意外と知らない?キッチンの排水口掃除のやり方

排水口の掃除は誰だって嫌です。 しかし、放置してしまうと汚れが詰まって、細菌が繁殖し、悪臭や排水口の詰まりの原因ともなりかねません。 これを機に一度排水口の掃除をして嫌な臭いや詰まりを予防、解消し衛生的に流し台を使えるようにしましょう。

“排水口の掃除の仕方、教えて!"

毎日利用するキッチンは、気を付けていても汚れてしまうものですよね。中でも排水口は汚れが集まりやすく、気付いたときにはひどい臭いやぬめりが……なんてことも多いと思います。そこで今回は、排水口の掃除の仕方を説明します!

どうして排水口は汚れやすいの?

調理中や食器を洗ったあとに出てしまう野菜くずや食品カスなどは、まず排水口のゴミ受けに溜まりますよね。
その溜まったゴミを毎回ゴミ受けから取っているにも関わらず、排水口まわりが汚れていくのは、わずかに残った細かいカスから、雑菌が繁殖してしまうためです。
また、排水口を通る石鹸カスや水垢も雑菌やカビの格好の餌です。
よって、調理や洗い物をして、それによって出た汚水を流しているだけで排水口はどんどん汚れていってしまうのです。

まずは毎回簡単お掃除をしよう

排水口をきれいに保つには、使用後に毎回お掃除をすることです。
食器やシンク、コンロまわりの掃除もあるのに排水口もなんてやる暇がない……と思った方もいるかもしれませんが、毎回のお掃除はとっても簡単なので、そんなに負担にはならないはずです。
やり方は、ゴミ受けに溜まったゴミを捨てて、排水口の蓋、ゴミ受け、見える範囲の内部を台所用洗剤をつけたスポンジで洗い、水で流すだけです。
スポンジは、食器洗い用とシンクの掃除用で分けている家庭が大半かと思いますので、シンクの掃除用のスポンジを使用しましょう。
毎回掃除をしていればそんなに汚れが溜まらないので、普段使いのスポンジを使用しても抵抗はないはずです。
ものの1分程度でできてしまうので、シンク掃除の延長で行ってしまいましょう。

エアコン内部のカビ

フィルターを通過した小さなホコリが、エアコン内部に蓄積します。
蓄積したホコリが、エアコン内にある水分とくっついて、ファンにこびりついたり、カビの原因になるのです。
送風口から、エアコン内部を除いてみると、溜まった汚れが見えるでしょう。
エアコンからでる空気は、溜まった汚れを少しずつ空気中に撒き散らしてしまいます。

週1回の念入りお掃除

毎回の簡単お掃除をしていれば排水口に汚れは溜まりにくくなります。
しかしそれでも、排水口の奥の方やゴミ受けの隙間に少しずつ雑菌が溜まり、どうしても臭いやカビが発生してしまうものです。
それを防ぐためには、週1回排水口の隅々まで掃除をすることです。

準備するもの

■スポンジ
■台所用中性洗剤
■ゴム手袋
■使い古しの歯ブラシ

ゴム手袋はなくても掃除できますが、排水口の奥の方は雑菌の温床です。
直接触るのは気が引ける方も多いとお思いますので、ゴム手袋をして思う存分掃除できるようにするのがおすすめです。

掃除の仕方

1) ゴム手袋をして排水口の蓋、ゴミ受けを外します。ゴミ受けに入っていたゴミは捨てましょう。
2)蓋とゴミ受けを洗剤をつけたスポンジで念入りにこすり洗いをします。隅やゴミ受けの隙間は歯ブラシを使って洗います。
3) ゴミ受けの下には排水トラップがあるので、外します。左に回すと外れる場合が多いですが、製品によるので外せない場合は取扱説明書で確認してください。
4)外した排水トラップと排水口の内部をスポンジと歯ブラシを駆使して念入りに洗います。ここは毎回の掃除ではやらない箇所なので、特に丁寧に掃除しましょう。汚れが取れたら水でよく洗い流してください。
5)外した排水トラップを戻し、水を溜めてからゴミ受けと蓋を元通り設置すれば完了です。
※排水トラップに溜まっている水は下水からの臭いやコバエなどの虫の侵入を防ぐ役割があります。常に水を溜めている状態にしておいてください。
 
少々手間のかかる念入り掃除ですが、週1回行っていれば常にきれいな排水口が保てるはずです。
休みの日などの時間に余裕があるときに行うのがいいかもしれませんね。

ずっと掃除してなかった……そんなときの洗浄方法

排水口の掃除なんてずっとしていなかった、気づいたら内部が真っ黒で悪臭が……という場合はどうしたらいいかわかりませんよね。
プロのキッチンクリーニングに頼むのも手ですが、家庭で簡単に揃えられる道具できれいに洗浄できる場合もあります。
諦めないで、まずは下記の方法を試してみてください。

必要な道具

■重曹
■クエン酸(またはお酢)
■ゴム手袋
■スポンジ
■使い古しの歯ブラシ

お掃除にはお馴染みの重曹とクエン酸が排水口掃除にももちろん役に立ちます。
市販の洗浄剤だと取扱いに注意しなければならないものも多いですが、重曹もクエン酸も、体や地球に優しい成分でできているのが嬉しいですよね。

なお、クエン酸が手元にない場合は食用のお酢でも代用できます。

掃除の仕方

1) ゴム手袋をして排水口の蓋、ゴミ受けを外します。ゴミ受けに入っていたゴミは捨てましょう。
2) 排水トラップが見えていると思いますので、その上から重曹をたっぷりと撒きます。白くなって排水トラップの表面が見えなくなるくらいまで撒きましょう。
3)重曹の上からクエン酸またはお酢を撒きます。クエン酸をかけた場合は、その上からお湯を少量撒きます。すると、クエン酸やお酢と重曹が反応してしゅわしゅわと発泡します(この泡は無害です)。そのまま30分程度放置してください。
※クエン酸またはお酢の量は、重曹の半分程度にとどめてください。それ以上増えると、洗浄力が落ちてしまいます。
4) 放置している間に、排水口の蓋とゴミ受けを重曹をつけたスポンジや歯ブラシでこすり洗いしておきましょう。
5) 放置後は排水トラップを外し、排水口内部や排水トラップに付着している汚れをこすり落とします。重曹と酸の力で汚れが浮いて、簡単に落とせるようになっているはずです。
6) 最後に部品や排水口の内部に残っている汚れと重曹やクエン酸(お酢)を十分に洗い流してください。重曹が残っていると乾いたときに白く残ってしまうので念入りに流しましょう。
 
この方法なら、中性洗剤ではびくともしなかった汚れや臭いもだいたいは落とせるはずです。
そんなに汚れていない場合でも、排水口を常に清潔にしておきたい場合は、月1回程度この洗浄を行うのがおすすめです。

どうしても汚れが取れない場合は

いろいろた試したのに、どうしても排水口が臭い、こびりついた汚れが取れない、という場合は、素人では手に負えないレベルにまで汚れてしまっているのかもしれません。
そういう場合は、プロのキッチンクリーニングを依頼してみてはいかがでしょうか?
排水口だけではなく、シンクまわりやコンロまわり、キッチンタイルや換気扇など、キッチンのあらゆるところをきれいにしてもらうこともできますよ!
くらしのマーケットでは、口コミ内容やサービス内容、料金から業者を探しだせる上に、不明な点は担当者と直接やり取りすることも可能です。
一度プロの手によって徹底的に掃除してもらえれば、そのあとの掃除は楽になるので、ぜひご利用ください。

◎オンライン予約可能
◎予約前の個人情報の入力不要
◎しつこい営業電話なし
◎不明な点は店舗スタッフに直接メッセージが可能

くらしのマーケット教えてくれたのは…「くらしのマーケット」は、ハウスクリーニング・エアコンクリーニング、家事代行などのプロが一度に比較できるお役立ちサイト。大手のサービスに比べると、地元の業者さんを複数比較検討できるので、お安くなることも!

くらべてお得、プロのお仕事。「くらしのマーケット」公式サイト

▼こちらの記事もおすすめ
ピカピカを保つ毎日のお風呂掃除のコツ教えて!
トイレ掃除には重曹とクエン酸!便器から床までピカピカ掃除術
風呂釜の掃除ってどうやるの?

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします