ぜた酢水(酢:水を1:2で配合したもの)や、クエン酸と水を混ぜたクエン酸水(水100mlに対してクエン酸小さじ1/2)を作り、汚れている個所にスプレーして1~2時間放置します。
そしてスポンジで擦れば簡単に水垢が落ちていくはずです。
しかし、それでも落ちない頑固な水垢は、酢水かクエン酸水を含ませたペーパータオルで汚れの上からパックし、さらに2~3時間放置しましょう。
パック後にスポンジで掃除すれば、たいていの水垢は落とせるはずです。

石鹸カスの掃除方法

水垢を酸性の洗剤で掃除したはずなのに、まだ白い汚れがついている……という場合は、石鹸カス汚れが残っている可能性が高いです。
酸性の石鹸カス汚れに酸性の洗剤を使用しても効果はありませんので、今度はアルカリ性の重曹を使いましょう。
シンクを軽く水洗いしたあと、粉のままの重曹をまんべんなくふりかけます。
そして30分~1時間ほど放置してスポンジでこすり最後に水で洗い流します。
これで驚くほどピカピカなシンクになっているはずです。

排水口のカビや雑菌の除去方法

ヌルヌルしたカビや雑菌を伴った汚れは、排水口付近に多く付着する傾向にあります。
食べカスや油汚れ、食器洗い時の汚水などすべて排水口を通ってしまうので、使い続けているとどうしても汚くなってしまいます。
排水口は、重曹と酢水またはクエン酸水の両方を使ってきれいにします。
以下のものを準備しましょう。

・ぬるま湯1カップ
・重曹1カップ
・酢1/2カップまたはクエン酸小さじ2
※排水口のサイズや汚れ具合によって足りない場合は、同じ割合で増やしてください。

掃除方法は、排水口に重曹を均一にふりかけてその上から酢またはクエン酸をかけていきます。
その上から、ぬるま湯を少しずつかけていくと、重曹と酢またはクエン酸が反応して発砲します(泡に害はありません)。
発砲してできた泡には、カビや雑菌に対して強い洗浄作用があります。
そして30分程置き、お湯で洗い流します。
ここで放置しすぎると、逆に汚れが固まってしまうので注意しましょう。
これでたいていのカビや雑菌は死滅し、見た目も見違えるようにピカピカになっているはずです。
さらに、酢またはクエン酸には抗菌作用があるので、この除去方法を行なったあとは今までよりも汚れにくくなります。

排水口の掃除方法については、パーツごとの掃除内容や裏技などを下記の記事でも説明しているので、詳しく知りたい方は参考にしてみてください。
排水口のぬめりを落として、目指せキラキラキッチン!

どうしても汚れが落ちない場合は

紹介した掃除方法を念入りにやっても、長年放置して蓄積した汚れは落ちないこともあるかもしれません。
しかし、キッチンのシンクは食べ物を取り扱うため、清潔を維持しておかなければなりません。
汚い台所で調理したものを食べた場合、健康被害を受ける恐れもあります。
自分でどうにもならない場合でも不潔なまま放置せずに、 プロのキッチンクリーニング業者にお願いすることをおすすめします。
一度プロの技でピカピカにしてもらえば、その後は今回説明したお掃除方法できれいなシンクを維持できるはずです。

くらしのマーケットでは、多数のキッチンクリーニング業者を比較・検討することができます。
サービス内容や口コミ、料金もページ上で確認が可能で、見積もりも不要です。
不明点がある場合は業者と詳細をメッセージでやり取りができるので、安心してご利用できます。

くらしのマーケット教えてくれたのは…「くらしのマーケット」は、ハウスクリーニング・エアコンクリーニング、家事代行などのプロが一度に比較できるお役立ちサイト。大手のサービスに比べると、地元の業者さんを複数比較検討できるので、お安くなることも!

くらべてお得、プロのお仕事。「くらしのマーケット」公式サイト

▼こちらの記事もおすすめ
ピカピカを保つ毎日のお風呂掃除のコツ教えて!
トイレ掃除には重曹とクエン酸!便器から床までピカピカ掃除術
風呂釜の掃除ってどうやるの?

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします